薬用植物・生薬・薬草・健康茶 益母草 やくもそう ヤクモソウ メハジキについて やなぎ堂薬局
メハジキ 花
目弾 メハジキ 花
メハジキ 全草 
種子
メハジキ 全草 種子
益母草 全草 刻み
益母草 全草 刻み
益母草 ヤクモソウ メハジキ
和名
目弾 目弾き メハジキ めはじき
生薬名
益母草 やくもそう ヤクモソウ
学名
Leonurus sibiricus
分布
目弾き(めはじき)はメハジキ属ーしそ科の植物で本州から九州、沖縄の
日本各地や朝鮮半島から中国などの温帯地方に分布し、生息場所として
野原や日当たりの良い場所に自生している植物です。

メハジキは日本では昔から愛されていた植物で、奈良時代の歌集の
万葉集に目弾きを歌の題として詠んでおります。

万葉集ではメハジキを土針(つちはり)と詠んでおり、何故土針がメハジキ
である理由として、ある地方ではメハジキを「つちうり」、「つちばれ」、
「ちちはり」などと呼ぶ場所があり、土針(つちはり)と地方の呼び方が似て
いるのでこの説が有力です。

参考・・・万葉集に載せられている土針(めはじき)の句
「わが屋前に生ふる土針心ゆも想はぬ人の衣に摺らゆな」詠み人不明

メハジキの名前の由来は子供がメハジキの茎を短く切ってまぶたの間に
はさんで目から弾いて遊んだ事からこの名前がつけられたと思われます。

ちなみに生薬名の益母草(やくもそう)の名前の由来と意味として生薬名
の益母草を分解してみると「母に利益をもたらす草」と言うになり、昔から
産後の女性、不妊に悩む女性、月経に悩む女性など色々な婦人病に効果
のある植物です。

参考・・・欧米にメハジキの近縁種があり、その植物を欧米では「Mother wort
マザーワート(母の草)」と言い、益母草と同じ用途で用います。
特徴・形態
メハジキの特徴として2年草で草丈は50センチメートルから150センチ
メートルぐらいの高さで主に野原や道端などの日当たりの良い場所に
自生している植物です。

茎は直立しており、茎の形は四角形で産毛のような細い毛が密生して
おり、毛の色は白色です。茎にはまばらな枝があります。

葉は根又は地下茎から生える根出葉(こんしゅつよう)で、長い柄があり、
形はやや円形でふちに円いきょ歯があります。茎につく葉は対生しており
葉は数片に裂けています。

メハジキの花期は7月から9月に茎の上部に数花づつ集まって咲かせ、
その花が幾つかの層になって咲きます。
花の特徴として淡紅紫の唇形花で、がくは五裂して先が尖った筒状で
、花冠はくちびる形をしています。花に二強雄ずいと一個のめしべがあり、
果実は4個の分果からなっています。

メハジキの採取の時期ですがメハジキの花が見られる7月〜9月に全草を
刈り取り、日干しにして乾燥させます。
この刈り取って乾燥された全草を益母草(ヤクモソウ)と言い、乾燥した
メハジキの種子をジュウ(※1)蔚子・充慰子(じゅういし)と言います。
(※1ジュウ=くさかんむり+充)
成分
メハジキに含まれる成分として全草、特に葉にフラボン配糖体のルチンや
苦味質アルカロイドのレオヌリン、レオヌリヂン、スタキドリンなどや、
ラウリン酸、リノール酸、リノレン酸、オレイン酸、樹脂、塩化カリウムなど
が含まれております。

レオヌリンには降圧、利尿作用があり、苦味質アルカロイドのレオヌリンには
子宮運動促進作用があり、婦人病全般に効果があります。
使用部位
メハジキの全草又は種子
採取時期と管理・保存方法
メハジキの採取の時期ですがメハジキの花が見られる7月〜9月に全草を
刈り取り、日干しにして乾燥させます。
薬効、服用方法
益母草(やくもそう)を煎じて服用するとオ(※1)血を取り除き血液の循環
をよくしたり、利尿、強壮作用を促したりします。
オ血が原因の月経不順、月経痛、産後の止血、つわり、不妊症、腹痛など
を治療します。後、女性ホルモンバランスが崩れて現れる肌荒れ、肌の
かさつきにも効果があると言われます。

益母草の種子のジュウ(※1)蔚子・充慰子(じゅういし)には上記で示した
作用に眼病(そこひ、視力減退)予防、目の疲れ、充血予防、強精作用が
あると言われます。(※1ジュウ=くさかんむり+充)


益母草を煎じる場合は
益母草約5グラムから10グラムを水600ccから800ccの中に入れて
弱火で15分から20分程煎じて1日数回服用します。

ジュウ蔚子・充慰子を煎じる場合は
充慰子約2グラムから5グラムを水600ccから800ccの中に入れて
弱火で15分から20分程煎じて1日数回服用します。

益母草やジュウ蔚子・充慰子の粉末の場合は
益母草やジュウ蔚子・充慰子の粉末を1日1グラムから2グラムを目安に
服用します。

ジュウ蔚子・充慰子の粉末を単独で服用しても良いが、牛乳、
野菜ジュース、スープなどに混ぜて服用しても良いですし、小麦粉と混ぜて
料理に使用されても結構です。

余談・・・王Z(おうとう)が書いた「外台秘要」によると「今から1380年ほど
前の古代中国の唐時代の女帝の則天武后は益母草で毎日洗顔をして
いたら、50歳になっても15歳の少女の肌と変わらなかった。」と書かれて
おり、他の書物によると則天武后が80歳になっても肌は30歳のようだった
と書かれています。(ホンマかいな?)

則天武后の美肌を作り出す元は益母草を原料にした「神仙玉女粉」なる
物であると言われています。
生薬との組み合わせ 
益母草+当帰・・・益母草と当帰を組み合わせることによりオ血症状を
改善し、月経不順、月経痛、産後の止血、不妊症、腹痛などの症状を
緩和します。

益母草+艾葉・・・益母草と艾葉を組み合わせることにより冷えや
冷え性を緩和して冷え性、冷えが原因の婦人病を治療します。

益母草+檳榔子+肉豆ク+甘草・・・益母草と檳榔子と肉豆クと甘草を
組み合わせることにより歯周病予防、歯肉炎予防のうがい薬に
なります。

益母草+丹参+桃仁+紅花・・・益母草と丹参と桃仁と紅花を組み合わせる
と駆オ血薬として生理不順や月経痛、無月経の解消などの作用が期待できます。
 
ヤクモソウを含む漢方処方
キュウ(※1)帰調血飲 万病回春

キュウ(※1)帰補血湯 万病回春
(※1 キュウ=くさかんむり+弓)
参考資料
神農本草経ー上品
ジュウ(※1)蔚子。一名益母。一名益明。一名大札。味辛微温。生池澤。
明目益精。除水氣。久服輕身。莖。治隱軫痒。可作浴湯。

(※1ジュウ=くさかんむり+充)
その他
益母草(やくもそう)の名前の由来と意味として生薬名
の益母草を分解してみると「母に利益をもたらす草」と言うになり、昔から
産後の女性、不妊に悩む女性、月経に悩む女性など色々な婦人病に効果
のある植物です。
参考文献
北驫ルー原色牧野和漢薬草大図鑑
ご相談・ご質問
←こちらをクリック

インターネット販売は実施しておりません。店頭での販売になります。
生薬、薬草のご相談、ご質問は上記のボタンをクリックしてください。

最近お客様より「相談や注文をしたが返信が無い」と御叱りを
いただきます。
当店は当日又は翌日には必ず返信をしております。

もし、2日、3日待ってもご返事がない場合はお手数ですが
もう一度お問い合わせください。必ず返答はいたします。

当店からの返信メールが届かないお客様へ
当店からお客様へ返信したメールがお客様の迷惑メールフォルダにある事例が
多々あります。

「返信が来ない。」と思われたらお客様の迷惑メールフォルダを見てください。

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダにございましたらご面倒ですが
別のアドレスで当店へ返信をお願いします。
生薬・薬草一覧表
←こちらをクリック
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2007 yanagidou All Rights Reserved