東洋医学用語、漢方用語解説

か〜こ行

ここでは特殊で難解な東洋医学用語、漢方用語並びに現代漢方医学
の基礎を作られ、漢方医学の発展に粉骨砕身の働きをしていただいた
先駆者の名前、功績、書物を判りやすく解説しております。
多少、解説の意味合いが違う場合があるかもしれませんが
ご了承お願いします。

なおご質問、ご相談等がございましたら、ご面倒ですがやなぎ堂薬局
宛てにこちらから⇒ご質問、ご相談を宜しくお願いします。
名称 解説
か行

(か)
は天の気と地の気の組み合わせによって出来た陽気が激しい熱に変わった
物をこう言います。

火は外火と内火に分けられ、外火は主に外邪から影響を受けた熱症状を
指します。
内火は五志に含まれる怒りや興奮、神経過敏、内蔵機能亢進などが原因で
身体内部から起こる火を指します。

参考・・・外火と内火は実火に属し、体内の陰液が不足し陽気と陰液の
バランスが崩れた時に診られる虚火もあります。
外因
(がいいん)
外因外部からの影響や侵入が原因で起こる病気を言います。
外因の原因にウイルス、細菌、暑さ、寒さ、湿度、放射能、公害物質など
体外から来る病因(外邪)が挙げられます。

外因は主にに影響を与え、気・血との関係をアンバランス状態にします。
このアンバランス状態が続けば身体内部の気・血・水のバランスが崩れて
未病が現れ、やがて病気を発病します。

参考・・・外因の他に内因不内外因があります。

余談・・・外因、内因、不内外因の言葉を最初に使ったのは南宋時代に
活躍した漢方医の陳言です。

陳言は病気の原因
外因、内因、不内外因)を脈診から突き止めて治療を
行いました。
この事については陳言の有名な著作物に「三因極一病証方論」(別名 三因方)
に詳しく解説されています。
外火
(がいか)
外火は外部から病邪の体内侵入による熱病をこう言います。

参考・・・外火の反対は内火と言い、外火も内火も実火に属します。
外感
(がいかん)
外感は気候、季節、環境の急激な変化や外邪六淫が原因で起こる病気を
指します。

参考・・・外感は外部からの攻撃で病気になることを外感と言いますが精神的
疲労、肉体的疲労、ストレス、暴飲暴食、不摂生などが原因で病気になることを
内傷と呼びます。

昔から「外感を治療するには張仲景の著作物の「傷寒論」、「金匱要略」に
従って治療を行うとよい。」と言われています。
又、「内傷を治療するには李東垣の著作物の「脾胃論」、「内外傷弁惑論」に
従って治療を行うとよい。」言われています。

しかし、日本で興った古方派の一部の人の考えでは外感も内傷も「傷寒論」、
「金匱要略」で治療できると考えた人がいました。

「内外傷弁惑論」に「内傷熱病」と「外感熱病」について詳しく書かれており、
「外感熱病」には攻邪を用いて治療し、「内傷熱病」には補剤を用いて治療を
するとしております。
がい(※)瘧
(がいぎゃく)
(※ガイ=ヤマイダレ+亥)
ガイ瘧は激しい悪寒の後に発熱が現れ、それを繰り返す症状をこう呼びます。
瘧は主にインフルエンザ、マラリア、重い風邪症状、腎盂炎、肺炎などを
指します。

瘧の一般的症状は
@ 激しい悪寒(悪寒戦慄)が起こる。
A 身体痛(主に腰、背中が痛む)
B やがて悪寒が止んで38度以上の発熱、頭痛、口渇などの症状が現れ、
   その症状を繰り返します。
以上が瘧に診られる症状ですが、悪寒は無いが発熱がある、発熱は余り
無いが悪寒がひどいなどの症状も診られます。

瘧にはタン瘧温瘧牡瘧寒瘧牝瘧労瘧瘧母があり、症状によって
分類もそれぞれ異なります。

参考・・・ガイ瘧は別名で「」、「おこり」、「瘧疾」、「間歇熱」とも言います。
カイ(※)厥
(かいけつ)
(※)カイ=(虫+尤)
カイ厥は回虫が原因の手足の指先からの冷えをこう言います。
かい厥に用いられる漢方処方は烏梅丸(烏梅円)を用います。

参考・・・カイ(虫+尤)厥は別の名前で回厥、蛔厥(かいけつ)とも書かれます。
外邪
(がいじゃ)
外邪は主にインフルエンザ、腸チフス、赤痢、コレラ、天然痘、風邪などの
ウイルスや湿度、高温度、低温度などの気象現象、アレルギー物質、公害物質
が外邪と呼ばれます。

東洋医学で外邪と呼ばれるのは「風邪」、「寒邪」、「暑邪」、「湿邪」、「燥邪」、
火邪」、「疫癘」が外邪と呼ばれます。

傷寒論では「外邪の侵入が強い場合は「傷寒」と呼ぶ。」と書かれており、
「外邪が弱い場合は「中風」と呼ぶ。」書かれています。

参考・・・傷寒論 太陽病上篇に
「太陽病、或已發熱、或未發熱、必悪寒、體痛、嘔逆、脈陰陽者、
名日傷寒。」
「太陽病で発熱がある場合とまだ発熱が無い場合があり、悪寒があり、身体痛、
繰り返す嘔吐があり、脈は陰陽共に緊の人の病気を傷寒と呼びます。」と記載
されています。

同じく傷寒論 太陽病上篇に
「太陽病、發熱汗出、悪風者、名爲中風。」

「太陽病で発熱、発汗があり、緩脈の人の病気は中風と呼びます。」と記載
されています。
貝原益軒
(かいばらえきけん)
貝原益軒(1630年生まれ〜1714年没)
火邪
(かじゃ)
火邪は「風邪」、「湿邪」、「暑邪」、「燥邪」が侵入し、体内で熱に変化した時に
現れる症状を言います。
火邪の症状は高熱、口渇、顔面紅潮、譫語などの陽明病期に見られる症状
が出ます。

参考・・・火邪は別名で熱邪とも呼ばれます。
火邪(熱邪)の他にも「風邪」、「暑邪」、「湿邪」、「燥邪」、「寒邪」、「疫癘
などがあり、これらを総じて「邪気」、「外邪」、「六淫」と言います。

参考・・・火邪は症状によって実火虚火に分けられます。
咳嗽
(がいそう)
咳嗽は咳全般を言います。
咳嗽の種類は乾咳湿咳喘鳴を伴う咳などがあります。
霍乱
(かくらん)
霍乱は突然の激しい嘔吐、下痢、発熱、悪寒などの症状が診られる病気をこう
言います。

霍乱を現代の病名で言えば急性腸炎、マラリア、コレラ、日射病、熱中症、暑気
あたり、しょくあたり、赤痢などの病気が霍乱に当てはまります。

参考・・・傷寒論 霍乱病脈証
「問曰 病有霍乱者何?答曰 嘔吐而、此名霍乱。」

「師匠に問います。病に霍乱がありますがこれはなんですか? 師匠曰く嘔吐、
下痢がある病をを霍乱と言います。」

「問曰 病発熱頭痛、身疼悪寒、吐利者、此属何病?答曰 此名霍乱。
霍乱自吐下、又利止、復更発熱也。」
「師匠に問います。 発熱、頭痛、悪寒、嘔吐、下痢がある病は何の病ですか?
師匠曰く病名を霍乱と言います。霍乱には激しい嘔吐、下痢があり、下痢が
止まらず、発熱もあります。」と記載されています。
加減方
(かげんほう)
加減方は漢方処方にある生薬を増やしたり、漢方処方に元々含まれている
生薬を減少、取り除いたりする方法をこう言います。

参考・・・私がよく行う加減方はある漢方処方にヨクイニンを加えたり、乙字湯
含まれる大黄の量を増やしたり、減少したり、取り除いたり、大黄の代わりに
重薬を加えたりします。

(かさ)
(くさ)
(そう)
には2種類の意味があります。
@・・・皮膚に出来る湿疹、出来物、ただれ、腫れ物などの皮膚病全般や傷が
    癒える時に出来るかさぶたを言います。
    瘡は特に乳幼児の顏、頭に出来る皮膚病を指す場合が多いです。

A・・・昔は梅毒を瘡と言いました。

参考・・・瘡は別の呼び方で「そう」、「くさ」とも言われます。
滑(脈)
(かつみゃく)
滑脈は血液がサラサラ状態で、血管内をなだらかに流れており脈拍が
速い脈を言います。
この脈は裏熱証に見られます。

滑(脈)の反対は渋脈しょく(さんずい+嗇)脈です。

参考・・・傷寒論、辨脈で
「問曰 脈有陰陽、何謂也? 答曰 凡脈大浮数動滑、此名也。
脈沈渋弱弦微、此名也。」

「脈に陰証、陽証がありますか? 脈には、動、脈があり、これら
の脈は陽証に診られます。脈で、弱、弦、脈は陰証に診られます。」
と記載されています。
滑疾(脈)
(かっしつみゃく)
滑疾脉滑脈より脈拍が速い脈を言います。

参考・・・滑疾脈は脈滑疾とも呼ばれます。
からえずき からえずきは「げー」と言う吐き気があるが、口から嘔吐物が出ない嘔吐感を
言います。
からえずきに用いられる漢方処方は小半夏加茯苓湯、五苓散などがあります。

参考・・・からえずきは別名で乾嘔とも言います。

(かん)
は発病後に身体機能が低下し、顔が青白い、尿の回数、量が多い、下痢、
身体が冷える、沈遅脈、遅弱脈などの症状が見られます。

寒には附子、乾姜、人参など温薬熱薬が配合された附子理中湯、人参湯、
真武湯などが用いられます。

(かん)
は3種類の意味があります。
@・・・昔は小児の体内に疳の虫がいる言われ、その疳の虫が原因で夜鳴き、
    自家中毒、チック病などの症状がある神経質な小児を指します。

A・・・慢性疾患によって痩せ衰え、津液が不足し、腺病質で虚弱な小児を
    指します。

B・・・昔は口中内に虫がいるとされ、その虫の侵食が原因と考えられた病気を
    指します。(例 虫歯、歯槽膿漏、口内炎など)
乾嘔
(かんおう)
乾嘔は「げー」と言う吐き気があるが、口から嘔吐物が出ない嘔吐感を
言います。
乾嘔に用いられる生薬は吐き気を抑える半夏や生姜、乾姜が用いられます。
漢方処方は半夏や生姜、乾姜が配合された小半夏加茯苓湯、五苓散、小青竜湯
などが用いられます。

参考・・・乾嘔は別名でからえずきとも言います。
乾咳
(かんがい)
乾咳は乾いたような咳、痰が伴わない咳、口や喉の奥に乾燥感を伴う咳をこう
言います。

参考・・・痰が伴う咳は湿咳と言われます。

乾咳に用いられる生薬は地黄、麦門冬などの滋潤作用のある生薬を用い、
漢方処方は地黄が配合された滋陰降火湯、麦門冬が配合された麦門冬湯等が
用いられます。

参考・・・乾咳の初期に滋潤作用の無い麻黄が配合された葛根湯、麻黄湯、
小青竜湯などを用いる場合もあります。
寒瘧
(かんぎゃく)
寒瘧大塚敬節先生の書物によれば「寒瘧は悪寒が強くて熱感がないか、
熱感の少ない場合を言います。」と記載されています。

参考・・・牝瘧は寒瘧と同じ症状を言います。
緩下剤
(かんげざい)
緩下剤峻下剤より効用がマイルドな薬物を言います。
薬草では重薬、決明子がこれに当てはまります。

参考・・・緩下剤は峻下剤のように胃、小腸に影響を与えるので無く大腸のみに
影響を与えるので栄養吸収を妨げることはありません。
寒厥
(かんけつ)
寒厥は手足の指先から冷えが生じて身体が冷感を感じるが、冷感が表部にある
ので症状が余り重くない場合をこう言います。

寒厥に用いられる生薬は温薬を用い、温薬が配合された当帰四逆湯や四逆湯
が用いられます。


参考・・・寒厥より冷えが重い症状は厥冷厥逆と言います。寒厥は別名で
厥寒とも言います。

寒厥の反対は熱厥です。寒厥症状によく用いられる処方は四逆湯です。
熱厥症状には四逆散を用います。
間歇熱
(かんけつねつ)
間歇熱は激しい悪寒の後に発熱が現れ、それを繰り返す症状をこう言います。
おこりは主にインフルエンザ、マラリア、重い風邪症状、腎盂炎、肺炎などを
指します。

間歇熱の一般的症状は
@ 激しい悪寒(悪寒戦慄)が起こる。
A 身体痛(主に腰、背中が痛む)
B やがて悪寒が止んで38度以上の発熱、頭痛、口渇などの症状が現れ、その
   症状を繰り返します。

参考・・・間歇熱を東洋医学では「瘧疾」、「」、「おこり」、「ガイ瘧」とも
呼んでいます。
寒剤
(かんざい)
寒剤は身体を冷やす作用のある生薬を言います。
寒剤の代表的な生薬は石膏、大黄、芒硝、黄連、黄ゴン、天門冬、防己、竜胆
などの生薬です。

参考・・・寒剤の反対が温剤熱剤です。
疳瀉
(かんしゃ)
疳瀉はやせ衰え、消化不良、下痢などが見られる症状を指します。
疳瀉は小児に良く見られます。
寒瀉
(かんしゃ)
寒瀉寒邪脾胃にあって裏寒、腹痛を伴う下痢などの症状が診られる場合
をこう言います。

寒瀉には附子、乾姜、人参など温薬熱薬が用いられます。
漢方処方では温剤熱剤配合の人参湯、附子理中湯、真武湯、桂枝人参湯、
附子粳米湯などが用いられます。

参考・・・寒瀉の反対は熱瀉です。
寒邪
(かんじゃ)
寒邪は長時間「寒」に触れていたり、平素から冷え症の人が「寒」に触れたり、
夏場でも雨、汗、クーラーの冷気に長時間触れたりする事で寒邪に侵されます。

胃腸に寒邪があれば腹痛、下痢、嘔吐などの症状が診られます。
腎臓、膀胱に寒邪があれば頻尿の症状が診られ、皮膚、骨、筋肉、神経に寒邪
があればしもやけ、神経痛、関節痛、身体の冷え等の症状が診られます。

寒邪の他にも「風邪」、「暑邪」、「湿邪」、「燥邪」、「火邪」、「疫癘」などが
あり、総じて「邪気」、「六淫」、「外邪」と呼ばれています。

参考・・・寒邪は「風邪」を伴う事が多いです。
寒証
(かんしょう)
寒証寒邪、特に陰邪が体内に侵入し陰邪の勢いが強い場合に診られる寒冷
症状をこう言います。

寒証で診られる症状は悪寒、下痢又は軟便、頻尿、手足の冷え、咳、痰、
鼻水、顔面蒼白等が診られます。

寒証には当帰、乾姜、生姜、附子、呉茱萸などの温剤熱剤が配合された
人参湯、附子理中湯、当帰四逆加呉茱萸生姜湯、四逆湯などが用いられます。

参考・・・寒証の反対は熱証です。
関上
(かんじょう)
関上は手首関節部分にある寸口脈に手を当て脈診を取るときに人差し指を置く
場所を寸口と呼び、中指を置く場所を関上と呼び、薬指を置く場所を尺中
呼びます。
寸口、関上、尺中を略して寸関尺と呼びます。
寒疝
(かんせん)
寒疝は寒が原因で腹が冷えて痛む病気を指します。
寒疝の原因は寒冷(冬の寒さ、冷房器具など)の場合と冷たい飲食物が原因に
挙げられます。

参考・・・金匱要略 腹満寒疝宿食病脈証并治篇に
「腹痛、脈弦而緊、弦則衛気不行、即悪寒。緊則不欲食、邪正相搏、即為寒疝」

「腹痛があり、その時の脈は弦脈か緊脈で、弦脈の場合は衛気の巡りが
悪くなり悪寒が診られます。緊脈の場合は食欲不振、病邪が体内を叩いて
痛みを起こしているような感じがあります。それは寒疝の為です。」
と記載されています。

参考・・・金匱要略より後の漢方医が寒疝の病を細かく分類し、「」という
病名を作りました。
疳瘡
(かんそう)
疳瘡は性病、特に梅毒による陰部のただれ、炎症、腫れ物、潰瘍などの症状を
こう言います。

疳瘡は別名で「下疳」とも言われます。
汗吐下法
(かんとげほう)
汗吐下法は古来より行われている基本的漢方治療方法です。
汗吐下法の「汗法」は発汗させる。
汗吐下法の「吐法」は吐き出させる。
汗吐下法の「下法」は下す。
を意味し、各病状によって治療方法が異なります。

汗吐下法は三陽病期に用いられます。
最初に病邪の進行が余り進んでいない状態、つまり太陽病には桂枝湯、麻黄湯
などの発汗剤汗法)が用いられ、病邪が少し内部に進んだ病態では瓜蔕散、
走馬湯などの催吐剤吐法)を用い、病邪が内部深く進行した陽明病には
大承気湯、桃核承気湯、三黄瀉心湯、茵チン蒿湯などの瀉下剤下法)を
用います。

参考・・・汗吐下法に和法温法を加えた汗吐下和温法や汗吐下和清温法に
消法
補法を加えた汗吐下和温消補法があります。

参考・・・汗吐下法を広く活用した漢方医として劉完素張従正がいます。
この二人はこの方法を治療の主体として実行しており、この汗吐下法の治療方法
は江戸中期の古方派に大きな影響を与えました。

余談・・・私は瓜蔕散、走馬湯などの催吐効果のある頓服薬は使用したことが
ありません。
(催吐法は日本漢方では余り用いられない方法です。しかし昔は大変重要な
治療方法だった思われます。催吐法は現代医学が行う胃内部洗浄と同じ効果
あると思われます。)
汗吐下和法
(かんとげわほう)
汗吐下和法は古来より行われている基本的漢方治療方法です。
汗吐下和法の「汗法」は発汗させる。
汗吐下和法の「吐法」は吐き出させる。
汗吐下和法の「下法」は下す。
汗吐下和法の「和法」は中和する。
を意味し、各病状によって治療方法が異なります。

汗吐下和法は三陽病期に用いられます。
最初に病邪が表証にある状態、つまり太陽病には桂枝湯、麻黄湯などの
発汗剤
汗法)が用いられ、病邪が外部と内部の中間にある状態、つまり少陽病
には小柴胡湯、柴胡桂枝湯、大柴胡湯などの中和剤和法)が用いられ、
病邪が少し内部に進んだ病態では走馬湯、瓜蔕散などの催吐剤吐法)を
用い、病邪が内部深く進行した状態(裏証)、つまり陽明病には大承気湯、
桃核承気湯、三黄瀉心湯、茵チン蒿湯などの瀉下剤下法)を用います。

参考・・・汗吐下和法に温法を加えた汗吐下和温法や汗吐下和清温法に消法
補法を加えた汗吐下和温消補法があります。

余談・・・私は走馬湯、瓜蔕散などの催吐効果のある頓服薬は使用したことが
ありません。
(催吐法は日本漢方では余り用いられない方法です。しかし昔は大変重要な
治療方法だった思われます。催吐法は現代医学が行う胃内部洗浄と同じ
効果があると思われます。)
汗吐下和清温消補法
(かんとげわせい
おんしょうほほう)
汗吐下和清温消補法は古来より行われている漢方治療方法で汗吐下法
和法
清法温法消法補法を加えた治療方法です。

参考・・・一般的には汗吐下法、汗吐下和温法が有名で、他に理血法理気法
除湿法
去湿法)、去痰法などの治療方法があります。
汗吐下和温法
(かんとげわおん
ほう)
汗吐下和温法は古来より行われている漢方治療方法で汗吐下法和法温法
を加えた治療方法です。

参考・・・一般的には汗吐下法、汗吐下和温法が有名で、他に理血法理気法
除湿法去湿法)、去痰法などの治療方法があります。
寒熱
(かんねつ)
寒熱には色々な意味があります。

寒は・・・悪寒悪風などは病邪に感染したときに診られる寒。
      表寒裏寒などは病邪の進行場所を提示している寒。

熱は・・・発熱や実熱などの熱症状を表しています。
寒熱往来
(かんねつおうらい)
寒熱往来太陽病期の悪寒と発熱の症状から少陽病期に病邪が移行した時に
診られる症状で、例えば、朝に悪寒がして体温が上昇するが、昼には悪寒が
止み、発汗がおこり、やがて解熱があるが、翌日には前日と同じ症状が起こり
悪寒と発熱が交互に繰り返され、やがて陽明病期に入ります。

寒熱往来の症状には柴胡剤が良く用いられ、特に柴胡剤配合の小柴胡湯、
柴胡桂枝湯が一般的によく用いる漢方処方です。

参考・・・寒熱往来は別名で往来寒熱とも言います。
肝斑
(かんばん)
肝斑は皮膚、特に顔面に出来る褐色の色素変化物(しみ)をこう言います。
肝斑は成人女性によく診られます。
寒痺
(かんひ)
寒痺は参考・・・素問 痺論篇
風寒濕三氣雜至、合而爲痺也。寒氣勝者、爲痛痺。
は風、寒、湿3種類のが交じり合って起こる物です。その中で寒が勝って
いる場合に痛痺が診られます。」と記載されており、寒痺は風痺のように痛みが
移動せずに1箇所に留まり、その冷えが強まると痛みが増大します。

寒痺の症状に用いられる漢方処方は当帰、川キュウ、附子などの生薬が
用いられ、漢方処方では当帰、川キュウ、附子などの生薬が配合された
疎経活血湯、当帰四逆加呉茱萸生姜湯、桂枝加苓朮附湯などがよく
用いられます。

痺論には寒痺の他に風痺、湿痺が記載されています。

寒痺は別名で痛痺とも呼ばれます。
汗法
(かんほう
汗法は病邪の進行が余り進んでいない状態、つまり表証太陽病)の症状の時
に発汗剤が配合された漢方処方を用いて治療する方法です。

汗法でよく用いられる生薬は桂枝、葛根、麻黄など発汗剤が用いられ、漢方処方
はこれら発汗剤が配合された桂枝湯、麻黄湯、葛根湯などが用いられます。

参考・・・汗法の他に吐法下法がありこれらを総じて汗吐下法と呼び、
汗吐下法に和法温法を加えて汗吐下和温法と呼んだり、汗吐下和温法に
清法消法補法を加えた汗吐下和清温消補法があります。

汗法は別名で発汗法とも言われます。

汗吐下和清温消補法を簡単に書けばこのように表現が出来ます。
「汗法は発汗剤を用いて病邪を追い出す。」
「吐法は催吐剤を用いて病邪を吐かせる。」
「下法は瀉下剤を用いて病邪を下す。」、
「和法は中和剤を用いて体内の病邪を中和する。」
「清法は清熱剤を用いて体内の熱を清める。」
「温法は温補剤を用いて弱った身体を温める。」
「消法は消導剤を用いて食滞を消します。」
「補法は補益剤を用いて免疫力を高めます。」
漢方
(かんぽう)
漢方は古代中国の漢の時代に体系化された中国医学が日本に伝わり、
江戸時代中期にヨーロッパより伝わった西洋医学を「蘭方」と呼び、「蘭方」と
日本で育った日本独自の医学との区別をつける為に日本の伝統医学を「漢方」
と呼びました。

日本に中国医学が伝わったのはおそらく奈良時代であると言われ、中国医学は
大変複雑で難解な理論と哲学を唱えており、最初は日本人もこの教えを忠実に
守っていましたが、江戸時代にこの難解な理論よりも実践的な処方を用いて
効果を出すべきである。と言う考えが一般的になりました。

漢方処方も日本的に改良されました。改良した部分は、
@日本に生息する生薬を用いる漢方処方を考案しました。
A中国漢方のように大量の生薬を使用せず、必要最低限の生薬を使用した
漢方処方に切り替えたりしました。
B診断方法、漢方用語、漢方処方の簡素化を図りました。

現に日本で用いられている漢方処方と中国で用いられている漢方処方が共通する
処方は全体の30%にすぎないと言われます。
韓方医学
(かんぽういがく)
韓方医学は現代の韓国で行われている韓国の伝統医学を指します。
韓方医学は中国漢方、日本漢方とは多少異なります。
緩(脈)
(かんみゃく)
緩脈は緩やかなおっとりした脈で、脉は陽証陰証のどちらにも属すような
脈を言います。
緩脈は病状が快方に向かっている時や病状が軽い時に診られる脈です。

緩脈の反対は緊脈です。

参考・・・傷寒論 辨脈で
「陽脈浮大而濡、陰脈浮大而濡、陰脈与陽脈同等者、名曰緩也。」
陽証の浮大脈で滞りなく流れるような脈、陰証の浮大脈で滞りなく流れるような
脈は陰証、陽証の区別無く皆同じです。名前は緩脈と言います。」と記載されて
います。
関(脈)
(かんみゃく)
関脈は手首関節部分にある寸口脈に手を当て脈診を取るときに中指を置き
脈を取る場所をこう言います。

参考・・・関脉の他に尺脈寸脈があります。
寒薬
(かんやく)
寒薬は身体を冷やす作用が強い生薬を言います。
寒薬の代表的生薬は石膏、黄連、大黄、黄ゴン、天門冬、防己、芒硝、竜胆
などの生薬です。

参考・・・寒薬より効用が弱い生薬を涼薬と言います。
寒薬の反対は熱薬です。
漢蘭折衷派
(かんらんせっ
ちゅうは)
漢蘭折衷派後世派古方派の長所を組合わせた折衷派と当時の最先端
医療のオランダ医学(蘭学)を組み合わせ、新しい医学を興そうとした人々が
漢蘭折衷派と呼ばれています。

参考・・・漢蘭折衷派の代表的な人物として永富独嘯庵華岡青洲などが
挙げられます。
寒涼派
(かんりょうは)
寒涼派金元四大家劉完素劉河間)の教えを治療行為に用いる一派を
こう言います。

寒涼派は火と熱が病気の原因と考え、火と熱を冷やす寒剤涼剤を多く用いた
のでこう呼ばれます。寒涼派がよく用いた漢方処方は防風通聖散です。
き行
(気)
(き)
気とは形を伴わず、又眼には見えないものです。
しかし、人間が呼吸をする、日光を浴びるなどにより「天の気」を体内に
取り入れ、人間が飲食物を摂取する事により「地の気」を体内に取り入れ、
「天の気」、「地の気」両方の気が組み合わされ、全身に行き渡る事により
精神神経の安定を図り循環器系、消化器系器官の機能更新、気力、体力
の向上を図るとする漢方理論です。

気がうまく体内で活動すれば「気力」がつき「元気」になります。
しかし気が体内で滞れば「気力」がなくなり「病気」になります。

気の症状は「気の鬱滞」、「気の上衝」、「気急」、「気虚」などが挙げられ、
気の症状の改善薬として理気剤が用いられます。

参考・・・「傷寒論」、「金匱要略」などの中国漢方には「気・」理論は無く、
「気・血・水」理論は日本の江戸時代中期に活躍した漢方医「吉益南涯」が
考えた漢方理論です。

中国漢方は病邪に感染した身体状態や病邪自体を、陰陽虚実表裏寒熱
などに置き換えて有効な漢方処方を考えていました。又内臓も「五臓六腑理論」
{(五臓・・肝臓、心臓、脾臓、肺、腎臓)が陽で、六腑・・胆嚢、小腸、大腸、胃、
膀胱、三焦)が陰}に置き換えていました。
後「五行説」(火・水・木・金・土)も内臓に当てはめて考えていました。

やがて日本に中国漢方が伝わり、江戸時代の漢方医吉益南涯はこの複雑な
中国式漢方理論を簡素化し、より実践的な「気・血・水」理論を創案し傷寒論、
金匱要略の解釈としました。
気鬱
(きうつ)
気鬱は精神的ストレスや過労などで「」の低下と「気」の異常が診られる
症状を言います。

気うつの症状は「身体がだるい」、「1日中眠い」、「食欲が無い」、「朝が憂鬱」、
「やる気、気力が無い」、「不安感がある」、「喉に何かがあるような感じがする」
「呼吸困難の感じがする」などの症状がある人が気鬱症状に当てはまります。

気鬱症状に良く用いられる漢方処方に厚朴、竜骨、牡蠣、紫蘇葉、香附子など
の生薬が配合された半夏厚朴湯、柴朴湯、平胃散、竜骨湯、香蘇散、帰脾湯
などがあり、他に柴胡加竜骨牡蠣湯、加味逍遙散、釣藤散も気鬱症状に
用いられます。

後、補気剤を配合した人参湯、四君子湯、六君子湯、補中益気湯なども
用いられます。

参考・・・気鬱症状の反対は気逆症状です。
気逆
(きぎゃく)
気逆は本来なら全身に回らないといけない「」が逆流して身体の上部に上昇し
のぼせ、イライラ感、頭重、頭痛、不安感、動悸等の症状をおこします。

気逆症状では気が下半身に流れない為に「」の流れも悪くなり、下半身特に
足が冷たくなります。これを俗に「冷えのぼせ」と言います。

気逆症状に良く用いられる漢方処方に桂枝、竜骨、牡蠣が配合された桂枝湯、
柴胡加竜骨牡蠣湯、桃核承気湯などがあり、他に三黄瀉心湯、黄連解毒湯
抑肝散なども気逆症状に良く用いられます。

参考・・・気逆症状の反対は気鬱症状です。

参考・・・気逆は別名で気の上衝と言います。
気急
(ききゅう)
気急は呼吸が早くなる事を言います。
気虚
(ききょ)
気虚は精神的ストレスや過労、病気などで消化吸収機能、基礎体力が低下し、
」が身体全体に廻らなくなる時に診られる症状です。

気虚の症状は「身体がだるい」、「1日中眠い」、「食欲が無い」、「朝が憂鬱」、
「やる気、気力が無い」、「軟便か下痢が続く」等の症状が診られます。

気虚に良く用いられる漢方処方は人参、黄耆、半夏、陳皮、白朮などが配合された
補中益気湯、人参湯、四君子湯、六君子湯など補気剤と言われる処方が気虚
に用いられます。後、四逆散も用いられます。

参考・・・気虚と気鬱はよく似た症状がでますが、用いる漢方処方は異なります。
喜唾
(きだ)
喜唾は何度も口内に唾が溜まり、それを何度も吐き出すことをこう言います。

喜唾に用いられる生薬は人参、白朮が用いられ、人参を配合した漢方処方
では人参湯が用いられます。

参考・・・薬徴の白朮の説明(喜唾についての記述あり。)
薬徴「主利水也。故能治小便自利、不利。旁治身煩疼、痰飲、失精、眩冒下利
喜唾。」
「白朮は体内の水分調整に用いられる。症状として小便の回数が多い、小便の量が
多い、小便が出にくい等を治療します。他にも身体の煩わしい痛み、痰の絡む咳、
夢精、頭が重く感じる頭痛、下痢、口の中に溜まる唾なども治療します。」
気滞
(きたい)
気滞は全身に巡らなければいけないが滞る状態を言います。
気滞の症状はイライラ感、気分の高揚、怒りっぽい、抑うつ感、食欲不振、
気分の落ち込み、胃腸疾患等の様々な症状を起こします。

気滞症状を改善させる生薬に香附子、厚朴、陳皮、竜骨、牡蠣、桂枝などが
あり、これら生薬が配合された漢方処方は桂枝加竜骨牡蠣湯、半夏厚朴湯、
抑肝散などが気滞症状を改善します。

参考・・・気滞症状には気鬱症状と気逆症状の2種類があります。
吃逆
(きつぎゃく)
吃逆はしゃっくりを指します。

参考・・・吃逆は別名で口+歳(えつ)、口+歳逆(えつぎゃく)とも言われます。
気の鬱滞
(きのうったい)
気の鬱滞は天の気、地の気が身体全体を巡らなくなり、気が上衝気鬱など
の症状が興ると病気が起こるとする漢方理論です。

参考・・・気の鬱滞は別名で滞気とも言われます。
気の上衝
(きのじょうしょう)
気の上衝は本来ならば全身を巡らないといけないが身体全身に巡らずに
上部(頭部)のみに巡る状態を言います。

気の上衝の症状は興奮、のぼせ、冷えのぼせ、ほてり、めまい、イライラ、
不安、不眠、動悸、頭痛などの症状が診られます。

気の上衝に良く用いられる漢方処方に桂枝、竜骨、牡蠣、が配合された
桂枝湯、柴胡加竜骨牡蠣湯、桃核承気湯などがあり、他に三黄瀉心湯、
黄連解毒湯
、抑肝散なども気の上衝の症状に良く用いられます。

参考・・・気の上衝は別名で氣逆と言われます。
岐伯
(きはく)
岐伯(生まれ〜没不明)
岐伯は古代中国の書物の黄帝内経に出てくる伝説の人物です。

黄帝内経の「素問」と「「霊枢」に黄帝が臣下で医師の岐伯に質問をして
岐伯が答える問答形式が多数見られます。

参考・・・黄帝の臣下は岐伯の他に伯高、雷公、少兪、少師がおり、「素問」と
「霊枢」では黄帝と岐伯、伯高、雷公、少兪、少師との問答が見られますが、
「素問」と「霊枢」の両方に見られる人物は黄帝と岐伯だけです。

余談・・・岐伯は黄帝の質問に適切な答えをしていますが、素問の著至教論や
示従容論で雷公は黄帝の質問に「自分はまだ勉強不足です。」と言ったり、
黄帝に「私に質問をして勉強をしろ。」などと言われたりしています。
既病
(きびょう)
既病は発病した病をこう言います。
参考・・・既病の反対は未病です。

余談・・・既病の用語が初めて見られたのは黄帝内経
「聖人は既病を治すのではなく、未病を治す」 と記載されています。

(ぎゃく)
は激しい悪寒の後に発熱が現れ、それを繰り返す症状をこう呼びます。
瘧は主にインフルエンザ、マラリア、重い風邪症状、腎盂炎、肺炎などを
指します。

瘧の一般的症状は
@ 激しい悪寒(悪寒戦慄)が起こる。
A 身体痛(主に腰、背中が痛む)
B やがて悪寒が止んで38度以上の発熱、頭痛、口渇などの症状が現れ、
   その症状を繰り返します。
以上が瘧に診られる症状ですが、悪寒は無いが発熱がある、発熱は余り
無いが悪寒がひどいなどの症状も診られます。

瘧にはタン瘧温瘧牡瘧寒瘧牝瘧労瘧瘧母があり、症状によって
分類もそれぞれ異なります。

参考・・・瘧は別名で「おこり」、「瘧疾」、「ガイ瘧」、「間歇熱」とも言います。

余談・・・・司馬遼太郎先生の代表作の「竜馬がゆく」に主人公の坂本竜馬が
「おこり」を発病してガタガタ震えている場面があります。

司馬先生も小説の中で南国高知では「おこり=マラリア」にかかる人が多いと
書かれています。
瘧疾
(ぎゃくしつ)
瘧疾は激しい悪寒の後に発熱が現れ、それを繰り返す症状をこう呼びます。
瘧疾は主にインフルエンザ、マラリア、重い風邪症状、腎盂炎、肺炎などを
指します。

瘧疾の一般的症状は
@ 激しい悪寒(悪寒戦慄)が起こる。
A 身体痛(主に腰、背中が痛む)
B やがて悪寒が止んで38度以上の発熱、頭痛、口渇などの症状が現れ、
   その症状を繰り返します。
以上が瘧疾に診られる症状ですが、悪寒は無いが発熱がある、発熱は余り
無いが悪寒がひどいなどの症状も診られます。

瘧疾にはタン瘧温瘧牡瘧寒瘧牝瘧労瘧瘧母があり、症状によって
分類もそれぞれ異なります。

参考・・・瘧疾は別名で「おこり」、「」、「ガイ瘧」、「間歇熱」とも言います。
脚痺
(きゃくひ)
脚痺は足のしびれをこう言います。
脚痺の症状はリュウマチ、腰痛、関節痛などがあります。
瘧母
(ぎゃくぼ)
瘧母大塚敬節先生の書物によれば「瘧母は慢性マラリアで脾腫が
長く残っている場合を言います。」と記載されています。
九竅
(きゅうきょう)
九竅は人間の右目、左目、右耳、左耳、右鼻孔、左鼻孔、口、尿道、肛門などの
九個の穴をこう言います。
胸脇苦満
(きょうきょうくまん)
胸脇苦満腹診で肋骨の下部分に親指を押し込むと圧迫痛や指を押し出そう
とする抵抗感がある場合を胸脇苦満と言います。

胸脇苦満は左右に診られたり、右側の肋骨部分だけにに見られたり、反対に
左側の肋骨部分だけに見られたりします。

一番多く診られる場所は右側で、右側には肝臓、すい臓、胆嚢などの臓器が
あり胸脇苦満は肝炎、肝硬変、胆のう炎、胆石症、すい臓炎などの症状で
確認される事があります。

胸脇苦満が診られる人は実証の人が多く、他に肝障害、胆嚢炎、胆石症、
すい臓炎、感冒、喘息、胃腸障害、高血圧、神経症等の病気を患っている人
にも診られます。

胸脇苦満の場合は柴胡を配合した漢方処方を用います。
実証の場合は大柴胡湯、柴胡加竜骨牡蠣湯、四逆散などを用います。

中間証の場合は小柴胡湯、柴胡桂枝湯、柴朴湯、十味敗毒湯、乙字湯
抑肝散、柴苓湯、柴陥湯などを用います。

最後に虚証の場合は柴胡桂枝乾姜湯、補中益気湯、加味逍遙散などを
用います。
夾食
(きょうしょく)
夾食は「食を夾(はさむ)」と書き、名前のように食物が何らかの原因で胃部に
停滞する事を言います。
狂躁
(きょうそう)
狂躁は落ち着きが無く、何時も狂ったように騒ぐ症状を指します。
狂躁は現在の神経症、ヒステリーを指します。
キョウ廷賢
(きょうていけん)
(*キョウは龍の
下が共)
キョウ廷賢(1539年生まれ〜1632年頃没)
キョウ廷賢は中国の明時代に生まれました。キョウ廷賢の家は代々医家で、
彼の父親でキョウ信も名医であったと言われています。

彼は幼少より官僚を目指して勉学に勤しんだが夢叶わず、医師になり、
中国全土に留学し、最終的に宮廷の御典医になりました。

彼は父キュウ信が書いた医学書に自身の考えを付け足した医学書「古今医鑑」
を最初に著作し、次いで「万病回春」、「寿世保元」などの書物を残しています。

余談・・・キョウ廷賢の弟子の戴曼公(たいまんこう)は日本に渡来し、
      きょう廷賢の「万病回春」を日本で最初に紹介して日本全土に広め、
      日本漢方流派の後世派に影響を与えました。
      戴曼公(たいまんこう)は当時不治の病と恐れられていた痘瘡
      治療もおこないました。
胸中煩悸
(きょうちゅうはんき)
胸中煩悸は動悸症状に胸苦しさが伴う場合をこう言います。

参考・・・胸中煩悸は煩悸心中煩悸とも言われます。
行痺
(ぎょうひ)
行痺の参考・・・素問 痺論篇
「風寒濕三氣雜至、合而爲痺也。其風氣勝者、爲行痺。」

「痺は風、寒、湿3種類の気が交じり合って起こる物です。その中で風が勝って
いる場合に行痺が診られます。」と記載されており、行痺の特徴は名前の如く
痛みや痺れが風のように移動するのが特徴です。

行痺に用いられる漢方処方は葛根湯、大防風湯、烏薬順気散、八味丸などが
よく用いられます。

痺論には行痺の他に痛痺着痺が記載されています。

行痺は別名で風痺とも呼ばれます。
虚火
(きょか)
虚火は疲労、ストレス等が原因で体内の陰気や水分が不足し、体内で陽気
旺盛になっている状態をこう言います。

虚火の症状は興奮、イライラ、不眠、火照り、充血などの症状が診られます。

虚火に用いられる生薬は人参、地黄等があり、これらを含む漢方処方は
八味丸、滋陰降火湯、麦門冬湯、四物湯、温清飲などが用いられます。

参考・・・虚火の反対は実火です。虚火は別名で内火とも言われます。
虚寒
(きょかん)
虚寒とは陽気が不足してが弱まり、弱った裏にが停滞し、その停滞した
寒が原因で裏に水分が溜まる状態を言います。
虚寒は陽気の不足が原因です。

虚寒証は虚証の場合によく診られます。

虚寒証を改善するには補陽剤を用います。

参考・・・虚寒の反対が虚熱です。
虚数(脈)
(きょさくみゃく)
虚数脈は脈に力強さが無く、脈拍が速く、心拍数が多い脈を言います。
数脈は病邪に勢いがあり、病邪の進行が早い事を示しており注意が必要です。
去湿法
(きょしつほう)
去湿法水毒症状の人で梅雨、湿度の高い夏、秋の長雨の時期の湿気が
原因で起こる関節の腫れ、下半身の浮腫、頻尿、下痢、体内水分の代謝異常
などを除湿作用のある漢方処方で取り除く事を言います。

去湿法に用いられる漢方処方は五苓散、平胃散、苓桂朮甘湯、小青竜湯、
白虎湯、桂枝加苓朮附湯、真武湯などがあります。

参考・・・去湿法は別名で除湿法とも言われます。
虚実
(きょじつ)
虚実は病気に対して抵抗力が無い身体状態を「虚」と言い、病気に対して
抵抗力がある身体状態を「実」と言います。

虚実の状態を表現する言葉として「虚証」、「実証」、「虚熱」、「実熱」、
裏実」、「裏虚」、「腎虚」など様々な表現で使われています。
虚証
(きょしょう)
虚証は病気に対して抵抗力が無く、体力が低下している身体状態を言います。
虚証の場合は体力が無いので、まず体力向上作用、健胃作用、体を暖める
作用のある漢方処方を用います。

虚証と言われる症状には
@ 痩せ型、水太り、胃弱体質。
A 消極的で疲れやすく、神経質。
B 夏ばてしやすく、冬の寒さも弱く、食後倦怠感、眠気がある。
以上の症状が虚証の人に見られます。このような症状には人参、附子、乾姜、
朮などの体力向上作用、健胃作用、体を暖める作用のある生薬が配合された
漢方方を用います。

しかし「傷寒論」には「表虚」、「裏虚」、「上半身の実」、「下半身の虚」などの
状態が書かれており、どの証なのか判断が難しい事があります。

参考・・・病人の証の区別(虚証、中間証実証)がつかない場合はまず、
虚証系の漢方処方から始め、効き目が無ければ中間証系の漢方処方、次に
実証系の漢方処方と変えていけば良いでしょう。

傷寒論、太陽病中篇 (100)で
傷寒、陽脈渋、陰脈弦、法当腹中急痛、先与小建中湯、不★者、
小柴胡湯主之。」
{★の漢字は(「さ」と読み(やまいだれ+差)で癒えるという意味です。}

「傷寒で陽脈は渋、陰脈は弦で腹が痛み、処方を迷う時は、まず先に虚証系の
小建中湯を用い、効果が無ければ実証系の小柴胡湯を用いなさい。」と記載
されています。
虚躁
(きょそう)
虚躁虚証に属する人が煩躁気の上衝などが原因で悶え苦しむ状態を
こう言います。
去痰法
(きょたんほう)
去痰法中焦の機能低下が原因で出来るを取り除く漢方処方を言います。

参考・・・去痰作用のある漢方処方は二陳湯、麦門冬湯、滋陰降火湯、
瓜呂枳実湯などです。
二陳湯は後世派の基本処方の一つです。他に二陳湯をベースに改良を加えた
平胃散、不換金正気散、カッ香正気散温胆湯、半夏白朮天麻湯などを
用います。
虚熱
(きょねつ)
虚熱は体内にある陰液が不足して陽気を冷ます事が出来ずに発熱している
状態を言います。

虚熱証は虚証の場合によく診られます。

虚熱証を改善するには補陰剤を用います。

参考・・・虚熱の反対が虚寒です。
去風
(きょふう)
去風風邪を取り除く事を言います。
風邪は熱邪湿邪寒邪燥邪外邪と結合して現れる場合が多いです。
虚滿(虚満)
(きょまん)
虚満虚証の人が腹部に膨満を感じたり、腹部に膨満が診られる状態をこう
言います。
虚満の症状は陽明病期の実満とは異なり腹部に膨満感はあるが、軟弱で
軟らかく、脈には力が無く、大便は軟便又は下痢の場合が多いです。
腹水も診られる事があります。
虚満は太陰病期に見られ、用いられる漢方処方は桂枝加芍薬湯、小建中湯、
真武湯、人参湯、分消湯などが用いられます。

参考・・・虚満の反対は実満です。
虚(脈)
(きょみゃく)
虚脈寸口関上尺中などを触れても力強さを感じず、空虚を感じる脈を
こう言います。

虚脈は虚証の人によく診られ肉体的には精気が乏しく、気血が充実して
いない人が多いです。

参考・・・虚脈の反対は実脈です。
虚労
(きょろう)
虚労は単なる肉体疲労、精神疲労だけを述べているのではありません。
漢方医学で言われる虚労は虚弱体質者の疲労や平素は丈夫な人が、病気や
怪我などの治療後に疲れを感じる症状を指します。
気淋
(きりん)
気淋五淋の一つで、外台秘要方、証治要訣に気淋の語句が見られます。
気淋の症状は二種類あります。

@小便に残尿感があり、小便に勢いが無くポタポタと滴のような小便が出る
症状を指します。

A神経質な人や精神的な要因が原因の頻尿をこう言います。

気淋の原因として膀胱炎、前立腺炎、尿路結石、尿道炎などが原因の排尿痛、
排尿異常やカンジタ菌、淋菌、ブドウ球菌、連鎖球菌などの菌が原因の場合が
あります。

気淋に用いられる漢方処方は五苓散、清心蓮子飲、竜胆瀉肝湯、八味丸、
五淋散などが用いられます。

参考・・・淋の意味はこちらを参考に・・・
金匱
(きんき)
金匱の「金」は黄金や金玉を意味し、「匱」は箱を意味します。
すなわち金匱は金や玉で作った大切な箱と言う場合と重要な書物を金匱に
入れて保管しなさいと言う意味があります。
金匱要略
(きんきようりゃく)
(別名 金匱玉函要略方論)
中国の漢代に張仲景が中国各地に伝わる漢方処方を研究し、書物にしたのが
傷寒論」、「金匱要略」です。

「傷寒論と金匱要略は元々「傷寒雑病論全十六巻」と言われる一冊の本でしたが
戦乱が原因で一旦この世から消えます。
しかし張仲景から100年後の西晋の時代に王叔和という人物によって
散逸していた傷寒雑病論を集め、整理し、編集されました。

余談・・・王叔和の編集の時に雑病だけが見つからなかったので後に「傷寒論」
と呼ばれるようになりました。
行方不明になっていた「雑病」の部分は千金方や外台秘要方に書かれている
内容がこれではないかと言われていました。

やがて北宋時代に王洙という人が宮中で「仲景金匱玉函要略方」という
書物を発見し、調査の結果これが今まで不明だった「雑病」の部分で
あることが判りました。
この書物の上巻は「傷寒」について、中巻は「雑病」について、
下巻は「漢方処方」と「婦人の治療法」について書かれていました。
この書籍も林億によって「傷寒論」と重複しない「雑病」、「方剤」、「婦人病」
の部分を校訂し、他に欠けている部分を千金方や外台秘要方などの医学書
から補足しました。これが「金匱要略」です。

「傷寒論」は急性熱病(主に腸チフス)の治療方法を編集しているのに対し、
「金匱要略」は慢性疾患や数々の病気の治療方法について書かれており、
(所謂雑病)と記載されています。

参考・・・金匱要略の名前の由来は「この書物は大変重要な書物なので金や錦
で作った箱に入れなさい。」と言う意味が名前にあり、昔から重要な書物として
扱われていました。
金元医学
(きんげんいがく)
金元医学は中国、前漢時代に書かれた「黄帝内経」の陰陽五行説を人体に
当てはめて治療をする漢方医学です。

金元医学の中心人物は中国では劉完素張従正李杲朱震亨などが中国の
金元医学の中心人物にあたり、日本では田代三喜曲直瀬道三曲直瀬玄朔
などが日本の金元医学の中心人物にあたります。

金元医学の特徴は金元時代より以前から主流だった「傷寒論」、「金匱要略」、
和剤局方」の治療理論(傷寒論で陰病温薬熱薬を用いて身体を暖める
処方、和剤局方は身体を暖め、体力を回復させる処方)とは異なる理論を
四人の漢方医が述べた事に特徴があります。

劉河間は「全ての病の原因は熱(炎症)である。湿などの邪気
火と化して病邪になる。火熱の治療は寒剤涼剤を用いなさい。」述べました。

張従正は劉河間の考えに付け加え「熱(邪気)は環境によって変化する物だから
熱(病邪)を下げるには古方で用いられた発汗剤催吐剤瀉下剤などを利用し
改良を加えながらの治療したほうがよい。」と述べました。

劉河間、張従正の二人は過激な理論を展開しましたが、李杲が「劉河間、
張従正の理論では体力低下を招くため脾胃、気を補いながら熱を清する補剤
用いたほうがよい。」と述べました。

最後に朱丹渓は「熱の原因は体内の水分不足が原因だから水を補う処方を
用いるほうがよい。」と述べて新しい時代の新しい漢方理論が生まれたのが
特徴です。

参考・・・劉完素、張従正、李杲、朱丹渓は金元四大家と言われ、
劉完素は寒剤、涼剤を用いたので「寒涼派」と呼ばれ、張従正は発汗剤、
催吐剤、瀉下剤を用いたので「攻下派」と呼ばれ、李杲は気力、体力を回復
する処方を用いたので
補土派」と呼ばれ、朱丹渓は体内水分を補う処方
を用いたので「養陰派」と呼ばれました。
金元四大家
(きんげん
よんだいか)
金元四大家は金元時代に活躍した漢方医をこう言います。
金元四大家と言われる漢方医は劉完素張従正李杲朱震亨がこう
呼ばれ、彼らの考えが日本の後世派の漢方医に大きな影響を与えました。
緊(脈)
きん(みゃく)
緊(脈)は血管が緊縮して、力強さを感じる脈を言います。
又緊脈は病邪が内側に迫る状態の時に見られます。

参考・・・緊脈の反対は緩脈です。
く行
駆オ血剤
(くおけつざい)
オ(やまいだれ+於)
駆オ血剤オ血症状などの血の流れの異常を改善する漢方処方、生薬を
言います。

駆オ血剤と言われる生薬は実証では桃仁、牡丹皮、大黄などが用いられ、
虚証では当帰、芍薬、川キュウ(※)などがオ血症状改善生薬として
用いられます。

漢方処方は当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、四物湯、温経湯、キュウ(※)帰膠艾湯、
桃核承気湯、加味逍遙散などが駆オ血剤として挙げられます。
((※キュウ=くさかんむり+弓))

(くさ)
(かさ)
(そう)
には2種類の意味があります。
@・・・皮膚に出来る湿疹、出来物、ただれ、腫れ物などの皮膚病全般や
    傷が癒える時に出来るかさぶたを言います。
    瘡は特に乳幼児の顏、頭に出来る皮膚病を指す場合が多いです。

A・・・昔は梅毒を瘡と言いました。

参考・・・瘡は別の呼び方で「そう」、「くさ」とも言われます。
駆水剤
(くすいざい)
駆水剤水毒症状などの水の流れの異常を改善する漢方処方、生薬を
言います。

駆水剤と言われる生薬は麻黄、半夏、防己、黄耆、沢瀉、茯苓、猪苓、朮
などの生薬が駆水剤と言われます。

漢方処方は沢瀉、茯苓、猪苓、朮、麻黄、半夏、防己、黄耆などが配合された
五苓散、苓桂朮甘湯、猪苓湯、小青竜湯、防己黄耆湯などが駆水剤として
用います。
駆風
(くふう)
駆風は胃腸に溜まったガスを排出させる事をこう言います。
駆風作用のある生薬、ハーブは茴香、薄荷、カモミール、シナモンなどがあります。
黒そこひ
(くろそこひ)
黒そこひは黒内障を指します。

参考・・・昔から日本では目が見えなくなる病気を「そこひ」と呼んでおり、一般的に
「青そこひ」は緑内障、「白そこひ」は白内障、「黒そこひ」は黒内障をこう言います。
君臣左使
(くんしんさし)
君臣左使は漢方薬を構成している生薬の役割を「君」、「臣」、「佐」、「使」に
分けて考える漢方理論をこう言います。

君臣左使の「君」はその漢方処方の中心的役割をもった生薬で副作用が少なく
薬効も弱い生薬が「君」薬に挙げられます。
「君」に挙げられる生薬は大棗、人参、甘草、地黄、朮、麦門冬、車前子、牡蠣
などが「君」薬と言われます。

参考・・・「君」薬は別名で上薬上品と言います。

君臣左使の「臣」はその漢方処方の中心的役割をもった生薬「君」薬を補佐し、
「君」薬と結びついて薬効を高める生薬をこう言います。
「臣」薬に挙げられる生薬は石膏、杏仁、桃仁、当帰、防己、葛根、柴胡などが
「臣」薬と言われます。

参考・・・「臣」薬は別名で中薬中品と言います。

君臣左使の「左・使」はその漢方処方に含まれる生薬の中で一番薬効があり、
治療の中心的な生薬だが、使い方を誤れば副作用のある生薬を「左・使」薬と
言います。
「左・使」薬に挙げられる生薬は附子、半夏、大黄、桔梗、旋覆花、夏枯草
などが挙げられます。

参考・・・「左・使」薬は別名で下薬下品と言います。

漢方処方は「君薬」を病気治療の中心薬に置き、「君薬」を補佐する「臣薬」と
「左・使薬」を配置して一つの漢方処方として構成しています。
他に「君薬」と「臣薬」だけの漢方処方や「君薬」と「左・使薬」だけの漢方処方
もあります。

君臣左使で配合された処方はただ単にそこに使われている生薬の単一の
薬効の効果でなく、お互いが持つ薬効に相乗効果が加わり、より効用、効果の
高い漢方処方が生まれます。
け行
経行
(けいぎょう)
経行は月経、生理の事をこう言います。

参考・・・経行は別名で月水天癸月信とも呼ばれます。
経絡(經絡)
(けいらく)
経絡(經絡)は臓器と体内組織(体内細胞)を経絡で繋ぎ、「」、「」を
身体の隅々まで送ったり、古くなった「気」、「血」を臓器まで返したりする通路を
こう言います。

余談・・・経絡は俗に言う「ツボ」に向かって流れています。
もし、経絡が何らかの事故により流れなくなれば「ツボ」に悪影響が起こり
臓器、身体などに支障が来たします。

その時に東洋医学では「ツボ」に「針」「按摩」、「灸」などを用いて治療を行い
経絡の流れを元に戻します。
下疳
(げかん)
下疳は性病の一つで性行為によって梅毒、軟性下疳、硬性下疳、混合下疳など
に感染し、陰部に潰瘍が生じる症状をこう言います。
下疳は主に陰部に診られますが、まれに口唇、指にも診られます。
解肌剤
(げきざい)
解肌剤三陽病の治療方法である汗吐下法汗法、つまり太陽病の治療
に用いられる生薬、特に身体を発汗させる生薬を言います。

解肌剤と言われる生薬は桂枝、麻黄、葛根などがあります。
汗法で用いられる漢方処方は桂枝、麻黄、葛根などが配合された桂枝湯、
麻黄湯、葛根湯などがあります。

参考・・・解肌剤は別名で発表剤発汗剤とも言われます。
下工
(げこう)
下工は古代中国漢方で方術が優れた人物だが、上工中工よりは技量が
劣る医者の敬称する呼び名です。
下工の条件は望診と問診と脈診だけで今患っている病気や発病、進行する
前の病気を見つけ、治癒率が60%の人が下工と呼ばれる条件です。

参考・・・下工の他に上工、中工と呼ばれる医者もいます。
下焦
(げしょう)
下焦中焦より下の臓器、つまり胃の下部から小腸、大腸、肛門、腎臓、膀胱
などの臓器をこう言います。

余談・・・「焦」にはこのような言葉があります。
焦す(こがす)、焦げる(こげる)
の言葉があり、「焦」は漢方の世界では「体内で火・熱の力で燃やして陽気に
変える所」と言う意味です。

下焦は上焦と中焦が作った「」、「」、「」を体内で火・熱の力で燃やして
陽気に変えて吸収し生命力、活動力の源とします。
又、生命力、活動力の源とならなかった不要物を排泄器官に送り、体外に
排泄させる役目もあります。

参考・・・下焦の他に上焦、中焦があり、これらを合わせて三焦と言います。
外台秘要方
(げだいひようほう)
外台秘要方は中国の唐代に王Zが長期間勤めた台閣(弘文館)
{今の国立図書館}に保管されている漢代から唐代の医書を整理編集し
全40巻、104門にまとめた書物を言います。

外台秘要方の特徴は外科、内科、皮膚科などの症状の項目がはっきりと
明記されている点と、引用されている文献の出典が明確に記載されている
点が信頼性のある資料として高く評価されています。

余談・・・『外台秘要方』の意味は《王Zが勤めていた台閣から外れた場所で
秘密裏に記述した書物》と言う意味があります。

(けつ)
「血」は血液だけを指してるので無く、血液、栄養、ホルモンなどを総じて「血」
と言います。
「血」は「」や「」や栄養分を体内全体に運搬、ホルモンのバランス調整など
の活動が考えられます。

「血」がうまく体内に循環しないと「オ(※)血」の症状が現れます。
オ血症状の改善薬として駆オ(※)血剤が用いられます。
(オ(※)=やまいだれ+於)

参考・・・傷寒論金匱要略などの中国漢方には「気・血・水」理論は無く、
「気・血・水」理論は日本で考えられた理論です。

中国漢方は病邪が感染した身体状態や病邪自体を、陰陽、虚実、表裏、寒熱
などに置き換えて有効な漢方処方を考えていました。

又内臓も「五臓六腑理論」
{(五臓・・肝臓、心臓、脾臓、肺、腎臓)が陽}で、
{(六腑・・胆嚢、小腸、大腸、胃、膀胱、三焦)が陰}に置き換えていました。
後「五行説」(火・水・木・金・土)も内臓に当てはめて考えていました。

やがて日本に中国漢方が伝わり、江戸時代の漢方医吉益南涯はこの複雑な
中国式漢方理論を簡素化し、より実践的な「気・血・水」理論を創案し、
傷寒論、金匱要略の解釈としました。

(けつ)
は手足、特に手足の指先から身体全体に徐々に冷えてくて、
その冷え症状がひどい場合をこう言います。
厥は寒厥(厥寒)の症状より重い場合をこう言います。
厥は厥陰病の名前の由来にもなっています。

厥に用いられる生薬は乾姜、附子が用いられます。

参考・・・薬徴 附子の項に
「主逐水也。故能治悪寒、身体四肢及骨節疼痛、或沈重、或不仁、或厥冷、
而旁治腹痛、失精、下利。」
「主として体内水分の代謝を促し、身体全体に行き届ける作用があります。故に
悪寒、身体又は身体の関節痛、重だるい感じ、身体麻痺、手足からの冷えなどの
症状を治します。他に腹痛、夢精、下痢にも効果があります。」
と記載されています。

同じく薬徴 乾姜の項に
「主治結滞水毒也。傍治嘔吐、咳、下利、厥冷、煩躁、腹痛、胸痛、腰痛。」
「主として体内水分の停滞を解消させる作用があります。後、嘔吐、咳、下痢、
手足からの冷え、煩わしい感じで気分が落ち着かない、腹痛、胸痛、腰痛にも
効果があります。」と記載されています。


参考・・・厥の症状は寒厥厥寒)、熱厥カイ(※)厥(回厥)があります。
(※カイ=虫+尤)


厥は別名で厥冷厥逆とも言われます。
厥寒
(けつかん)
厥寒は手足の指先から冷えが生じて身体が冷感を感じるが、冷感が表部に
あるので症状が余り重くない場合をこう言います。

寒厥に用いられる生薬は温薬を用い、温薬が配合された当帰四逆湯や四逆湯
が用いられます。


参考・・・厥寒より冷えが重い症状は厥冷厥逆と言います。
厥寒は別名で寒厥とも言います。
血気刺痛
(けっきしつう)
血気刺痛は名前の如く「」と「」が刺す様に痛い症状を指します。
血気刺痛の「血」は血滞を指し、「気」は気滞を指します。

つまり腹中のオ血と神経性疼痛が合わさった痛みが腹中、下腹部、背中に
診られます。
厥逆
(けつぎゃく)
厥逆は手足、特に手足の指先から身体全体に徐々に冷えてきて、
その冷え症状がひどい場合をこう言います。
厥逆は寒厥(厥寒)の症状より重い場合をこう言います。

厥逆に用いられる生薬は乾姜、附子が用いられます。

参考・・・古方薬議 附子の項に
「味辛温。中ヲ温メ、寒ヲ逐イ、虚ヲ補イ、壅ヲ散ジ、肌骨ヲ堅メ、厥逆ヲ治シ、
百薬ノ長ト為ス。」

「味は辛めで温剤に属します。薬効として体内を温め、寒を取り払い、元気にし、
気分を明るくし、筋肉を丈夫にし、冷え症状を改善し、百薬の長と言えます。」
と記載されています。

薬徴 附子の項に
「主逐水也。故能治悪寒、身体四肢及骨節疼痛、或沈重、或不仁、或厥冷、
而旁治腹痛、失精、下利。」
「主として体内水分の代謝を促し、身体全体に行き届ける作用があります。故に
悪寒、身体又は身体の関節痛、重だるい感じ、身体麻痺、手足からの冷えなどの
症状を治します。他に腹痛、夢精、下痢にも効果があります。」
と記載されています。

同じく薬徴 乾姜の項に
「主治結滞水毒也。傍治嘔吐、咳、下利、厥冷、煩躁、腹痛、胸痛、腰痛。」
「主として体内水分の停滞を解消させる作用があります。後、嘔吐、咳、下痢、
手足からの冷え、煩わしい感じで気分が落ち着かない、腹痛、胸痛、腰痛にも
効果があります。」と記載されています。


参考・・・厥の症状は寒厥厥寒)、熱厥カイ(※)厥(回厥)があります。
(※カイ=虫+尤)

厥逆は別名で厥冷とも言われます。
血虚
(けつきょ)
血虚は貧血や出血が原因で体内血液が不足して皮膚の乾燥、生理不順、
神経の乱れなどの症状が診られる事を言います。

この症状は主に痩せ型で顔色は青白く、ホルモン、神経の乱れがある虚証
タイプの人に見られます。

血虚に用いられる生薬は当帰、地黄、川キュウ、芍薬が用いられます。
漢方処方は血虚に用いられる生薬が配合された当帰芍薬散、四物湯、温清飲
温経湯、キュウ帰膠艾湯、十全大補湯などが用いられます。

参考・・・血虚に診られる貧血症状を別名で黄胖亡血と言います。
結胸
(けっきょう)
結胸は心窩部(みぞおち)に膨満感があってそれが石のように硬くなって痛みを
伴う症状をこう言います。

結胸の原因は宿便、食物停滞が原因と考えられ、生薬では芒硝が用いられ、
漢方処方では芒硝が配合された防風通聖散、大承気湯、大黄牡丹皮湯、
桃核承気湯などが用いられます。
血証
(けっしょう)
血証は血液が原因の様々な症状をこう言います。
例:オ血血虚、鼻血、月経、吐血、血尿、各種出血など)
月信
(げっしん)
月信は月経、生理の事をこう言います。

参考・・・月信は別名で月水天癸経行とも呼ばれます。
月水
(げっすい)
月水は月経、生理の事をこう言います。

参考・・・月水は別名で経行天癸月信とも呼ばれます。
血燥
(けっそう)
血燥は血虚が原因で皮膚に十分な栄養が送れず乾燥肌、光沢感、弾力感が
無い状態の皮膚をこう言います。

血燥に用いられる生薬は当帰、地黄、ヨクイニンが用いられ、血燥に用いられる
漢方処方ではこれらが配合された当帰飲子、温清飲、四物湯などが用いられます。

血滞
(けったい)
血滞オ血症状の一種で全身に巡らなければいけないの流れが悪くなり
血が停滞している状態を言います。
血滞の症状は皮膚に潤いが無くなり肌が荒れる、乾燥肌になりやすい、月経痛
がひどい、静脈の血管が浮き出ている等の症状が診られます。

血滞症状を改善する生薬は当帰、芍薬、川キュウ、牡丹皮、桃仁、益母草など
があり、これら生薬が配合された漢方処方は当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、
四物湯、当帰四逆加呉茱萸生姜湯などあります。
結代
(けったい)
結代は脈拍が時々止まったり、又打ったりするリズムの乱れた脈拍を言います。
結代は虚証に診られます。
厥陰病
(けっちんびょう)
傷寒論 厥陰病の定義 
厥陰之為病、消渇、気上撞心、心中疼熱、飢而不欲食、食則吐カイ(※)。
下之利不止。」
(カイ(※)(虫+尤))

「厥陰の病は喉が渇いて水を大量に服用するが小便があまり出ず、気が上昇
して心を突き、胸に痛みと高熱があり、食欲が無く、食事をすれば回虫を
吐くように嘔吐し、大便は下痢症状で下痢便が続きます。」
と記載されています。

厥陰病は三陽病から太陰病少陰病に病邪が優位に移行し死に至る寸前の
状態つまり危篤状態をこう言います。

厥陰病に診られる症状は厥陰病の名前の由来になっている「厥(けつ)」は
手足や手足のの指先が冷える事を意味し、そこに陰証に診られる裏寒
伴います。

「厥」と「寒」と「病邪」によってダメージを受けた身体が最後の陽の気を放出し、
その陽気は上昇しますが、身体の隅々まで行き届かずに陰の気が下で停滞
します。つまり上熱下寒の症状が厥陰病に診られます。

傷寒論には通脈四逆湯、茯苓四逆湯、四逆加人參湯などの熱薬配合の
漢方処方を用いて寒を取り除く基本的な方法や寒厥には四逆湯を用いたり、
熱厥には白虎湯を用いたり、カイ厥には烏梅丸を用いたりと一刻の猶予の無い
その場を臨機応変に対応する処方が数多く書かれています。

病邪の進行状況を示す山陽三陰は傷寒論では次のように移行すると記載
されています。
太陽病陽明病少陽病太陰病少陰病⇒厥陰病

しかし、病邪の進行を示す山陽三陰の陽明病と少陽病を入れ替える説を唱える
漢方医もいます。
陽明病と少陽病を入れ替えるとこのようになります。
太陽病⇒少陽病⇒陽明病⇒太陰病⇒少陰病⇒厥陰病

(※私のHPは太陽病⇒少陽病⇒陽明病⇒太陰病⇒少陰病⇒厥陰病にて構成
しています。)
血毒
(けつどく)
血毒は全身に、栄養素、ホルモンを送り届けなければいけない血液が偏食、
肥満、便秘、冷え、生理不順、打撲などが原因で停滞(別名で血滞オ(※)血
した血液状態を言います。(オ(※)=やまいだれ+於)

血毒の症状は冷え症、生理不順、便秘、肌荒れ、高血圧、肥満など成人病や
婦人病と言われる症状が現れます。

血毒を改善させる生薬は大黄、芒硝、桃仁、牡丹皮、桂枝などの生薬があり、
その生薬が配合された漢方処方は桂枝茯苓丸、桃核承気湯、大黄牡丹皮湯、
防風通聖散、柴胡加竜骨牡蠣湯、通導散などがあります。
結毒
(けつどく)
結毒は梅毒の第2期、第3期をこう言います。
梅毒の第2期、第3期に診られる症状は結毒眼、結毒筋骨痛、咽頭結毒などの
症状が診られます。
血熱
(けつねつ)
血熱 は発熱、オ(※)熱などの熱症状のの一種です。
(オ(※)=やまいだれ+於)

血熱には下記の症状が診られます。
@ 手足が異常に熱く、何か冷たい物を触ろうとする状態。(別名 手足煩熱
A 顔の赤らみ、のぼせ症状や血熱による皮膚の乾燥、肌荒れ状態。
以上の2通りが血熱の症状です。
血熱の症状は産後の女性、更年期、高血圧などの症状に診られます。

血熱に用いられる生薬は地黄、黄ゴン(※)、山梔子、大黄などの生薬が
よく用いられます。((※)ゴン=くさかんむり+今)
漢方処方は地黄、黄ゴン、山梔子が配合された三物黄ゴン湯、温清飲
八味地黄丸、四物湯などが用いられます。
血煩
(けっぱん)
血煩血熱が原因で起こる気の上衝を指します。

血熱に用いられる生薬は地黄、黄ゴンがよく用いられます。
漢方処方は地黄が配合された三物黄ゴン湯、温清飲、八味地黄丸、四物湯
などが用いられます。
血痺
(けつぴ)
血痺は身体の知覚や神経が麻痺し、痛みやしびれをあまり感じない身体の状態
を言います。

参考・・・金匱要略 血痺虚労病篇に
問曰、血痺病従何得之? 師曰、夫尊栄人骨弱肌膚盛、重困疲労汗出、
臥不時動揺、加被微風、遂得之。」
「血痺病とはどのような症状ですか? 血痺病は尊栄(当時の貴族)や栄養状態
の良い人がかかる病気で、肌が弱く皮膚が厚くなったような感覚があり、非常に
疲れやすく、汗が多く出て、眠りにつく時に動揺し、
微かに風痺のような症状を
感じます。」と記載されています。
血脉
(けつみゃく)
血脉は血液、栄養、ホルモン、空気、水などが心臓より正常に流れている状態
を言います。
血淋
(けつりん)
血淋五淋の一つで、三因方、証治要訣に血淋の語句が見られます。

血淋の症状は尿道に熱感、痛みを感じて血尿が診られます。

血淋の原因として膀胱炎、前立腺炎、尿路結石、尿道炎などが原因の排尿痛、
排尿異常やカンジタ菌、淋菌、ブドウ球菌、連鎖球菌などの菌が原因の場合が
あります。

血淋に用いられる漢方処方は猪苓湯、清心蓮子飲、竜胆瀉肝湯、八味丸、
五淋散などが用いられます。
厥冷
(けつれい)
厥冷は手足、特に手足の指先から身体全体にかけて徐々に冷えてきて
その冷え症状がひどい場合を言います。
厥冷は寒厥(厥寒)の症状よりひどい場合を指します。

厥冷に用いられる生薬は乾姜、附子が用いられます。

参考・・・薬徴 附子の項に
「主逐水也。故能治悪寒、身体四肢及骨節疼痛、或沈重、或不仁、或厥冷、
而旁治腹痛、失精、下利。」
「主として体内水分の代謝を促し、身体全体に行き届ける作用があります。故に
悪寒、身体又は身体の関節痛、重だるい感じ、身体麻痺、手足からの冷えなどの
症状を治します。他に腹痛、夢精、下痢にも効果があります。」
と記載されています。

同じく薬徴 乾姜の項に
「主治結滞水毒也。傍治嘔吐、咳、下利、厥冷、煩躁、腹痛、胸痛、腰痛。」
「主として体内水分の停滞を解消させる作用があります。後、嘔吐、咳、下痢、
手足からの冷え、煩わしい感じで気分が落ち着かない、腹痛、胸痛、腰痛にも
効果があります。」と記載されています。


参考・・・厥の症状は寒厥厥寒)、熱厥カイ(※)厥(回厥)があります。
(※カイ=虫+尤)

厥冷は別名で厥逆とも言われます。
下法
(げほう)
下法は病邪の進行がやや進んだ状態、つまり陽明病期の治療方法として
瀉下剤を用いて治療する方法を言います。

下法でよく用いられる生薬は瀉下剤と呼ばれる大黄を用います。
漢方処方では大黄が配合された大承気湯、小承気湯などの承気湯類や
瀉心湯類、麻子仁丸、大黄甘草湯などを用います。

参考・・・下法の他に吐法汗法があり、これらを総じて汗吐下法と呼び、
汗吐下法に和法温法を加えて汗吐下和温法と呼んだり、汗吐下和温法に
清法消法補法を加えた汗吐下和清温消補法があります。

下法は別名で攻下法瀉下法とも呼ばれます。

汗吐下和清温消補法を簡単に書けばこのように表現が出来ます。
「汗法は発汗剤を用いて病邪を追い出す。」
「吐法は催吐剤を用いて病邪を吐かせる。」
「下法は瀉下剤を用いて病邪を下す。」、
「和法は中和剤を用いて体内の病邪を中和する。」
「清法は清熱剤を用いて体内の熱を清める。」
「温法は温補剤を用いて弱った身体を温める。」
「消法は消導剤を用いて食滞を消します。」
「補法は補益剤を用いて免疫力を高めます。」
下品
(げほん)
参考・・・神農本草経 本草経序録で下品は
「下薬一百二十五種為佐使、主治病以応地、多毒、不可久服、欲除寒熱邪気、
積聚、癒疾者、本下経。」
「下薬は125種類あり、下薬を「佐・使」と言います。下薬は病気を治療する力は
優れているが副作用が多く、分量や摂取期間には十分な配慮が必要です。
下薬は寒熱、各種邪気を取り除き、体内の気の流れを改善し、病を癒す作用に
優れております。」と記載されています。

下品と言われる代表的な生薬は附子、半夏、大黄、桔梗、旋覆花、商陸、
夏枯草、連翹、巴豆、蜀椒などの生薬が挙げられます。

下品は薬効力が優れており、西洋薬のような効果が期待できますが、しばしば
副作用が診られ、服用量、服用日数に十分な配慮が必要な生薬です。
出来れば下品を単独で服用するのでは無く、上品、中品と組み合わせて服用する
べきと思います。

参考・・・神農本草経には下品の他に上品中品があります。
神農本草経で上品は「君」と呼ばれ、薬効、副作用は少ないが漢方処方の
中心的な役割を持ち、例えて言うならば戦場の司令官、国の王を指します。

同じく神農本草経で中品は「臣」と呼ばれ、やや薬効は高いが分量、服用期間
を間違えば副作用が診られます。中品は上品の薬効を補い、下品の副作用を
中和、軽減させる役割を持ち、例えて言うならば戦場の軍師、国の大臣を
指します。

同じく神農本草経で下品は「佐」・「使」と呼ばれ、薬効力が強く、病気治癒力
が優れていますが切れ味が鋭い分副作用も多々診られ、分量、服用期間
には十分配慮しなければならない生薬を下品と言います。
下品は西洋薬と同じように病気治療だけを専念とする役割を持ち、例えて言う
ならば戦場の精鋭部隊、国の警察官を指します。

上品、中品、下品これらを合わせて「君臣左使」と呼ばれます。

余談・・・生薬や薬草を上品、中品、下品と分類することを「三品分類」と言われ、
これは中国医学独特の考え方です。

漢方処方における上品・中品・下品の割合は
4種類以上の場合・・・上品1種類・中品1種類・下品2種類の生薬の割合
4種類以上の場合・・・上品1種類・中品2種類・下品5種類の生薬の割合
が理想的と言われ、この法則は薬効が鋭い下品が多い事により短期間の
治療が見込まれるが、下品特有の副作用が診られる場合が多々あり、
その副作用の軽減、気力、体力を回復させる役目として、また漢方処方の
中心的な生薬として上品、中品を組み込みました。
(例:麻黄湯の場合・・・君薬⇒甘草、臣薬⇒桂枝、佐・使薬⇒麻黄、杏仁)

下品は別名で「下薬」とも呼ばれます。
下薬
(げやく)
参考・・・神農本草経 本草経序録で下薬は
「下薬一百二十五種為佐使、主治病以応地、多毒、不可久服、欲除寒熱邪気、
積聚、癒疾者、本下経。」

「下薬は125種類あり、下薬を「佐・使」と言います。下薬は病気を治療する力は
優れているが副作用が多く、分量や摂取期間には十分な配慮が必要です。
下薬は寒熱、各種邪気を取り除き、体内の気の流れを改善し、病を癒す作用に
優れております。」と記載されています。

下薬と言われる代表的な生薬は附子、半夏、大黄、桔梗、旋覆花、商陸、
夏枯草、連翹、巴豆、蜀椒などの生薬が挙げられます。

下薬は薬効力が優れており、西洋薬のような効果が期待できますが、しばしば
副作用が診られ、服用量、服用日数に十分な配慮が必要な生薬です。
出来れば下薬を単独で服用するのでは無く、上薬、中薬と組み合わせて服用する
べきと思います。

参考・・・神農本草経には下薬の他に上薬中薬があります。
神農本草経で上薬は「君」と呼ばれ、薬効、副作用は少ないが漢方処方の
中心的な役割を持ち、例えて言うならば戦場の司令官、国の王を指します。

同じく神農本草経で中薬は「臣」と呼ばれ、やや薬効は高いが分量、服用期間
を間違えば副作用が診られます。中品は上品の薬効を補い、下品の副作用を
中和、軽減させる役割を持ち、例えて言うならば戦場の軍師、国の大臣を
指します。

同じく神農本草経で下薬は「佐」・「使」と呼ばれ、薬効力が強く、病気治癒力
が優れていますが切れ味が鋭い分副作用も多々診られ、分量、服用期間
には十分配慮しなければならない生薬を下薬と言います。
下薬は西洋薬と同じように病気治療だけを専念とする役割を持ち、例えて言う
ならば戦場の精鋭部隊、国の警察官を指します。

上薬、中薬、下薬これらを合わせて「君臣左使」と呼ばれます。

余談・・・生薬や薬草を上薬、中薬、下薬と分類することを「三品分類」と言われ、
これは中国医学独特の考え方です。

漢方処方における上薬・中薬・下薬の割合は
4種類以上の場合・・・上品1種類・中品1種類・下品2種類の生薬の割合
4種類以上の場合・・・上品1種類・中品2種類・下品5種類の生薬の割合
が理想的と言われ、この法則は薬効が鋭い下品が多い事により短期間の
治療が見込まれるが、下品特有の副作用が診られる場合が多々あり、
その副作用の軽減、気力、体力を回復させる役目として、また漢方処方の
中心的な生薬として上品、中品を組み込みました。
(例:麻黄湯の場合・・・君薬⇒甘草、臣薬⇒桂枝、佐・使薬⇒麻黄、杏仁)

下薬は別名で「下品」とも呼ばれます。
下利
(げり)
下利は古い書物に書かれている漢方用語で現代用語の下痢と同じ意味です。

参考・・・下利を他の呼び方で「」、「」、「腸ヘキ(※)」、「帯下」と言います。
(※ヘキ=さんずい+辟)
健胃
(けんい)
健胃は胃の機能を向上させる生薬、漢方処方を言います。

健胃作用のある生薬は生姜、黄連、人参などがあり、漢方薬では半夏瀉心湯、
柴胡桂枝湯、安中散、六君子湯、人参湯、平胃散、真武湯などがあります。
縣飲
(けんいん)
縣飲四飲の一つで胸脇に水が溜まりこれが原因で咳をしたり、痰を出したり
するとすると胸に痛みを発する状態を指します。
金匱要略では縣飲には十棗湯が良いと記載されています。
縣飲の他に溢飲痰飲支飲などの水毒症状も金匱要略に見られます。

参考・・・金匱要略 痰飲咳嗽病篇に
「飮後水流在脇下、咳唾引痛、謂之懸飮。」

「飲み水が脇の下に流れ、咳をすれば痛みがあり、これを縣飲と言います。」
と記載されています。

参考・・・懸飲は胸膜炎にこのような症状が診られます。
眩量
(げんうん)
眩量はめまいと同じ意味です。
眩量の症状は目眩の症状とよく似ており、目がクルクル回る、頭がぼんやり
する、立ちくらみなどが眩量の症状に診られます。

参考・・・眩量は別名で目眩暴眩とも言います。
弦細(脈)
(げんさいみゃく)
弦細脈は手を当てるとピンとした弓ずるに触るような脈であり、他に糸に触れる
ような細い脈でもあります。

傷寒論では弦細脈の場合は少陽病に属し発汗剤瀉下剤は用いずに
中和剤
を用いなさいと記載されています。

参考・・・傷寒論、少陽病篇で
傷寒、脈弦細、頭痛発熱者、属少陽。少陽不可発汗、発汗則譫語、此属胃、
胃和則愈、胃不和、煩而悸。

傷寒を患い、弦細脈で頭痛、発熱のある者は少陽病に属します。少陽病期は
発汗しません。発汗、譫語は胃に属し、胃の調子が悪ければ煩悸
診られます。」と記載されています。
痃癖
(肩癖)
(けんぺき)
痃癖(肩癖)は肩から背中にかけての痛みや筋肉のひきつり、肩の張り等を
伴う肩こり、五十肩などの症状をこう言います。
他に腹部、わき腹などの腹筋の張りやひきつりも痃癖の症状です。

参考・・・痃癖(けんぺき)は別名で(けんびき)とも言われます。
余談・・・私の住んでいる伊予の国では痃癖を(げんぺき)、(げんびき)と
言います。
眩冒
(げんぼう)
眩冒は「眩暈(めまい)」の一種で、症状として目がクルクルと回っている感じがすごく
あり、それに伴い頭もクラクラとして目の前が真っ暗になったような感じがあります。
弦(脈)
(げんみゃく)
弦脈は手を当てるとピンとした弓ずるに触るような脈であると傷寒論には
書かれています。

参考・・・傷寒論、辨脈で
脈浮而緊者、名曰弦也。弦者、状如弓弦、按之不移也。脈陰者、如転索無常
也。」


同じく、
傷寒論、辨脈で
「問曰 脈有陰陽、何謂也? 答曰 凡脈大浮数動滑、此名陽也。脈沈渋弱弦
微、此名陰也。」

「脈に陰証陽証がありますか? 脈には、動、があり、全て
陽也。脈で、渋、弱、弦、は全て陰也。」と記載されています。

この脈は少陽病に属し発汗剤瀉下剤は用いずに中和剤を用います。
こ行
口渇
(こうかつ)
口渇は喉が渇き、水を欲しがる状態を言います。
口渇の症状は実証にも虚証にも診られます。

口渇に用いられる生薬は石膏、附子、人参、地黄、麦門冬があり、口渇に
用いられる漢方処方は石膏、附子、人参、地黄配合の白虎湯、八味丸、
白虎加人参湯、竹葉石膏湯、真武湯、茯苓四逆湯、麦門冬子などがあり、
他に五苓散、茵チン五苓散、猪苓湯、茵チン(※)蒿湯、大柴胡湯、
大承気湯、小承気湯、小半夏加茯苓湯、茯苓沢瀉湯なども用いられます。
((※)チン=草かんむり+陳)

参考・・・口渇より症状が軽い場合を「口乾」、口渇が激しい場合を「煩渇」と
言います。

余談・・・昔の書物に「口渇があり冷水を好む者は附子を用い、口渇があり
熱湯を好む者は石膏を用います。」とありますが両者の鑑別は難しく、一般
的な熱病であれば問題が無いが、肺炎、インフルエンザ、腸チフス、マラリア
等の熱性病の場合はこの法則に則らずに慎重に用いなければなりません。

古方派吉益東洞や彼の門弟は石膏を大量に用いる”癖”があり
(東洞石膏とあだ名で呼ばれた)口渇、煩渇があればすぐに大量の石膏を
配合しました。

後世派は口渇、煩渇の度合いを見て渇が和らげば石膏の量を減らし、渇が
ひどい時は石膏の量を増やしました。
口乾
(こうかん)
口乾は口の中が乾燥、又は唾液の分泌が少ない、口は渇くが水を余り
欲しくない、痰の切れが悪くひどく咳き込む等の口内乾燥状態を言います。
口乾の症状は大病後の人、老人、妊娠中などの虚証の人、オ(※)血症状
に診られます。((※オ=やまいだれ+於))

口乾に用いられる生薬は人参、知母、地黄、麦門冬、茯苓、カ(※)楼根
などの滋潤剤が用いられ、漢方処方は小建中湯、麦門冬湯、小柴胡湯、
十全大補湯、炙甘草湯、瓜呂枳実湯、滋陰降火湯などが用いられます。

参考・・・口乾より症状が重い場合を「口渇」と言います。
口乾は別名で口燥とも言われます。
降気剤
(こうきざい)
降気剤気の上衝気逆など上半身に留まる気を身体全体に巡らせる
生薬、漢方処方を言います。

降気剤に用いられる生薬は桂枝、竜骨、牡蠣、黄連などの生薬が用いられ、
漢方処方では桂枝、竜骨、牡蠣、黄連などの生薬が配合された桂枝湯、
柴胡加竜骨牡蠣湯、桃核承気湯、三黄瀉心湯、黄連解毒湯、抑肝散など
が用いられます。
拘急
(こうきゅう)
拘急はひきつる、緊張などの症状を言います。
(例:手足の筋肉がつる(四肢拘急)、腹筋が緊張する(腹皮拘急)、小腹拘急
臍下拘急項背拘急など)
口苦
(こうく)
口苦傷寒論 少陽病の定義に「少陽之為病、口苦、咽乾、目眩也。」
「少陽病は口苦く、喉渇き、目眩む。」と書かれています。

口苦は熱や胃腸障害が原因で口が粘り苦いと感じられる症状をこう言います。
口苦に用いられる漢方処方は少陽病に用いられる柴胡が配合された小柴胡湯、
柴胡桂枝湯が用いられます。
攻撃剤
(こうげきざい)
攻撃剤は体内に進行した外邪を体外に排出させる薬効のある生薬、漢方処方
を攻撃剤と言います。

攻撃剤は主に発汗剤瀉下剤吐剤を指し、これらを別名で瀉剤とも
言います。

参考・・・攻撃剤の反対は補剤です。
攻下派
(こうげは)
攻下派金元四大家張従正(張子和)を始祖とする漢方派閥の一つです。

張従正は劉河間寒剤涼剤を用いて治療する方法の不備を補い、
その考えを発展させ、色々な病状によって発汗剤催吐剤瀉下剤
使い分ける方法つまり汗吐下法を用いて治療する事を唱えました。

張従正の漢方理論は古方派、特に吉益東洞に大きな影響を与えました。

参考・・・金元医学で攻下派の他に劉完素は寒剤、涼剤を用いたので
寒涼派」と呼ばれ、李杲は気力、体力を回復する処方を用いたので
補土派」と呼ばれ、朱丹渓は体内水分を補う処方を用いたので「養陰派
と呼ばれました。
攻下法
(こうげほう)
攻下法は病邪が身体内部まで進んだ状態、つまり陽明病期の治療方法
として瀉下剤を用いて治療する方法を言います。

攻下法でよく用いられる生薬は大黄をよく用い、漢方処方では大黄が
配合された大承気湯、小承気湯などの承気湯類や瀉心湯類を用います。

参考・・・攻下法の他に吐法汗法があり、これらを総じて汗吐下法と呼び、
汗吐下法に和法を加えて汗吐下和法と呼んだり、汗吐下和法に温法
加えて汗吐下和温法と呼んだり、汗吐下和温法に清法消法補法
加えた汗吐下和清温消補法があります。

攻下法は別名で下法瀉下法とも呼ばれます。

汗吐下和清温消補法を簡単に書けばこのように表現が出来ます。
「汗法は発汗剤を用いて病邪を追い出す。」
「吐法は催吐剤を用いて病邪を吐かせる。」
「下法は瀉下剤を用いて病邪を下す。」、
「和法は中和剤を用いて体内の病邪を中和する。」
「清法は清熱剤を用いて体内の熱を清める。」
「温法は温補剤を用いて弱った身体を温める。」
「消法は消導剤を用いて食滞を消します。」
「補法は補益剤を用いて免疫力を高めます。」
攻邪
(こうじゃ)
攻邪は体内に進行した邪気瀉剤を用いて体外に排出させる治療方法
を言います。

傷寒論に記載されている治療方法は主に攻邪が多く、日本の古方派
攻邪を得意としました。
口燥
(こうそう)
口燥は口の中が乾燥、又は唾液の分泌が少ない、口は渇くが水を余り
欲しくない、痰の切れが悪くひどく咳き込む等の口内乾燥状態を言います。
口燥の症状は大病後の人、老人、妊娠中などの虚証の人、オ(※)血症状
に診られます。((※オ=やまいだれ+於))

口燥に用いられる生薬は人参、知母、地黄、麦門冬、茯苓、カ(※)楼根
などの滋潤剤が用いられ、漢方処方は小建中湯、麦門冬湯、小柴胡湯、
十全大補湯、炙甘草湯、瓜呂枳実湯、滋陰降火湯などが用いられます。

参考・・・口燥より症状が重い場合を「口渇」と言います。
口燥は別名で口乾とも言われます。
黄帝
(こうてい)
黄帝(生まれ〜没不明)
黄帝は伝説上の人物で古代中国、漢の時代の歴史書の「史記」によれば
姓は公孫、名は軒轅と言い、神農に代わって中国を統治したと「史記」には
書かれています。

黄帝は中国医学の始祖とも言われ、中国最古の医学書「黄帝内経」は
彼の著作物と言われます。
黄帝内経
黄帝内剄
黄帝内教
(こうていだいけい)
(こうていだいきょう)
(こうていないけい)
(こうていないきょう)
黄帝内経は伝説上の人物の黄帝が書いたと言われる中国最古の
医学書で、黄帝内経の内容は黄帝と言う大王と臣下で医師である
岐伯、伯高、鬼臾、雷公との問答形式が記載されており、
人体、病理、解剖、診断、治療、陰陽五行説などについて書かれて
いる部分を『素問』と言い、針灸による治療について書かれている部分を
霊枢』と言います。

黄帝内経が最初に見られる書物は「漢書・芸文志」で、漢書には医学書の
部分に記載されており、『黄帝内経十八巻』の名前で記載されています。

後漢末に活躍した漢方医の張仲景の著作物である「傷寒雑病論 序文に
「『素問』、『九巻(霊枢)』などの書物を参考にして『傷寒雑病論』を書きました。」
との言葉が見られます。

同じく後漢末から西晋に皇甫謐と言う漢方医がおり、彼が整理、編集した書物に
『黄帝三部針灸甲乙経(略して甲乙経)』があり、この書物は『素問・九巻』、
『鍼(針)経(霊枢)・九巻』、『明堂孔穴針灸治要』を合わせた書物と言われます。

参考・・・皇甫謐が合わせた『素問・九巻』、『鍼(針)経(霊枢)・九巻』を後世では
『黄帝内経』と称するようになりました。

時代が下り、『素問・九巻』、『鍼(針)経(霊枢)・九巻』は長年の戦乱で
内容は散逸していき、南北朝時代に全元起によって註解された素問の
『全元起本九巻』が作られたが現代には伝わっていません。

やがて唐時代初期に楊上善が註解した『黄帝内経明堂』、『黄帝内経太素』
があり、これが古い時代の「素問」、「霊枢」の内容を残していると言われます。
又、歴史書である『隋書・経藉志』に「黄帝素問八巻全元起注」があり、
元々素問は全九巻、八十一編で構成されていましたが、長年の戦乱で
隋の時代には第七巻目は失われていたと思われます。

余談・・・楊上善が註解した『黄帝内経太素(略して太素)』は中国では
宋時代の戦乱で亡失していますが日本には平安時代に伝わっており、
京都の仁和寺にこの写本あります。
ただ、この写本は多くの誤字(長年の写本にての誤字)があります。
(黄帝内経太素(略して太素)は日本で国宝に指定されています。)

のちの唐時代後期に王冰が散逸していた第七巻目に運気七篇を補充
して素問を完成させ、霊枢も註本されました。
(運気七篇は王冰が他の書物(たぶん陰陽大論?)から取り出して補充した
と言われます。)

後の北宋時代に「傷寒論」、「金匱要略」などの医学書を校訂した林億、孫奇
ら儒者によって素問も唐時代初期に楊上善が註解した部分と、唐時代後期に
王冰が校訂した部分を組み合わせたり、加えたりして素問は校正されました。
同じく霊枢も林億、孫奇ら儒者の手によって校正されました。

やがて金元時代に金元医学が興ります。この金元医学は素問、霊枢、難経の
考え方を基礎としており、現代の日本や中国の中医学に影響を与え、中医学の
主流の考え方になっています。

室町時代末期に金元医学が日本に伝わり、後の後世派と呼ばれる人々に
大きな影響を与えます。
又、針灸医学を学ぶ上に欠かせないバイブル本と言えます。

余談・・・わが国の古方派と呼ばれる人々は黄帝内経の説を取り入れずに
傷寒論、金匱要略をバイブルとしました。
(たしか張仲景は素問と霊枢を参考に傷寒雑病論を書いたのではなかったけ?)

参考・・・現在に伝わっている素問は林億、孫奇らが校正した素問は失われて
いますががこれに基づいた物が素問の原本として伝わっております。
霊枢も林億、孫奇らが校正した物は北宋時代の戦乱で散逸しますが南宋時代に
史ッが編纂して現在に伝わっています。

余談・・・素問の「素」は「平素」を意味し、日常生活の疑問、気をつける事を
黄帝が問い合わせるところから「素問」と言われます。

同じく余談ですが、「傷寒論」、「金匱要略」の著者である張仲景は「素問」、
「霊枢」を参考にして「傷寒論」、「金匱要略」を書いたと言われますので、
「傷寒論」、「金匱要略」を読む時は「素問」、「霊枢」を参考にすれば
判りやすいです。
後天の気
(こうてんのき)
後天の気は空気(清気)、飲食物(水穀の気)、太陽光などの自然界にある
「気」をこう言います。

後天の気を体内に取り込むと先天の気と後天の気は経絡を通って身体全体に
行き届き、生命維持力や健康維持力に変わります。
項背拘急
(こうはいこうきゅう)
項背拘急は後頭部からうなじ、首筋、両肩、背中にかけて筋肉がひきつったり、
こわばったりする症状をこう言います。

参考・・・項背拘急には葛根湯、二朮湯などが用いられます。
合方
(ごうほう)
合方は2種類以上の漢方処方を合わせる事です。
(例)柴朴湯=小柴胡湯+半夏厚朴湯、茵陳五苓散=五苓散+茵チン蒿湯
胃苓湯=平胃散+五苓散、温清飲黄連解毒湯+四物湯など

症状によって処方同士を組み合わせる場合もあります。
(例)猪苓湯+四物湯、大柴胡湯+茵チン蒿湯、小柴胡湯+香蘇散
など多種多様にあります。

参考・・・合方で2つの漢方処方に同じ生薬が含まれる場合があります。
(例:大柴胡湯と半夏厚朴湯との合方の場合半夏、生姜が重なる。)
その場合は分量の多い処方の量を優先します。
洪(脈)
(こうみゃく)
洪脈大脈より指に伝わる脈が広く大きく感じる脈を言います。
洪脈に大脈が伴えば、洪大(こうだい)と言われる事もあります。
膏淋
(こうりん)
膏淋五淋の一つで、外台秘要方、三因方、証治要訣に膏淋の語句が
見られます。

膏淋の症状は小便が膏(肉のあぶら)、米のとぎ汁のような白濁色に濁り
排尿困難、尿量減少などの症状が診られます。

膏淋の原因として膀胱炎、前立腺炎、尿路結石、尿道炎などが原因の排尿痛、
排尿異常やカンジタ菌、淋菌、ブドウ球菌、連鎖球菌などの菌が原因の場合が
あります。

膏淋に用いられる漢方処方は猪苓湯、清心蓮子飲、竜胆瀉肝湯、八味丸、
五淋散などが用いられます。

参考・・・淋の意味はこちらを参考に・・・
拘攣
(こうれん)
拘攣は主に腹直筋の緊張、ひきつり、ケイレンなどの症状を指します。
又、筋肉全体の緊張、ひきつり、ケイレン症状を拘攣と呼ぶ場合もあります。
五液
(ごえき)
五液五臓が病気になると出る体液を指します。
五行色体表によれば涙、汗、涎、鼻水、唾が五液と言われます。
五華
(ごか)
五華五臓の健康状態、五臓が蓄える精気の状態を見る事が出来る場所を
こう言います。
五行色体表によれば爪、顔面、唇(乳)、体毛、髪が五華と言われます。
五官
(ごかん)
五官五臓と結びついている器官をこう言います。
五行色体表によれば肝ー眼、心ー舌、脾ー唇(口)、肺ー鼻、腎ー耳(二陰
が五官と言われます。

参考・・・五官は別名で「五竅」、「五根」と言われます。
五竅
(ごきゅう)
五竅はは五臓と結びついている器官をこう言います。
五行色体表によれば肝ー眼、心ー舌、脾ー唇(口)、肺ー鼻、腎ー耳(二陰
が五官と言われます。

参考・・・五竅は別名で「五官」、「五根」と言われます。
五行
(ごぎょう)
五行は古代中国の考え方で「この世にある物や全宇宙は五つの要素
【木、火、土、金、水】で構成されている。」と言う自然、哲学的な理論で、
この中に出てくる【木、火、土、金、水】を五行と言います。

参考・・・五行説ではこの五行を体内の臓器(五臓六腑)に当てはめて
応用されています。
五行の木=肝 火=心 土=脾 金=肺 水=腎を表しています。
五行説
(ごぎょうせつ)
五行説は古代中国で陰陽説の他に考えられた理論で、「この世にある物(万物)
は木・火・土・金・水の五つの要素から構成されている。」と言う理論です。

この五行説の考えを体内の臓器(五臓六腑)に当てはめて応用されています。
五行の木=肝 火=心 土=脾 金=肺 水=腎を表しています。
穀疸
(こくたん)
穀疸金匱要略 黄疸病脈証并治第十五に
「趺陽脈緊而数、数則為熱、熱則消穀、緊則為寒、食即為満。尺脈浮為傷腎、
趺陽脈緊為傷脾。風寒相搏、食穀即眩、穀気不消、胃中苦濁、濁気下流、
小便不通、陰被其寒、熱流膀胱、身体尽黄、名曰穀疸。」
趺陽の脈にはの場合があり、数脈は胃に熱がある場合に診られ胃熱が
あれば食欲が旺盛になります。
緊脈は脾に寒がある場合に診られ、脾寒がある場合に食すればすぐに満腹感を
感じます。
尺脈であれば腎が傷つきます。趺陽の脈が緊の場合は脾が傷つきます。
胃熱、脾寒、腎虚の症状の時に食すれば眩暈、消化不良、小便不利等の症状
が診られ、熱は膀胱まで達してやがて小便が出なくなり身体に黄疸が現れます。
これを穀疸と言います。」と記載されています。
五根
(ごこん)
五根五臓と結びついている器官をこう言います。
五行色体表によれば肝ー眼、心ー舌、脾ー唇(口)、肺ー鼻、腎ー耳(二陰
が五官と言われます。

参考・・・五根は別名で「五竅」、「五官」と言われます。
五志
(ごし)
五志は人間の感情(喜怒哀楽)や精神状態を表したものをこう言います。

五志は「怒・喜(笑)・思慮・悲(憂)・恐(驚)」などの人間の感情を五志と呼び、
この5個の感情は体内の各臓器や精気、体液、病気の時の症状に
結びつきます。

詳しくは五行表(五行色体表)を参考にして下さい。
痼疾
(こしつ)
痼疾は長年に患ってなかなか治り難い病気や持病、慢性病をこう言います。

漢方薬治療の時に急性病と痼疾のような慢性病の両方がある場合は、
まず急性病を治療して次に慢性病を治療します。

参考・・・痼疾の反対は卒病です。
五邪
(ごじゃ)
五邪難経 四十九難によれば
有正經自病、有五邪所傷、何以別之。然。經言。憂愁思慮則傷心、
形寒飮冷則傷肺。恚怒氣逆、上而不下、則傷肝。飮食勞倦、則傷脾。
久坐濕地、強力入水、則傷腎。是正經之自病也。

「五蔵自らが病む場合と五邪が原因で病む場合とがあるが、その違いが何かを
教えてくれ。では言います。気分が晴れなかったり、物事を考えすぎたりすると
心が病みます。冷たい飲み物を取り過ぎたり、身体を寒さに晒し過ぎると肺を
病みます。イライラしたり怒りすぎると気が下がらずに肝が病みます。暴飲暴食、
過酷な労働を続けると脾が病みます。湿度や湿気などの水気が多い所にいると
腎が病みます。これらを正経自病と言います。」と記載されています。

同じく
難経 五十難によれば
何以言之。假令心病、中風得之、爲虚邪。傷暑得之、爲正邪。
飮食勞倦得之、爲實邪。傷寒得之、爲微邪。中濕得之、爲賊邪。

「例えば心病の原因が中風の場合は虚邪と言います。心病の原因が暑さの
場合は正邪と言います。心病の原因が飲食労倦の場合は実邪と言います。
心病の原因が傷寒の場合は微邪と言います。心病の原因が湿の場合は賊邪
と言います。」
と記載されています。

五邪は5種類の病気の原因を挙げています。
難経 四十九難では「風」、「暑」、「寒」、「飲食労倦」、「湿」が五邪として
書かれています。

難経 五十難では「虚邪」、「正邪」、「実邪」、「微邪」、「賊邪」が五邪として
書かれています。
五心
(ごしん)
五心は2種類の意味があります。

@・・・五心は身体全体を指します。
A・・・五心は右手、左手の中心、右足、左足の中心、身体の中心(心臓部)の
    5箇所の中心を指します。
五神
(ごしん)
五神五臓が貯めている精気をこう言います。

五行色体表によれば肝ー魂(こん)、心ー神(しん)、脾ー意知(いち)、
肺ー魄(はく)、腎ー精志(せいし)と記載されています。

参考・・・五神は別名で五精とも言われます。
五心煩熱
(ごしんはんねつ)
五心煩熱は2種類の意味があります。

@・・・五心すなわち全身に起こった煩熱、不愉快な熱症状をこう言います。
A・・・五心は右手、左手の中心、右足、左足の中心、身体の中心(心臓部)の
    5箇所の中心に起こった煩熱症状をこう言います。
五精
(ごせい)
五精五臓が貯めている精気をこう言います。

五行色体表によれば肝ー魂(こん)、心ー神(しん)、脾ー意知(いち)、
肺ー魄(はく)、腎ー精志(せいし)と記載されています。

参考・・・五精は別名で五神とも言われます。
後世家
(ごせいか)
後世家は「黄帝内経」や「陰陽五行説」、金元医学(李朱医学)の漢方理論
や金元医学の漢方処方を用いる漢方医をこう言います。
後世家に属する漢方医は田代三喜曲直瀬道三曲直瀬玄朔岡本玄冶、
長沢道寿、香月牛山、津田玄仙
などが有名な後世家の漢方医です。
後世派
(ごせいは)
後世派は日本漢方流派の一つで、室町時代に当時の中国王朝であった明より
帰国した田代三喜が弟子の曲直瀬道三金元医学(李朱医学)を教え、
曲直瀬道三と後継者の曲直瀬玄朔によって確立された漢方流派の一つです。

後世派の特徴は古代中国の「黄帝内経」から「陰陽五行説」の随証と
金、元時代に作られた金元医学の漢方処方の両方を用いて治療を行った
日本流漢方の一派です。
枯燥
(こそう)
枯燥は主に肌、皮膚の水分が不足し乾燥している状態を言います。
枯燥には滋潤作用のある地黄、当帰、川キュウなどが用いられます。
漢方処方ではこれらの生薬が配合された四物湯、温清飲、当帰芍薬散などが
用いられます。
五臓
(ごぞう)
五臓は人間の体内にある「肝・心・脾・肺・腎」を指し、古代中国では各臓器が
お互い結びつき助成、抑制を行いながらバランスを保ち、人体に影響を与えて
いると考えられていました。
五臓六腑
(ごぞうろっぷ)
五臓六腑は人体の臓器を五個の臓と六個の腑に分ける東洋医学の考え方を
こう言います。
五臓六腑の五臓は「肝」、「心」、「脾」、「肺」、「腎」を指します。
五臓六腑の六腑は「胆」、「小腸」、「胃」、「大腸」、「膀胱」、「三焦」
を指します。

参考・・・五臓六腑を「陰陽」で考えると五臓は「陽」で六腑は「陰」と東洋医学
では考えられています。
五体
(ごたい)
五体
梧竹楼方函口訣
(ごちくろうほうかん
くけつ)
梧竹楼方函口訣は百々鳩窓の著作物です。
骨蒸
(こつじょう)
骨蒸は体内の奥深くから骨を蒸すように発し、寝汗を伴う熱を言います。
骨蒸の熱症状は結核、慢性の微熱症状を指します。
子戸
(こと)
子戸は子宮を指します。

参考・・・子戸は別名で胞門とも言われます。
古方
(こほう)
古方は2種類の意味があります。

@・・・張仲景の著作物「傷寒論」、「金匱要略」を手本として病気治療を行う
    学派を古方と言います。

A・・・中国の唐時代より以前の書籍(外台秘要方、千金方、小品方、脈経、
    黄帝三部針灸甲乙経、傷寒雑病論、神農本草経黄帝内経など)
    を古方と言います。
古方家
(こほうか)
古方家は日本流漢方の一派で「黄帝内経」、「陰陽五行説、「金元医学」
などの理論的漢方を廃して張仲景の著作物「傷寒論」、「金匱要略」を
参考にして実用的、経験的な漢方処方で病気治療を行う漢方流派です。

古方家に属する漢方医は名古屋玄医、後藤艮山、山脇東洋、香川修庵、
吉益東洞吉益南涯尾台穃堂などが有名な古方家の漢方医です。
古方派
(こほうは)
古方派は日本流漢方の一派で「黄帝内経」、「陰陽五行説、「金元医学」
などの理論的漢方を廃して張仲景の著作物「傷寒論」、「金匱要略」を
参考にして実用的、経験的な漢方処方で病気治療を行う漢方流派です。

古方派に属する漢方医は名古屋玄医、後藤艮山、山脇東洋、香川修庵、
吉益東洞吉益南涯尾台穃堂などが有名な古方家の漢方医です。
古方薬議
(こほうやくぎ)
古方薬議は江戸末期から明治時代に活躍した折衷派の代表である
浅田宗伯
の著作物です。

古方薬議は常用生薬、常用薬草の効能、効果を記載した植物図鑑の中では
珍重される素晴らしい薬用植物図鑑であります。
五淋
(ごりん)
五淋外台秘要方によれば
石淋気淋膏淋労淋熱淋を指します。

三因方に記載されている五淋は
石淋、冷淋、膏淋、血淋、熱淋を指します。

又は証治要訣に記載されている五淋は
石淋、気淋、膏淋、労淋、血淋を指します。

参考・・・上記で述べた石淋、気淋、冷淋、膏淋、労淋、血淋、熱淋に
沙淋(砂淋)を加える場合もあります。

淋の意味はこちらを参考に・・・
Copyright(C)2004 yanagidou All Rights Reserved.