天台烏薬 花
天台烏薬 花
天台烏薬 根 
刻み
天台烏薬 根
天台烏薬 てんだいうやく テンダイウヤク
和名
烏薬 うやく ウヤク 天台烏薬 てんだいうやく テンダイウヤク
生薬名
烏薬 うやく ウヤク
学名
Lindera strychnifolia
分布
烏薬(うやく)はクロモジ属ーくすのき科に属する植物で元々は中国が原産ですが日本では近畿地方、
四国、九州地方などで野生化した樹木がよく見られる常緑低木です。


天台烏薬が日本に渡来したのは江戸時代の享保年間と言われます。日本ではそれ以前に
方士(祈祷師、薬剤師、医師、呪術師などをミックスした職業)除福が日本に
持ち込んだと言われる言い伝えがあります。

除福は古代中国の秦の始皇帝の時代の人物で、秦の始皇帝の命により不老不死の薬を探しに日本に
渡来したと言われます。

除福が不老不死の薬と教えたのが「点台烏薬」と言われます。

日本各地に除福伝説があり、その中でも和歌山県新宮市に除福の墓と言われるものがあります。

天台烏薬の名前の由来は中国、浙江省に天台山があり、そこで採れた烏薬は薬効が優れているので、
それにあやかって
「天台烏薬」と言います。
「烏薬」の意味は果実が烏のように黒いので烏薬と言います。
特徴・形態
烏薬の特徴として烏薬は雌雄異株で樹高は約3メートルほどの大きさになり、幹は束生します。

根は木質で根が塊状になって長く伸びます。根の長さは約15センチぐらい、根の幅は約2センチぐらいで
根の外側の色は紫黒色で、根の中は白色をしています。


葉は互生し葉は薄い革質で葉には3本の脈があります。葉の形は広楕円形で、葉の裏は白く、
稀に毛があります。
葉の長さは5センチから8センチぐらいに成長します。
若葉には長柔毛が密生します。


花期は3月から4月で秋に葉の脇から花蕾を付け、花蕾は越冬をし、3月から4月の春に花蕾が淡黄色の
小さな花を多数咲かせます。


液果ですが初めは緑色か赤褐色ですが秋に黒く熟します。

生薬の烏薬は樟脳のような匂いがあります。
成分
烏薬に含まれる成分は精油成分のボルネオール、リンデリン、リンデラン、リンデロール、リンデストレリン、
リンデレンなどが含まれています。
使用部位
烏薬の根(生薬名 烏薬 天台烏薬)
採取時期と管理・保存方法
烏薬の根の採取時期は冬から初夏にかけて紡錘状に肥厚した根を取り出して、水洗いをしてから
日干し乾燥します。
薬効、服用方法
烏薬を服用すると健胃整腸作用、鎮痛作用、冷えが原因の腹痛、胃痛の緩和などが期待できます。

烏薬を煎じる場合は
烏薬約5グラムから10グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から
20分程煎じて1日数回服用します。

烏薬の粉末の場合は
烏薬の粉末を1回量約2グラム〜3グラムを目安に水またはぬるま湯で1日数回服用するか、
お湯に混ぜて服用してください。(小さじ半分ぐらいが約1グラムです。)

「粉末が咽喉に引っかかる」、「味が苦手」などの支障がある場合はオブラードに包んで服用しても
結構です。
烏薬を含む漢方処方
烏薬順気散(ウヤクジュンキサン)

十六味流気飲(ジュウロクミリュウキイン)
参考資料
特に無し
その他
特に無し
参考文献
北驫ルー原色牧野和漢薬草大図鑑
ご相談・ご質問
←こちらをクリック

インターネット販売は実施しておりません。店頭での販売になります。
生薬、薬草のご相談、ご質問は上記のボタンをクリックしてください。

最近お客様より「相談や注文をしたが返信が無い」と御叱りをいただきます。当店は当日又は翌日には
必ず返信をしております。

もし、2日、3日待ってもご返事がない場合はお手数ですがもう一度お問い合わせください。
必ず返答はいたします。

当店からの返信メールが届かないお客様へ
当店からお客様へ返信したメールがお客様の迷惑メールフォルダにある事例が多々あります。

「返信が来ない。」と思われたらお客様の迷惑メールフォルダを見てください。

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダにございましたらご面倒ですが別のアドレスで当店へ
返信をお願いします。
生薬・薬草一覧表
←こちらをクリック
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2012 yanagidou All Rights Reserved