杜仲 樹木
杜仲 トチュウ樹木
杜仲 樹皮 刻み
杜仲 葉 刻み
杜仲 葉 刻み
 杜仲 葉 粉末
 
トチュウ 杜仲樹皮 杜仲葉
和名
杜仲 とちゅう トチュウ
生薬名
杜仲 とちゅう トチュウ
学名
Eucommia ulmoides Oliv
分布
杜仲(とちゅう)はトチュウ属ーとちゅう科の植物で、主に四川、貴州、雲南、陝西、湖北、河南などの中国大陸
中南部が原産です。

杜仲樹皮は2000年前に書かれた中国最古の薬物書の「神農本草経」の上品に下記のように書かれています。

一名思仙。味辛平。生山谷。治腰脊痛。補中。益精氣。堅筋骨。強志。除陰下痒濕。小便餘瀝。久服輕身耐老。
「杜仲を服用すると腰痛が治り、体内を補い、滋養強壮を促し、筋肉と骨を丈夫にし、中風、高血圧の予防と残尿感、
陰部の痒み等に効果があり、長期に服用すれば年を取りにくい。」と書かれています。

時代が下って16世紀の明の時代に出された「本草網目」には「肝、腎を補って筋骨を強めて、腰膝疼痛の要薬である」
と書かれています。

日本にもたらされた時期として奈良時代又は平安時代に渡来した説と大正時代に渡来した説があります。
今は長野県や因島などで大規模に栽培されている植物です。

他に植物園などでも見ることが出来ます。
特徴・形態
トチュウの特徴として樹高は20年ほどで15メートルぐらいの高さになり、幹の径は約40センチメートルほどで
樹皮の色は白っぽい灰色です。

葉は互生しており、葉の形は楕円形か長楕円形で、葉の長さは主に8センチから15センチで落葉します。

花は雌雄異株で4月に雌株に白っぽい多数の小さな花を、雄株には赤っぽい小さな花をつけます。

杜仲樹皮を採取する場合は4月から6月に15年以上たった樹木を選んで樹木が枯れない程度に樹皮を剥ぎ取り、
表面のゴミやザラザラした部分を取り除いてから日干しします。
(樹皮は時間をかけて再生しますので大量に剥ぎ取らないで下さい。)

杜仲葉は植樹してから3年程で葉が採取できます。採取の時期は6月から8月に若葉を採取して日干しを行います。
成分
杜仲の樹皮にはグッタペルカ、リグナン、オークビン、樹脂、精油が含まれております。

杜仲の葉には樹皮と同様にグッタペルカ、ゲニポシド酸、鉄分、ビタミンCなどが含まれております。

参考・・・杜仲樹皮や杜仲葉に含まれるグッタペルカは枝や葉をちぎると糸状に伸びる繊維物質を指します。
使用部位
杜仲の樹皮(日本薬局方)
杜仲の葉
採取時期と管理・保存方法
杜仲樹皮と杜仲葉の採取時期として杜仲樹皮は4月から6月に樹齢15年以上たった樹木を選んで
樹木が枯れない程度に樹皮を剥ぎ取り、表面のゴミやザラザラした部分を取り除いてから日干しして乾燥させます。
(樹皮は時間をかけて再生しますので大量に剥ぎ取らないで下さい。)

杜仲葉は植樹してから3年程で葉が採取できます。採取の時期は6月から8月に若葉を採取して
日干しを行い乾燥させます。
薬効、服用方法
杜仲は日本薬局方によると薬用酒用薬である。滋養強壮の目的で配合されている。

他に杜仲樹皮を煎じて服用すると滋養強壮作用、鎮痛作用があると言われ、強壮、強精、高血圧予防、
高コレステロール予防、動脈硬化予防、腰痛、関節痛、足腰の倦怠感解消、頻尿、肝臓機能、腎臓機能の
強化などに効果があると言われます。

杜仲葉にも美容と健康維持、ダイエットなどの効果があります。

杜仲樹皮を煎じる場合は
杜仲樹皮約10グラムから15グラムを水600ccから900ccの中に入れて弱火で15分から20分程煎じて、
1日数回服用します。

杜仲葉を煎じる場合は
杜仲葉約5グラムを水600ccから900ccの中に入れて一度沸騰させてから弱火にして5分程煎じて、
1日数回服用します。

杜仲の粉末を服用する場合
杜仲の粉末を1日2グラムから4グラム(小さじ1杯から2杯)を目安にお湯にて服用します。

杜仲葉の粉末を単独で服用しても良いが、牛乳、野菜ジュース、スープなどに混ぜて服用しても良いですし、
小麦粉と混ぜて料理に使用されても結構です。

「粉末が咽喉に引っかかる」、「味が苦手」などの支障がある場合はオブラードに包んで服用しても結構です。
杜仲 薬用酒
杜仲を薬用酒として服用すると滋養強壮に効果があります。

杜仲の薬用酒の作り方ですが
杜仲・・・200グラム
氷砂糖・・・200グラム又はグラニュー糖200グラム
ホワイトリカー・・・1.8リットル
(他に色々な薬草を混ぜてミックス薬用酒を作っても良いです。)

これらの品を容器に入れて約3か月ほど直射日光の当たらない場所で熟成させます。

熟成させる時に出来るだけ空気に触れないようにしっかり密封して下さい。
密閉できる容器を使用して下さい。空気に触れると味が変わる恐れがあります。

30日に1回は中身を2回から3回程振って均等に成分が出るようにしてください。
人によっては味の好みが異なりますので、30日に1回は味見をしてお好みの味であれば薬草を引き上げても結構です。

3か月ほど熟成させたら木綿の布かコーヒー用の濾過紙で濾過しながら薬草を取り出し、杯1杯を目安に服用します。

飲みにくい場合は蜂蜜や水飴、砂糖で味を調えても結構です。
杜仲を含む漢方処方
痿証方

加味四物湯

大防風湯

補陰湯

など
参考資料
神農本草経ー上品
「杜仲。一名思仙。味辛平。生山谷。治腰脊痛。補中。益精氣。堅筋骨。強志。除陰下痒湿。小便余瀝。久服軽身耐老。」
その他
杜仲は元々樹皮が身体に良いので樹皮をを煎じて服用しておりましたが、近年、日本人によって杜仲葉にも樹皮の
ように身体に良い成分が含まれている事が判り、見直されている植物です。

ある製薬メーカーが「杜仲葉によって内臓脂肪を減らす事が出来るのではないか?」、
「ダイエットに効果があるのではないか?」と思い日夜研究を重ねて同様の効果がある事を突き止めました。

このように日本人の体を丈夫にする事や薬を開発する事に関する研究心や探究心には心強く思います。
参考文献
北驫ルー原色牧野和漢薬草大図鑑
ご相談・ご質問
←こちらをクリック

インターネット販売は実施しておりません。店頭での販売になります。
生薬、薬草のご相談、ご質問は上記のボタンをクリックしてください。

最近お客様より「相談や注文をしたが返信が無い」と御叱りをいただきます。
当店は当日又は翌日には必ず返信をしております。

もし、2日、3日待ってもご返事がない場合はお手数ですがもう一度お問い合わせください。必ず返答はいたします。

当店からの返信メールが届かないお客様へ
当店からお客様へ返信したメールがお客様の迷惑メールフォルダにある事例が多々あります。

「返信が来ない。」と思われたらお客様の迷惑メールフォルダを見てください。

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダにございましたらご面倒ですが別のアドレスで当店へ返信をお願いします。
生薬・薬草一覧表
←こちらをクリック
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2006 yanagidou All Rights Reserved