東洋医学用語、漢方用語解説

は〜ほ行

ここでは特殊で難解な東洋医学用語、漢方用語並びに現代漢方医学
の基礎を作られ、漢方医学の発展に粉骨砕身の働きをしていただいた
先駆者の名前、功績、書物を判りやすく解説しております。
多少、解説の意味合いが違う場合があるかもしれませんが
ご了承お願いします。

なおご質問、ご相談等がございましたら、ご面倒ですがやなぎ堂薬局
宛てにこちらから⇒ご質問、ご相談を宜しくお願いします。
名称 解説
は行
肺痿
(はいい)
肺痿金匱要略、肺痿肺癰咳嗽上気病篇に
「問曰、寸口脈数,其人咳,口中反有濁唾涎沫者何?師曰、為肺痿之病。」
     
「教えてください。寸口の数脈で咳があり、口中に濁ったつば、よだれがある者
はなんですか。?師曰くそれは肺痿と言う病の為です。」と記載されています。

又、同じく金匱要略、肺痿肺癰咳嗽上気病篇に
「脈数虚者為肺痿。」

「脈が数で虚証の人は肺痿です。」
と記載されています。
肺気
(はいき)
肺気は天の気(空気)を人間が呼吸する事により体内(肺)に取り込み人間の活動
エネルギーに変化した「」をこう言います。

肺氣の量が不足すれば呼吸が浅くなり咳嗽、特に喘息、咽頭痛、呼吸困難などの
症状が診られます。
黴瘡(梅瘡)
(ばいそう)
黴瘡(梅瘡)を現代風に言えば梅毒や梅毒が原因の皮膚発疹をこう言います。

参考・・・梅毒による皮膚発疹は楊梅瘡とも言います。
肺癰
(はいよう)
肺癰金匱要略、肺痿肺癰咳嗽上気病篇に
若口中辟辟、咳即胸中隠隠痛、脈反滑数、此為肺癰、咳唾膿血。」
「口の中が乾燥し咳の後に胸に痛みがあり、脈は滑の逆で数です。これは肺癰
と言う病で、咳、つばに膿、血が混じります。」と記載されています。

又、同じく
金匱要略、肺痿肺癰咳嗽上気病篇に
数実者為肺癰。」
「脈が数で実証の人は肺癰です。」と記載されています。
白苔
(はくたい)
白苔舌に白いコケが付いたように白くなる症状をこう言います。

舌にコケは健康な人には付かないのが普通ですが次の症状の時に白苔が
診られる場合があります。
@ 熱があり、口が粘り、水を欲しがり食欲が低下した症状のある人。
(傷寒論では少陽病の時に診られる症状と記載されています。)

A 慢性的に胃が悪い人(慢性胃炎、胃潰瘍など)や平素から飲酒をされる人。
等に白苔が診られます。

参考・・・熱が原因の舌は症状が悪くなれば白苔⇒黄苔⇒茶苔⇒黒苔に色が
変化します。 
八綱弁証
(はちもうべんしょう)
八綱弁証の八綱は陰、陽、虚、実、裏、表、寒、熱などの八つを言い、その八網と
証を組み合わせて病邪、体質の状態を表します。
(例:病邪の位置→表証か裏証か)
(例:病邪の勢い→寒証か熱証か)
(例:体力の状態→実証か虚証か)
(例:体質全般の状態→陽証か陰証か)
上記の例で示したように八網を使って病状、身体の状態、病邪の位置等を調べて
漢方処方の選択に利用します。

陰証、陽証は八網の中心に位置し、他の八網を統括します。
発汗剤
(はっかんざい)
発汗剤三陽病の治療方法である汗吐下法汗法、つまり太陽病の治療に
用いられる生薬、特に身体を発汗させる生薬を言います。

発汗剤と言われる生薬は桂枝、麻黄、葛根を指し、汗法で用いられる漢方処方は
桂枝湯、麻黄湯、葛根湯などがあります。

参考・・・発汗剤は別名で発表剤解肌剤とも言われます。
発汗法
(はっかんほう)
発汗法は病邪の進行が余り進んでいない状態、つまり太陽病に発汗剤を用いて
治療する方法です。

発汗法でよく用いられる漢方処方は桂枝湯、麻黄湯などです。

参考・・・発汗法の他に催吐法(吐法)、瀉下法(下法)がありこれらを総じて
汗吐下法
と呼び、汗吐下法に和解法(和法)、温裏法(温法)を加えて
汗吐下和温法
と呼んだり、汗吐下和温法に清熱法(清法)、消導法(消法)、
補益法(補法)を加えた汗吐下和清温消補法があります。

発汗法は別名で汗法とも言われます。
発陳(發陳)
(はっちん)
発陳素問 四氣調神大論によれば
「春三月、此謂發陳、天地倶生、萬物以榮、夜臥早起、廣歩於庭、被髮緩形、
以使志生、 生而勿殺、予而勿奪、賞而勿罰、此春氣之應養生之道也。
逆之則傷肝。 夏為寒變。 奉長者少。」

逆春氣、則少陽不生、肝氣内變。」
「春の3ヶ月(2月、3月、4月)を発陳と言い、冬の間じっとしていた天の気と地の気
が活動を始める時期で、この頃は日の入りと共に眠り、日の出と共に起きるように
しなさい。庭などを散歩し服や髪の乱れは気にせず活動しやすい環境を作りなさい。
生き物を殺したり、奪ったりせずに褒められる行動をし、罰せられたりする事はせず
ただ春気(春の息吹)を感じるのが生命を養う道である。
春に適当な運動をしないと肝を傷め、夏に冷え症となります。
夏を大切にする者は少ないです。」

「春の気に逆らう者は少陽に「生じる」と言う機能が発揮出来ず、肝の気が肝を攻めて
肝を傷めます。」と記載されています。

発陳の名前の由来である「発」は「発育、開く」という意味があり「陳」には「古い」と
言う意味があり、発陳は古い物から新しい物が生まれる時期、即ち新しい生命が
生まれる時期をこう言います。

春は体内で眠っていた陽気が活動を始める時期で「春は体がだるい」、「春は眠たい」
などと病状を訴える人が増えてきます。その場合は適度に運動を始めて体内で眠って
いる陽気を活動させましょう。

参考・・・發陳は春の心身調和方法を書いてますが、夏の心身調和方法は蕃秀
秋の心身調和方法は容平、冬の心身調和方法は閉蔵と言います。

余談・・・生薬に「陳皮」があり、「陳皮」とはみかん(柑橘類)の皮を乾燥した物で、
私達が「陳皮」と呼ぶみかん(柑橘類)の皮は古い皮(古ければ古いほど高級品)
だけを言います。
発表剤
(はっぴょうざい)
発表剤三陽病の治療方法である汗吐下法汗法、つまり太陽病の治療に
用いられる生薬、特に身体を発汗させる生薬を言います。

発表剤と言われる生薬は桂枝、麻黄、葛根を指し、汗法で用いられる漢方処方
は桂枝湯、麻黄湯、葛根湯などがあります。

参考・・・発表剤は別名で発汗剤解肌剤とも言われます。
華岡青洲
(はなおか
せいしゅう)
華岡青洲(1760年生まれ〜1835年没)

参考・・・華岡青洲が行った乳がんの手術回数は153例行っています。
原南陽
(はらなんよう)
原南陽(1752年生まれ〜1820年没)
原南陽は江戸時代後期に水戸藩医の子として生まれ、医学の知識を広める為
に京都に上り山脇東洋から古方派漢方を学びました。
やがて彼は江戸に住み、水戸藩候の病気を治療した功で御殿医になります。
彼が残した書物は「叢桂亭医事小言」、「叢桂偶記」、「寄奇方記」、「砦草」など
があります。

(はん)
には2種類の意味があります。

@・・・胸の辺り、特に心臓部にある熱の為に気分が落ち着かず悶え苦しむ事
A・・・不安感、気分が落ち着かず悶々とした感じを指す場合の2種類あります。
半外半裏
(はんがいはんり)
半外半裏少陽病期に見られる症状で表証と裏証にまたがっている状態を
こう言います。

半外半裏の時に下記の症状が見られます。
@ 熱病が原因で口が粘ついて苦くなる。
A 舌に白苔が現れる。
B 咽喉が渇く。
C 眩暈が起きる。
D 食欲不振、悪心がある。
E 寒熱往来(往来寒熱)を感じたりする。

参考・・・傷寒論では半外半裏と記載されていますが、別名で半表半裏とも
呼ばれています。
煩渇
(はんかつ)
煩渇は非常にのどが渇き、水を欲しがる症状を言います。
煩渇は口渇よりのどの渇きが激しい場合を指します。

煩渇の症状には陽証と陰証があります。

冷たい飲料水を求める者は陽証の煩渇に当たり生薬では石膏を用い、漢方処方
は石膏配合の白虎湯、白虎加人参湯を用います。
(この法則に当てはまらない場合もあります。)

温かい飲料水を求める者は陰証の煩渇に当たり生薬では附子を用い、漢方処方
は附子配合の真武湯、茯苓四逆湯を用います。
(この法則に当てはまらない場合もあります。)

他に虚証の人の煩渇には地黄、人参、麦門冬、茯苓などの滋潤作用のある生薬
配合の炙甘草湯、十全大補湯、滋陰降火湯などが用いられます。

参考・・・煩渇より症状が軽い場合を「口渇」、「口乾」と言います。
煩渇は別名で煩渇引飲とも言われます。

余談・・・昔の書物に「口渇があり冷水を好む者は附子を用い、口渇があり
熱湯を好む者は石膏を用います。」とありますが両者の鑑別は難しく、一般
的な熱病であれば問題が無いが、肺炎、インフルエンザ、腸チフス、マラリア
等の熱性病の場合は慎重に用いなければなりません。

古方派吉益東洞や彼の門弟は石膏を大量に用いる”癖”があり
(東洞石膏とあだ名で呼ばれた)口渇、煩渇があればすぐに大量の石膏を
配合しました。

後世派は口渇、煩渇の度合いを見て渇が和らげば石膏の量を減らし、渇が
ひどい時は石膏の量を増やしました。
煩渇引飲
(はんかついんいん)
煩渇引飲はは非常にのどが渇き、水を欲しがる症状を言います。
煩渇引飲は口渇よりのどの渇きが激しい場合を指します。

煩渇引飲の症状には陽証と陰証があります。

冷たい飲料水を求める者は陽証の煩渇に当たり生薬では石膏を用い、漢方処方
は石膏配合の白虎湯、白虎加人参湯を用います。
(この法則に当てはまらない場合もあります。)

温かい飲料水を求める者は陰証の煩渇に当たり生薬では附子を用い、漢方処方
は附子配合の真武湯、茯苓四逆湯を用います。
(この法則に当てはまらない場合もあります。)

他に虚証の人の煩渇には地黄、人参、麦門冬、茯苓などの滋潤作用のある
生薬配合の炙甘草湯、十全大補湯、滋陰降火湯などが用いられます。

参考・・・煩渇引飲より症状が軽い場合を「口渇」、「口乾」と言います。
煩渇引飲は別名で煩渇とも言われます。


余談・・・昔の書物に「口渇があり冷水を好む者は附子を用い、口渇があり
熱湯を好む者は石膏を用います。」とありますが両者の鑑別は難しく、一般
的な熱病であれば問題が無いが、肺炎、インフルエンザ、腸チフス、マラリア
等の熱性病の場合は慎重に用いなければなりません。

古方派吉益東洞や彼の門弟は石膏を大量に用いる”癖”があり
(東洞石膏とあだ名で呼ばれた)口渇、煩渇があればすぐに大量の石膏を
配合しました。

後世派は口渇、煩渇の度合いを見て渇が和らげば石膏の量を減らし、渇が
ひどい時は石膏の量を増やしました。
煩悸
(はんき)
煩悸は動悸に胸苦しさが伴う場合をこう言います。

参考・・・煩悸は心中煩悸、胸中煩悸とも言われます。
瘢痕
(はんこん)
瘢痕は切り傷、擦り傷、やけどなどの外傷が治った後に出来る傷跡をこう言います。
一般的な「かさぶた」も瘢痕に属します。
蕃秀
(ばんしゅう)
蕃秀素問 四氣調神大論によれば
「夏三月、此謂蕃秀、天地氣交、萬物華實、夜臥早起、無厭於日、使志無怒、
使華英成秀、使氣得泄、若所愛在外、此夏氣之應養長之道也。逆之則傷心、
秋為ガイ(※)瘧、奉收者少、冬至重病。」(※ガイ=ヤマイダレ+亥)


逆夏氣、則太陽不長、心氣内洞。
「夏の3ヶ月(5月、6月、7月)を蕃秀と言い天の気と地の気が交わり合い、
動植物の成長が著しい時期です。この時期は日の入りと共に就寝し日の出と
共に活動を始めます。
日中が長いけど嫌と思わずむやみに怒らず適度に運動を行い、植物が花を
咲かせて陽気を放出するように人間も四季で一番活動的な陽気を発散しましょう。
夏気(夏の息吹)の養生を行えば陽気を養う一つの道です。
夏の養生を怠れば心を痛め、秋に熱病に罹ります。
秋を大切にする者は少ないです。冬に重病になります。」

「夏の気に逆らうと太陽が「長ずる」言う機能が発揮せずに心の気が空っぽに
なります。」と記載されています。

蕃秀の名前の由来である「蕃」は「繁る、はびこる」という意味があり「秀」には
「すらりと伸びる」と言う意味があり、蕃秀は陽気の活動がピークを迎えた時期を
こう言います。


夏は四季の中で陽気の活動がピークを迎える時期ですので1日1回は適度な汗を
かいて体内の陽気を発散させましょう。「冷房の効いた部屋から出ない」、「暑いから
冷たい物を沢山食べる」などの行動をする人が増えてきます。その場合は胃を冷やし
下痢をします。しかし心には熱が残りますので心臓を悪くします。心の他に肺にも熱が
こもりますので秋に乾咳が起こります。

参考・・・蕃秀は夏の心身調和方法を書いてますが、春の心身調和方法は發陳
秋の心身調和方法は容平、冬の心身調和方法は閉蔵と言います。
煩躁
(はんそう)
煩躁には2種類の症状があります。
@・・・身体に煩わしい不快な熱感があり、手足が震えや手足をバタバタ動かし
    ながら苦しむ状態
A・・・不安感や気分が悶々とし落ち着かずに苦しむ状態
以上2種類の症状を煩躁と呼びます。
煩熱
(はんねつ)
煩熱は手や足の裏がほてり、わずわらしく、冬場でも布団から出たくなるような
わずらわしい熱感を言います。
煩熱には地黄、山梔子等の生薬がよく使われます。
漢方処方では地黄配合の八味丸、三物黄ゴン湯が用いられます。
半表半裏
(はんひょうはんり)
半表半裏少陽病期に見られる症状で表証と裏証にまたがっている状態をこう
言います。

半表半裏の時に下記の症状が見られます。
@ 熱病が原因で口が粘ついて苦くなる。
A 舌に白苔が現れる。
B 咽喉が渇く、吐き気がある。
C 眩暈が起きる。
D 食欲不振、悪心がある。
E 寒熱往来(往来寒熱)を感じたりする。

参考・・・傷寒論では半外半裏と記載されています。
煩満
(はんまん)
煩満は胸になにか痞えた様な感じがあり、胸苦しさと不快感がある症状をこう
言います。
ひ行

(ひ)
の参考・・・素問 痺論篇
風寒濕三氣雜至、合而爲痺也。

(ひ)
は五臓六腑の五臓の一つで、脾は単に脾臓を指してるのではなく、東洋医学
で脾は消化器全般をこう呼びます。

脾の役割は胃が分解した飲食物を「(活動エネルギー)」とに分けて
身体全体に送る役目と血管から血液を漏らさない様ガードする止血の役目が
あります。
脾胃
(ひい)
脾胃は名前のように脾臓と胃を述べているのではなく、胃、すい臓、腸などの
消化器系臓器全般を指します。

脾胃の役割は飲食物を消化分解して「(エネルギー)」と「」に変え、
身体全体に巡らせるのが脾胃の役割です。

脾胃の機能が低下すると気の供給が滞り、水が体内に停滞し、冷え、下痢、
水毒
などの症状が現れます。
痺痿
(ひい)
痺痿風痺寒痺湿痺のバランスが崩れた時に診られる症状全般をこう
言います。

風痺、寒痺、湿痺のバランスが崩れた時に診られる症状は痛み、まひ、しびれ、
熱感、冷え、湿気などの症状が診られます。
脾胃論
(ひいろん)
脾胃論李杲(別名で李東垣)が書いた書物で、
冷えのぼせ
(ひえのぼせ)
冷えのぼせは気逆症状の人で「」が下半身に流れなくなり、そして「気」と
共に「」の流れも悪くなり、上半身、特に頭部にのぼせ、頭痛、ほてり等の
症状が現れます。
しかし下半身は頭部と反対に冷え症、痛みを伴う冷え、頻尿などが診られます。

冷えのぼせに良く用いられる漢方処方は加味逍遙散です。

参考・・・「冷えのぼせ」の別名で「のぼせ冷え」、「上熱下寒」とも言われます。
鼻淵
(びえん)
鼻淵は副鼻腔炎、別名で蓄膿症をこう言います。

参考・・・蓄膿症は鼻淵の他に「脳漏」とも言われます。
脾気
(ひき)
脾気は胃の消化力を指します。

脾気が低下すれば消化力が低下します。この場合に用いられる漢方処方は
六君子湯、四君子湯、人参湯などの人参が配合された漢方処方が用いられます。
脾虚
(ひきょ)
痺症
(ひしょう)
痺症外邪(寒、湿、熱)が原因で気、血の流れが悪くなったり、停滞したりして
筋肉、関節の痛み、だるさ、しびれ等の症状が診られる病気を指します。
(病名では関節痛、神経痛、リウマチなど)

参考・・・痺症は別名で痺病とも呼ばれます。
痺病
(ひびょう)
痺病外邪(寒、湿、熱)が原因で気、血の流れが悪くなったり、停滞したりして
筋肉、関節の痛み、だるさ、しびれ等の症状が診られる病気を指します。

痺病は別名で痺症とも呼ばれます。
微(脈)
(びみゃく)
微脈は名前の通りかすかに脈拍を感じる脈です。
微脈は細脈(小脈)よりも判りにくく、傷寒論では少陰病期に、診られると記載
されています。

参考・・・傷寒論少陰病篇に「少陰之為病、脈微細、但欲寐也。」

参考・・・同じく傷寒論、辨脈で
「問曰 脈有陰陽、何謂也? 答曰 凡脈大浮数動滑、此名陽也。
脈沈渋弱弦微、此名陰也。」

「脈に陰証、陽証がありますか? 脈には、動、があり、全て陽也。
脈で、渋、弱、弦、微は全て陰也。」と記載されています。

余談・・・この脈は傷寒論に記載され、傷寒論を用いるときの脈であって鍼灸で
      用いる脈とは別である。
百合病
(びゃくごうびょう)
百合病
白虎風
(びゃっこふう)
白虎風は

(ひょう)
素問によればウイルス感染が原因の熱や悪寒、急に身体が痛みだした、
痒みが発症したなどの急性病を指します。
標の治療には標治法を用います。

参考・・・素問には
「治病必求干本」

「病気を治療するには本(病気の根源)を探して治療しなさい。」と記載されています。

(ひょう)
表は皮膚、筋肉、神経などの皮膚に近い部分を言います。
表寒
(ひょうかん)
表寒は表に寒があり寒が原因で身体痛、関節痛、頭痛、身体の冷えなどの症状
が見られます。

表寒には麻黄、附子、細辛など温剤熱剤が用いられます。
漢方処方では温剤熱剤が配合された麻黄附子細辛湯、麻黄附子甘草湯、
麻黄湯などが用いられます。
表虚
(ひょうきょ)
表虚太陽病表証が見られるが、肉体的には虚証の場合が多いです。
表虚の症状は発熱、悪風、発汗、浮脈などが診られます。

表虚の場合は桂枝湯が用いられます。

参考・・・表虚の反対は表実です。
表実
(ひょうじつ)
表実は太陽病で表証が見られ、肉体的に実証の場合が多いです。
表実の症状は発熱、悪寒、関節痛、無汗、浮脈などが見られます。

表実の場合は麻黄湯、葛根湯などの発汗剤が用いられます。

参考・・・表実の反対は表虚です。
病邪
(びょうじゃ)
病邪は病気の原因となるもの(ウイルス、ストレス、肉体疲労、不摂生など)
を総じてこう言います。

病邪と呼ばれるものは3種類あります。
まずはウイルス、暑さ、寒さ、湿度などの自然界からの病邪(外邪)を外因
表証
(ひょうしょう)
表証は感染初期、つまり病邪が体表にある状態で病邪が原因の悪寒、発熱、
悪風、頭痛、身体痛、浮脈等の症状が診られる状態を指します。

表証には麻黄湯、桂枝湯、葛根湯などの発汗作用のある汗法を用います。

参考・・・表証は太陽病によく診られる症状です。
標治法
(ひょうちほう)
標治法は基本的な漢方治療方法の一つで、風邪、熱病、感染症、身体の痒み、
身体の痛みなどの病気の初期症状をを汗吐下和温法を用いたり、針灸などを
用いて素早く取り除く治療方法をこう言います。

参考・・・標治法の反対は本治法です。

仮に慢性病を治療している時(本治法)に急性病に感染した場合は、まず急性病
を先に治療し次に慢性病を治療します。

参考・・・素問
「急則治、緩則治。」
「症状がひどい場合や痛みや痒み、苦しみに耐えられない場合は標を治療し、
症状が軽い、痛みや痒み、苦しみを余り苦に思わない場合は本を治療します。」

参考・・・金匱要略 臓腑経絡先後病に
「夫病痼疾加以卒病、当先治其卒病、後乃治其痼疾也。 」

「慢性病の治療中に急性病を患った時は、先に急性病を治療し、その後に
慢性病を治療しなさい。」と記載されています。
標本同治
(ひょうほんどうち)
標本同治は痒み、痛み、高熱、悪寒などの病気の初期症状を改善する対症療法
である標治法と慢性疾患改善や病気の再発予防を目的とする体質、症状改善治療
方法を本治法と言い、標本同治は標治法と本治法を同時に行い病気の軽減や
病気の根治と体質改善の両方を取り組む漢方処方や漢方治療をこう言います。

漢方薬の多くは標本同治を得意とします。
表裏
(ひょうり)
表裏は病邪の症状が皮膚や筋肉などの表面や表面に近い部分に現れるか、
内臓や消化器官などの体内の裏側に現れるかを表現している言葉です。
牝瘧
(びんぎゃく)
牝瘧大塚敬節先生の書物によれば「牝瘧は悪寒が強くて熱感がないか、
熱感の少ない場合を言います。」と記載されています。

参考・・・寒瘧は牝瘧と同じ症状を言います。
ふ行

(ふう)
は病邪(ウイルスなど)を含んだ風を言います。風に感染すると表証の症状が
出てきます。
風寒
(ふうかん)
風寒風邪寒邪が結合した邪気を言います。

風寒の症状は発熱、悪寒、咽頭痛、鼻水、鼻づまり等の症状が診られます。

風寒に用いられる生薬は麻黄、細辛、附子、桂枝、当帰などの温剤熱剤
用います。
漢方処方は温剤、熱剤配合の桂枝湯、麻黄湯、麻黄附子細辛湯、葛根湯など
が用いられます。

参考・・・風寒の他に風邪と結合をして出来る邪気は「風熱」、「風湿」、「燥熱
があります。
風湿
(ふうしつ)
風湿風邪湿邪が結合した邪気を言います。

風湿の症状は発熱、口乾、頭痛、頭重、咳、痰、倦怠感、舌苔、食欲不振、
腹痛、下痢、軟便などの風邪症状と関節痛、しびれ、関節炎、リウマチなどの
骨、筋肉症状と皮膚病の皮膚症状が診られます。

風湿に用いられる生薬は半夏、茯苓、人参、カッ香(※)、生姜、沢瀉、防己など
の生薬を用います。(※カッ=くさかんむり+霍)

漢方処方は胃腸に障害があれば平胃散、六君子湯、カッ香正気散安中散
五苓散などが用いら、胃腸障害が無ければ麻杏ヨク甘湯、麻黄加朮湯、
ヨク苡仁湯が用いられます。

参考・・・風湿の他に風邪と結合をして出来る邪気は「風寒」、「風熱」、「燥熱
があります。
風邪
(ふうじゃ)
風邪は外邪(インフルエンザや風邪ウイルスなど)を含んだ邪悪な空気を
こう言います。
風邪は名前の通りすばやく身体に取り込み、色々な症状を起こします。
症状は一般的な風邪の症状(発熱、悪寒、頭痛、咽頭痛、咳、鼻水、くしゃみ、
鼻づまり)等が診られます。
一般的には風邪(ふうじゃ)は風邪(かぜ)とも言います。

風邪の他にも「寒邪」、「暑邪」、「湿邪」、「燥邪」、「火邪」、「疫癘」などがあり、
総じて「邪気」、「六淫」、「外邪」と呼ばれています。

参考・・・風邪が「寒邪」、「湿邪」、「燥邪」、「火邪」等と言われる邪気と結合する
と「風寒」、「風湿」、「風熱」、「燥熱」と言われる邪気に変わります。
風水
(ふうすい)
風水は風(感冒、インフルエンザなどのウイルスを含んだ病邪)に感染し、
表証に浮腫を伴った症状を言います。   
風痰
(ふうたん)
風痰の「風」は外邪を意味し「痰」は痰飲を意味し、風と痰が絡み合った症状を
言います。
風痰の症状は頭痛、めまい、頭重などが診られます。
風毒
(ふうどく)
風毒
風熱
(ふうねつ)
風熱風邪熱邪火邪)が結合した邪気を言います。

風熱の症状は高熱(身熱)、口渇咳嗽湿咳)、咽頭痛、鼻水、鼻づまり、
粘り気があって切れにくい痰等の症状が診られます。

風熱に用いられる生薬は石膏、大黄、山梔子などの寒剤を用います。
漢方処方は寒剤配合の白虎湯、大承気湯、黄連解毒湯、梔子柏皮湯などが
用いられます。

参考・・・風熱の他に風邪と結合をして出来る邪気は「風寒」、「風湿」、「燥熱
があります。
風熱壅盛
(ふうねつようじょう)
風熱壅盛は風熱が行き場を失い、停滞、うっ滞している症状を言います。
風熱壅盛の症状は高熱(身熱)、口渇咳嗽湿咳)、咽頭痛、鼻水、鼻づまり、
粘り気があって切れにくい痰等の症状が診られます。

風熱に用いられる生薬は石膏、大黄、山梔子などの寒剤を用います。
漢方処方は寒剤配合の白虎湯、大承気湯、黄連解毒湯、梔子柏皮湯などが
用いられます。
風痺
(ふうひ)
風痺は(参考)・・・素問 痺論篇
「風寒濕三氣雜至、合而爲痺也。其風氣勝者、爲行痺。」
「痺は風、寒、湿3種類の気が交じり合って起こる物です。その中で風が勝っている
場合に行痺が診られます。」と記載されており、風痺の特徴は名前の如く痛みや
痺れが風のように移動するのが特徴です。
風痺に用いられる漢方処方は葛根湯、大防風湯、烏薬順気散、八味丸などが
よく用いられます。

痺論には風痺の他に寒痺湿痺が記載されています。

風痺は別名で行痺とも呼ばれます。
浮緊(脈)
(ふきんみゃく)
浮緊脈は指を触れるだけで力強さと躍動感を感じる脈を言います。
この脈は表実証で病邪が内部に進行しようとしている時に見られます。

参考・・・浮緊(脈)の反対が沈緊(脈)です。

余談・・・この脈は傷寒論に記載され、傷寒論を用いるときの脈であって鍼灸で
      用いる脈とは別である。
福井楓亭
(ふくいふうてい)
腹診
(ふくしん)
腹診は患者を仰向けに寝かせて腹部に力を入れずにリラックスさせてから腹証の
具合を診療する方法です。

腹診で調べるのは
@腹壁が厚いか薄いか
A腹部の弾力感の有無、腹部の張りの有無、
B腹部を圧した時の痛みの有無と痛みの場所
C腹水音の有無
などの症状があるか無いかを調べて、それを考慮して処方を決めます。

腹診を調べる場所は色々な名称で呼ばれています。
代表的な名称は
@胸脇苦満
A心下痞硬
B心下痞満
C腹皮拘急 
D小腹拘急
E小腹不仁
F小腹急結
G小腹硬満
H心下悸
I蠕動不穏
J正中芯
などがあります。

余談・・・腹診は日本で進歩したと言われます。江戸時代に活躍した漢方医の
吉益東洞は「目に見えないものについては言わない。」と言い腹診を重要視した
一人です。

漢方医学が生まれた古代中国では腹診が行われていましたが、やがて儒教が
普及していくと「同性、異性の身体を余り触れてはいけない。」と言う教えと
「腹部を触らないと漢方処方を決められない医者は腕が悪い。外見と脈診で
決めるのが名医である。」と言う考えが普通になり、腹診は廃れていきました。

日本でも儒教の教えで腹診も遠慮されてきた時期もありましたが、「念には念を」
の考えと「誤診はだめだ。」と言う考え主流になって日本で実用的な腹診が
発展しました。

NHKで放映中の「チャングムの誓い」でも儒教の教えで「女性が医師の前で肌を
見せたり、肌を触れさせるのは恥である。」と言う台詞があります。

参考・・・腹診は医師法により素人、薬剤師は出来ない治療行為です。
腹中雷鳴(腹鳴)
(ふくちゅうらいめい)
腹中雷鳴(腹鳴)はお腹がゴロゴロと鳴る症状です。
参考・・・傷寒論 太陽病下篇に
「傷寒、汗出解之後、胃中不和、心下痞硬、乾噫食臭、脇下有水氣、
腹中雷鳴、下利者、生薑瀉心湯主之。」


同じく、傷寒論 太陽病下篇に
「傷寒、中風、醫反下之、其人下利、日數十行、穀不化、腹中雷鳴、心下痞硬
而滿、乾嘔、心煩、不得安、醫見心下痞、謂病不盡、復下之、其痞益甚、
此非結熱、但以胃中虚、客氣上逆、故使硬也、甘草瀉心湯主之。」

と記載されています。
腹中雷鳴があれば、半夏瀉心湯、甘草瀉心湯、生姜瀉心湯などが用いられます。
腹張
(ふくちょう)
腹張は腹が張ることを言います。
腹張は腹満や腹部膨満感の症状を指します。
腹皮拘急
(ふくひこうきゅう)
腹皮拘急は乳房(肋骨)から股間(恥骨)にかけての筋肉、つまり腹直筋の
拘攣
が診られる症状を言います。
腹直筋は左右に有り、左右の拘攣、片方の拘攣、上部の拘攣、下部の拘攣
などの症状が診られます。

腹皮拘急は体力が低下している時に診られる症状です。

腹皮拘急の症状に用いられる生薬は芍薬、甘草が用いられます。
漢方処方は芍薬、甘草配合の小建中湯、桂枝加芍薬湯、芍薬甘草湯、
黄耆建中湯などが用いられます。
他に上腹部の腹直筋に拘攣と胸脇苦満があれば柴胡剤が配合された
柴胡桂枝湯、四逆散が用いられ、気の高ぶりがあれば同じく柴胡剤配合の
抑肝散が用いられます。

参考・・・腹皮拘急は現在の呼び方で昔は裏急と呼んだり、吉益東洞の流派
では二本棒と呼んでいます。
腹満
(ふくまん)
腹満は心下全体や腹部全体に膨満感を感じたり、見た目で腹部全体に張りが
ある腹部膨満感が見られる人を言います。

腹満には実満、虚満があり、実満は腹部膨満感があり、腹部を押すと弾力と
張りがある場合をこう言い、実満は実証に診られます。
実満に用いられる漢方処方は大柴胡湯、防風通聖散、大承気湯、小承気湯など
が用いられます。

虚満も腹部膨満感があるが腹部を押すと弾力と張りが無い場合をこう言い、
虚満は虚証に診られます。
虚満に用いられる漢方処方は桂枝加芍薬湯、小建中湯などが用いられます。

参考・・・中間証の腹満は四逆散が用いられます。
不仁
(ふじん)
不仁は体内の神経障害の為に身体の一部又は全身の感覚が鈍くなったり、
感じなくなったりする知覚麻痺、知覚純麻などの症状を言います。

参考・・・霊枢 刺節眞邪第七十五篇
「留而不去、爲痺。衛氣不行、則爲不仁。」
衛気はとどまりを取らねば痺が起こります。衛氣が巡らなければ即ち不仁が
起こります。」と記載されています。
勿誤薬室方函
(ぶつごやくしつほう
かん)

(ふつごやくしつほう
かん)
勿誤薬室方函は浅田宗伯の著作で、自分の経験処方をまとめた書物です。

余談・・・・「勿誤薬室」は浅田宗伯の薬室名で、意味は「薬を誤らしむること勿れ
(なかれ)」と言う意味です。
勿誤薬室方函口訣
(ぶつごやくしつほう
かんくけつ)
(ふつごやくしつほう
かんくけつ)
勿誤薬室方函口訣浅田宗伯の著作で、自分の臨床経験や古人の経験処方
をまとめて口述した書物です。

余談・・・・「勿誤薬室」は浅田宗伯の薬室名で、その意味は「薬を誤まえる事勿
(なかれ)」と言う意味です。
不内外因
(ふないがいいん)
不内外因は外因、内因にも属さない病邪で、主に人間の不摂生、不養生な生活
を指します。

不内外因の原因は暴飲暴食、偏食、不規則な食事、冷たい、辛い、甘い食事の
取りすぎ、酒の飲みすぎ、セックスのしすぎ、極端な肉体疲労、薬物中毒などが
原因と言われます。

この状態が続けば最初に栄養のバランスが乱れて気・血の流れが悪くなり、
体力低下と共に未病が現れ、やがて病気を発病します。

参考・・・不内外因の他に外因内因があります。

余談・・・外因、内因、不内外因の言葉を最初に使ったのは南宋時代に
活躍した漢方医の陳言です。

陳言は病気の原因(外因、内因、不内外因)を脈診から突き止めて治療を
行いました。
この事については陳言の有名な著作物に「三因極一病証方論」(別名 三因方)
に詳しく解説されています。
不寐
(ふび)
不寐は現代風に言い換えれば不眠に当たります。
浮(脈)
ふ(みゃく)
浮脈は指を軽く押すだけで指先に脈診を感じる脈を言います。

この脈は病邪が三陽病期或いは病邪が表証に潜在している時に見られます。
この脈に力強さを感じれば表実の脈です。
力強さを感じなければ表虚の脈です。

参考・・・浮脈の反対は沈脈です。

参考・・・傷寒論、辨脈で
「問曰 脈有陰陽、何謂也? 答曰 凡脈大浮数動滑、此名陽也。
脈沈渋弱弦微、此名陰也。」

「脈に陰証、陽証がありますか? 脈には、動、があり
これら全て陽証の脈です。他に、渋、弱、弦、の脈がありこれらは
全て陰証の脈です。」と記載されています。

余談・・・浮脈を体験したい時は飲酒した時や入浴中に現れます。
趺陽(脈)
(ふようみゃく)
趺陽(脈)は脾胃の気が通る脈です。
古血
(ふるち)
古血はは正常に流れているはずの血液や体液が、何らかの障害により停滞
している状態を言います。

古血を確認するにはおへそ又はおへその周囲を指で軽く押すと、抵抗と圧迫痛
などがあれば古血症状と考えられます。
この古血が診られる場所を小腹硬満と言います。

古血の症状は口渇、肌荒れ、各種神経症状、月経異常、便秘、身体のほてり、
眩暈、下肢静脈瘤、うっ血などがあります。
又、打ち身、捻挫による皮下出血も古血症状になります。

古血症状の改善薬として実証から中間証では桃仁、牡丹皮、大黄などが配合
された桂枝茯苓丸、桃核承気湯、大黄牡丹皮湯、通導散などが用いられます。

古血の症状で虚証の場合は当帰、川キュウが配合された温経湯、四物湯、
当帰芍薬散などが用いられます。

参考・・・古血は別名でお血とも言われます。
聞診
(ぶんしん)
聞診は患者の健康状態(声の大きさ、声の力強さ、譫語咳嗽や呼吸音、
喘鳴、口臭、体臭、腹部音(胃内停水腹中雷鳴)などを見極め、治療方針を
決まることを言います。

参考・・・聞診の他に望診問診切診と呼ばれる診察があり、これらを総じて
四診と言われます。
へ行
閉蔵
(へいぞう)
閉蔵素問 四氣調神大論によれば
冬三月、此謂閉藏、水冰地サク(※)、無擾乎陽、早臥晩起、必待日光、
使志若伏若匿、若有私意、若已有得、去寒就温、無泄皮膚、使氣亟奪、
此冬氣之應、養藏之道也、
逆之則傷腎、春爲痿厥、奉生者少。(※サク=土+斥)

「逆冬氣、則少陰不藏、腎氣獨沈。」
「冬の3ヶ月(11月、12月、1月)を閉蔵と言う。
水は凍り地面は裂け、太陽光にも力がありません。
この時期は日の入りと共に眠り、朝は遅く起きます。その時必ず日光を待ちましょう。
この時期は身体を伏せたり隠すようにして寒さをしのぎ、汗をかいたり、気を使う
ような事をせずに冬気(冬の息吹)を感じながら過ごせば蔵を養う方法です。
冬の養生を怠れば腎を傷めて春に痿厥が起こります。
春を奉ずる者は少ないです。」

「冬の気を逆らう者は少陰が「閉蔵」と言う機能を発揮せずに、腎の気が濁って
沈みます。」と記載されています。

閉蔵の名前の由来である「閉」は「閉じる、閉める」という意味があり「蔵」には
「大切な物を保管する場所、隠す場所」と言う意味があり、閉蔵は陽気や衛気を
体内深くに貯蔵する時期をこう言います。

冬は集めた陽気を体内深くに貯蔵する時期で汗をかくほどの労働や運動は控えて
冬眠をする動物のようにじっとしておくのが得策です。

参考・・・閉蔵は冬の心身調和方法を書いてますが、春の心身調和方法は発陳
夏の心身調和方法は蕃秀、秋の心身調和方法は容平と言います。
併病
(へいびょう)
併病はまだ完治していない症状に他の病気が発症することを言います。
この場合漢方では新しい病気から治療を行います。
平薬
(へいやく)
平薬温薬寒薬にも属さない生薬を言います。

平薬は温薬や寒薬より種類が多く、代表的なものは阿膠、葛根、甘草、
酸棗仁、猪苓、桃仁などがあります。
僻嚢
(へきのう)
僻嚢は胃拡張、胃下垂などの胃内停水が原因の病気を指します。

僻嚢の用いられる漢方処方は健胃と滋養強壮作用のある人参と、利尿作用と
胃内停水解消作用のある茯苓、朮を組み合わせた四君子湯、人参湯、六君子湯、
真武湯、茯苓飲などが用いられます。
偏枯
(へんこ)
偏枯は半身不随をこう言います。

余談・・・古代中国の伝説の帝で夏王朝の創始者と言われる「禹」は治水工事で
肉体を酷使した為に半身不随になり、後世の人が「禹は偏枯なり」と言いました。
扁鵲
(へんじゃく)
扁鵲(?生まれ〜紀元前350年没? たぶん)
扁鵲は古代中国の書籍の「韓非子」や「史記」などの多くの古典に記載されいる
人物で、一番詳しく紹介されている「史記」を中心に記載してみます。
(史記の記述が本当とすれば扁鵲は間違いなく仙人である。)
史記 「扁鵲倉公伝」より
扁鵲者。勃海郡(バク※1)人也。姓秦氏。名越人。少時爲人舎長。舍客長桑君過。
扁鵲獨奇之。常謹遇之。長桑君亦知扁鵲非常人也。出入十餘年。乃呼扁鵲私坐。
間與語日。我有禁方。年老。欲傳與公。公毋泄。
扁鵲日。敬諾。乃出其懷中藥予扁鵲。飮是以上池之水。三十日。當知物矣。
乃悉取其禁方書。盡與扁鵲。忽然不見。殆非人也。扁鵲以其言飮藥三十日。
視見垣一方人。以此視病。盡見五藏(チョウ※2)結。
特以診脉爲名耳。爲醫或在済。或在趙。在趙者。名扁鵲。
(※1 バク=莫+おおざと)
(※2 チョウ=ヤマイダレ+微)

「扁鵲は勃海郡生まれのバク(※1)人で、本名として姓は秦、名は越人と言います。
若い頃に舎(今で言うホテル)の管理人をしており、その舎に長桑君が泊まりに
来ました。扁鵲は長桑君を一目を置く人物と思い、丁重に扱いました。長桑君も扁鵲
が只者ではないと思っていました。

それから十余年の時が過ぎて長桑君が扁鵲を呼び、「私の手元に秘術が書かれた
医学書がある。私は年老いたので君に伝授したいと思う。」と言いました。
扁鵲は「謹んでお受けいたします。」と答えました。

長桑君は懐より薬を取り出し、「この水を飲みなさい。30日経てば色々な物を知ること
が出来るであろう。」と言い書物と一緒に手渡されました。やがて長桑君は姿を
消しましたが、とても人間とは思えませんでした。

扁鵲は長桑君の言葉通り薬を飲んでから30日たつと垣根の向こうが見えるように
なりました。扁鵲はこの術のおかげで五臓の病気を早期発見することが出来るよう
になりました。特に脈診には秀でておりました。
扁鵲は斉に住んだり、趙に住んだりしました。趙に滞在している時に趙の人々は
彼のことを「扁鵲」と呼びました。」

扁鵲が仙人であった
証拠その@・・・扁鵲の名前が史記の出てくるのが紀元前650年頃で扁鵲が暗殺
させたのが紀元前350年になっており、この記事だけでも彼は300年近く生きた事
になります。

証拠そのA・・・扁鵲が長桑君より授かった薬を飲んで、透視能力が身についたと
書かれています。

証拠そのB・・・死者を甦らしたり、人の死期を言い当てたりすることが書かれて
います。

最後に真面目に書きますが、史記によれば扁鵲はある地域に行けば婦人科専門医
になり、別の地域に行けば老人専門医になり、別の地域に行けば小児科専門医に
なったりしており、当時から専門医がいたことが判ります。
彼は脈診、針治療を行った事が書かれており、特に針治療のバイブル的な書物で
ある「難経八十一難」を編纂したといわれています。

余談・・・先日、読売新聞を読んでいましたら「扁鵲」の記事がありましたので載せて
おきます。
2007年8月8日 読売新聞 「編集手帳」より
古代中国の伝統的な名医に扁鵲がいる。魏の文候が尋ねた。「お前には医者の兄が
二人いるが、誰が一番かね」。扁鵲は答えた
「長兄は兆候の表れぬうちに病根を取り除くので、名前は家の外には知られて
いない。
次兄は兆候わずかのうちに治すので一地方でしか知られていない。
私なんぞ手術や投薬で派手に治療するので、「名、諸侯に及ぶ」のです、と明治期の
評論家、巌本善治はみずから編んだ「海舟座談」の序文にこの故事を引いている。

感想・・・扁鵲は透視能力持っており、これだけでもすごいのに扁鵲より上をいく兄達
がいるとは恐れ入りました。

参考・・・張仲景が書いた傷寒論 序文にも扁鵲の事が書かれています。
便毒
(べんどく)
便毒は2種類の意味があります。
@・・・便毒は腸内に停滞した便が腐敗、発酵しガスと軟便に変化した物を便毒
    と言います。
    便毒はにきび、吹き出物などのお肌のトラブルや小腸、大腸に悪影響を
    与えます。

A・・・便毒は梅毒などの性病に感染した男性、女性の両足の太もものリンパ節
    に炎症が診られる症状をこう言います。

参考・・・性病の便毒は別名で横根又は横痃とも言われます。
ほ行
補陰剤
(ほいんざい)
補陰剤は老化、大病が原因で体内の陰気、水分、血液が不足し、体内で陽気が
旺盛になっている状態をこう言います。

補陰剤として用いられる生薬は人参、地黄等があり、これらを含む漢方処方は
八味丸、六味丸、滋陰降火湯、麦門冬湯、四物湯、温清飲などが用いられます。
方技
(ほうぎ)
方技は現代語で医学と言う意味です。
亡血
(ぼうけつ)
亡血は出血が原因の貧血症状を指します。
亡血に用いられる生薬は艾葉、地黄、当帰が用いられます。
漢方処方はこれらを配合したキュウ(※)帰膠艾湯、温清飲、四物湯などが
用いられます。(※キュウ=くさかんむり+弓)

参考・・・亡血に診られる貧血症状を別名で黄胖血虚と言います。
暴眩
(ぼうげん)
暴眩はめまいと同じ意味です。
暴眩の症状は眩暈の症状とよく似ており、目がクルクル回る、頭がぼんやり
する、立ちくらみなどが目眩の症状に診られます。

参考・・・暴眩は別名で眩量(げんうん)、目眩とも言います。
房事
(ぼうじ)
房事はセックス、性行為を指します。

参考・・・房事は別名でねやごととも言います。
方術
(ほうじゅつ)
方術は医療を極めた人物、すなわち現代風に言えば医師を指します。

参考・・・昔の方術は不老不死の薬の開発や易占で病気を治療する人物も
こう呼ばれていました。
方証相対
(ほうしょうそうたい)
方証相対は随証治療によって決めたと、それに適応すると思われる
漢方処方がうまくかみ合って、よい結果が見られた場合をこう言います。
望診
(ぼうしん)
望診は患者の健康状態(顔の色艶、体格、体形、体質、血色、陰陽、虚実、
舌の色、舌の艶、舌の苔、患者の動作、言語、皮膚の色艶、爪の色、目つきなど)
を見極め、治療方針を決まることを言います。

参考・・・望診の他に聞診問診切診と呼ばれる診察があり、これらを総じて
四診と言われます。
疱瘡
(ほうそう)
疱瘡は天然痘の昔の呼び名です。
参考・・・疱瘡は別名で「痘瘡」、「もがさ」、「いもがさ」とも言われます。

余談・・・奈良時代の貴族である藤原不比等の4人の息子(藤原四兄弟)は疱瘡が
原因で病死しています。他にNHKの大河ドラマ「独眼竜正宗」で有名な伊達政宗も
幼い頃に疱瘡を発症し右目を失明しています。
崩中
(ほうちゅう)
崩中は子宮出血、激しい子宮出血を指します。
崩中の「崩」は多くの出血、急激な出血を意味します。

参考・・・崩中と同じ意味で漏下崩漏があります。
方読弁解
(ほうどくべんかい)
方読弁解
膨満感
(ぼうまんかん)
膨満感は腹部が膨張、又は腹部に張りを感じる状態を言います。
胞門
(ほうもん)
胞門は子宮を指します。

参考・・・胞門は別名で子戸とも言われます。
方輿ゲイ(車+兒)
(ほうよげい)
方輿ゲイ有持桂里の著作書で江戸時代後期の文政から嘉永年間に書かれ、
有持桂里が属した折衷派の立場からの古方の良い部分と後世方の良い部分を
組み合わせ、処方の解説と疾病の治療に役立っています。

余談・・・方輿ゲイの方輿とは薬を乗せる車を意味します。
崩漏
(ほうろう)
崩漏には2種類の意味があります。
@・・・激しい子宮出血をこう言います。
A・・・子宮ガンをこう言います。
崩漏の「崩」は多くの出血、急激な出血を意味します。
崩漏の「漏」は少量だがダラダラと出血続く事を意味します。

参考・・・崩漏とよく似た症状で崩中漏下があります。
崩漏は別名で崩漏下とも言われます。
補益剤
(ほえきざい)
補益剤は気力、体力が低下した虚証の人に滋養強壮作用、免疫力強化作用
を与える生薬、漢方処方をこう言います。

絵益剤と言われる生薬は人参、地黄、当帰、芍薬などがこう言われます。

漢方処方では上記の生薬を配合した補中益気湯、十全大補湯、人参養栄湯、
人参湯、四君子湯、六君子湯などが補益剤と言われます。
補益法
(ほえきほう)
補益法は気力、体力が低下した虚証の人に補益剤を用いて滋養強壮作用、
免疫力強化作用を与える治療方法をこう言います。

参考・・・補益法は別名で補法とも言われます。
補気剤
(ほきざい)
補気剤気虚の症状を改善する生薬、漢方処方をこう言います。

補気剤と呼ばれるも生薬は人参、黄耆、白朮、甘草などがこう言われます。

漢方処方では上記の生薬配合の人参湯、四君子湯をベースにした
補中益気湯、六君子湯、加味帰脾湯などが補気剤と呼ばれます。
補気薬
(ほきやく)
補気薬気虚の症状を改善する生薬、漢方処方をこう言います。

補気剤と呼ばれるも生薬は人参、黄耆、白朮、甘草などがこう言われます。

漢方処方では上記の生薬配合の人参湯、四君子湯をベースにした
補中益気湯、六君子湯、加味帰脾湯などが補気剤と呼ばれます。
牡瘧
(ぼぎゃく)
牡瘧大塚敬節先生の書物によれば「牡瘧は熱感が強くて悪寒がないか、
悪寒の少ない場合を言います。」と記載されています。

参考・・・温瘧タン瘧は牡瘧と同じ症状を言います。
撲損
(ぼくそん)
撲損はうちみ、打撲傷を指します。
撲損の症状はオ(※)血の症状とよく似ており、よく用いられる漢方処方は
桂枝茯苓丸、桃核承気湯などがよく用いられます。

(オ(※)血=やまいだれ+於)
補血
(ほけつ)
補血は血を補う(増血)事をいいます。
生薬で補血作用のあるのは地黄(熟地黄)、当帰、何首烏、阿膠などで、これら生薬
に補血作用があります。

補血作用のある漢方処方は四物湯、十全大補湯、当帰飲子、温清飲、人参養栄湯、
キュウ帰膠艾湯、七物降下湯、疎経活血湯などがあります。
補血剤
(ほけつざい)
補血剤は血を補う(増血)漢方処方をいいます。
生薬で補血作用のあるのは地黄(熟地黄)、当帰、何首烏、阿膠などで、これら生薬
が配合された漢方処方は四物湯、十全大補湯、当帰飲子、温清飲、人参養栄湯、
キュウ帰膠艾湯、七物降下湯、疎経活血湯などがあります。
補剤
(ほざい)
補剤は大病後、手術後又は慢性病などが原因で気力、体力が非常に低下した
人に気力、体力を補い自然治癒力を高める漢方処方や生薬を指します。

代表的な生薬は地黄、人参、黄耆、大棗などが代表的な生薬です。
代表的な漢方処方は人参養栄湯、六君子湯、補中益気湯、十全大補湯、
四君子湯、大防風湯などが代表的な漢方処方です。

参考・・・補剤の反対は瀉剤(別名で攻撃剤)です。
補剤は低下した体力を回復させるのが目的ですが、瀉剤は体力がある時に
病邪を体外に取り除くのが目的です。

難経 第六十九難に
虚者補之。實者瀉之。不虚不實以經取之。」

「虚する者は補し、実する者は瀉し、虚にも実にも属さない者は虚になっている
場所を経で補いなさい。」と記載されています。
補腎剤
(ほじんざい)
補腎剤は人間が老いる原因として挙げられるのは腎虚です。
補腎剤はその腎虚の症状の改善薬をこう言います。

補腎剤と言われる生薬は地黄、山薬、山茱萸、午膝などが補腎剤と言われます。
漢方処方では上記の生薬配合の六味地黄丸、八味地黄丸、午車腎気丸などが
用いられます。
発赤
(ほっせき)
発赤は患部が赤くなり炎症や充血を伴っている状態をこう言います。
発赤が診られる場所は目、歯茎、皮膚などによく診られます。
発熱
(ほつねつ)
発熱傷寒論では体表に現れた熱を発熱と言います。

傷寒論では発熱、悪寒を伴う熱は太陽病の熱と言い、寒熱往来を伴う熱は
少陽病
の熱、高熱、熱臭のある汗の場合は陽明病と分けられています。
補土派
(ほどは)
補土派
補脾剤
(ほひざい)
補脾剤は五臓六腑の五臓の一つのの機能を高める生薬、漢方薬をこう言います。
補脾剤と言われる生薬は白朮、人参、山薬、枸杞子などがあります。

漢方処方として補中益気湯、六君子湯、人参湯、人参養栄湯、半夏白朮天麻湯など
があります。
補法
(ほほう)
補法は気力、体力が低下した虚証の人に補益剤を用いて滋養強壮作用、
免疫力強化作用を与える治療方法をこう言います。

参考・・・補法は別名で補益法とも言われます。
補陽剤
(ほようざい)
補陽剤

(ほん)
素問によれば病気の根源つまり病気の原因、慢性病を指します。
本の治療には本治法を用います。

参考・・・素問には
「治病必求干本」

「病気を治療するには本(病気の根源)を探して治療しなさい。」と記載されています。
反胃
(ほんい)
反胃は胃機能低下、胃拡張、胃がんなどの症状を指します。
本草綱目
(ほんぞうこうもく)
本草綱目
本治法
(ほんちほう)
本治法は漢方治療方法の一つで、患者が長期にわたって患っている慢性病を
治療する為に基礎体力、自然治癒力を高めて体質や症状の改善を行う治療方法
です。

本治法が用いられる病状はアトピー、鼻炎、喘息などの各種アレルギー症状、
高血圧、糖尿病、心臓病、肥満、胃弱体質、虚弱体質、不眠、不安、イライラ、
更年期、眩暈などの各種成人病や神経症状などがあります。

参考・・・本治法の反対は標治法です。

仮に慢性病を治療(本治法)時に急性病(ウイルス感染、身体の痛みや痒み)に
感染したり、症状が現れた場合は先に急性病を治療し、次に慢性病を治療します。

参考・・・素問
「急則治、緩則治。」
「症状がひどい場合や痛みや痒み、苦しみに耐えられない場合は標を治療し、
症状が軽い、痛みや痒み、苦しみを余り苦に思わない場合は本を治療します。」

金匱要略 臓腑経絡先後病に
「夫病痼疾加以卒病、当先治其卒病、後乃治其痼疾也。 」

「慢性病の治療中に急性病を患った時は、先に急性病を治療し、その後に
慢性病を治療しなさい。」と記載されています。
本朝経験
(ほんちょう
けいけんほう)
本朝経験方は傷寒論、金匱要略などに記載されている漢方処方とは異なり、
先人の日本人漢方医が作り出した日本オリジナルの漢方処方をこう言います。

本朝経験方として用いられている処方は
大塚敬節先生が作った処方・・・七物降下湯

浅田宗伯先生が作った処方・・・九味檳榔湯、女神散

原南陽先生が作った処方・・・・・甲字湯、乙字湯

華岡青洲先生が作った処方・・・十味敗毒湯、紫雲膏、帰耆建中湯

吉益南涯先生が作った処方・・・芍甘黄辛附湯

森道伯先生が作った処方・・・・・柴胡疎肝湯、柴胡清肝散、竜胆瀉肝湯、
                    荊芥連翹湯

吉益東洞先生が作った処方・・・五物大黄湯、桂枝五物湯、桂枝加朮附湯、
                    桂枝加苓朮附湯

その他・・・・伯州散、騰竜湯、治頭瘡一方、柴陥湯、聯珠飲、紫根牡蠣湯
などがあります。
奔豚
(ほんとん)
奔豚を直訳すると「豚が走り回る」と言う意味で、医学的に述べればヒステリー、
自律神経症状、更年期障害の人が驚きや恐怖の刺激を受けた時に体内の
下腹部から上部に向かって動悸や胸苦しさがこみ上げてきて眩暈、恐怖感、
パニック症状、腹痛を訴えるが、病状が治まったらけろっとする症状を
こう言います。

奔豚は金匱要略には「奔豚気病」と書かれております。
金匱要略 奔豚気病脈証并治第八に
師曰:奔豚病、従少腹起、上衝咽喉、発作欲死、復還止、皆従驚恐得之。
「奔豚病は下腹部から何かが上昇して胸、咽喉を突き今にも死にそうな
発作が起こる。その発作が治まると普通に戻る。これは驚き、恐怖が原因
である。」と記載されています。

奔豚は気逆症状と水毒症状に属し、奔豚に用いられる漢方処方は奔豚湯
の他に苓桂甘棗湯が用いられます。

参考・・・奔豚は別名で腎積とも言われます。
Copyright(C)2004 yanagidou All Rights Reserved.