大棗 タイソウ 棗 ナツメ 夏芽
和名
棗 夏目 夏芽 なつめ ナツメ
生薬名
大棗 たいそう タイソウ 紅棗 コウソウ 黒棗 コクソウ
学名
Zizyphusjujuba Miller var. inermis Rehd
分布
棗(なつめ)はナツメ属ーくろうめもどき科の植物で、薬用としてナツメ(棗 夏芽)の果実を用い、これを生薬名で
大棗(タイソウ)と言います。

和名の夏芽の名前の由来は漢字で書かれているように夏に芽が出るので夏芽と言われます。

大棗(たいそう)は日本薬局方に記載されています。

棗(ナツメ)はヨーロッパ南部からアジア南西部原産の植物でヨーロッパと中国では古くから食用や薬用として
利用されておりました。

余談・・・司馬遼太郎先生の作品の「項羽と劉邦」に子嬰(秦王子嬰)を殺すか殺さないを議論している時に劉邦が
小便の為に中座し、棗の木に小便をかけるシーンが書かれています。

ナツメは古代中国では梅、桃と一緒にデザートとして食されていました。

古代中国人は食人の文化があったので人間の肉と一緒に干した棗を煮込んでスープにしたのかな?

時代が下って日本とロシアが戦争をした旅順では乃木将軍とステッセル将軍が会見をした水師営に棗の木が
あったと言われます。
尋常小学校国語読本巻十の「水師営の会見」によると
「庭に一木棗の木弾丸跡もいちじるく、くずれ残れる民屋に、今ぞ相見る二将軍」と書いてあります。

さらに「尋常小学唱歌」第十五 水師営の会見にも
「庭に一本、棗の木、弾丸あともいちじるくくづれ残れる民屋にいまぞ相見る二将軍。」と歌われていました。

他に童謡「あのこはだあれ」にも
「あの子はたあれ たれでしょねなんなんなつめの 花の下・・・・」
と歌われています。

日本に渡来した時期は不明(奈良時代?)だが、平安時代中期に編纂された文献の「延喜式」に
「乾棗(ほしなつめ)」、「大棗(たいそう)」の名前が見られ、日本でもこの当時よりナツメは食用、薬用として
用いられていたと思われます。

余談・・・平安時代に書かれた現存する日本最古の薬学辞典と言われる「本草和名」によれば
「大棗、和名於保奈都女(たいそう=日本名 おおなつめ)」の記述があります。

参考・・・万葉集にもナツメを詠んだ歌も2首あります。このことからナツメの渡来は奈良時代より前かもしれません。

万葉集に載せられている棗の句
玉掃刈り来鎌麻呂むろの木と棗が本とかき掃かむため」・・・詠み人 長意吉麻呂

梨棗黍に粟つぎ延ふ葛の後も逢はむと葵花咲く」・・・詠み人 不明

余談・・・・家相風水で「陽木」、「陰木」と言われる木があり、「陽木」とは庭に植えると幸福が訪れる木を指し、
ナツメは家相では「陽木」に該当します。(信じる信じないはあなた次第です。)
特徴・形態
ナツメは高さが最大で10メートルぐらいの木で、木の特徴として枝の節に小さなとげをつけます。

葉は羽状復葉で小枝に互生しており、葉の形は卵形で長さ2センチ〜6センチあります。

花期は4月から6月の春から初夏でこの時期に黄色を帯びた花を数個咲かせます。

やがて2センチから3センチの果実を実らせます。最初の頃果実は緑色ですが、だんだん黄色になり、熟してくると
赤くなります。
赤く熟した果実を大棗(別名で紅棗{こうそう})と言います。

薬用部分として熟した果実を乾燥させた成熟果実を煎じて服用します。
成分
大棗の成分として果実に糖(ショ糖)、オレアノール酸、オレアノン酸、酒石酸、マスリニン酸、ベツリン酸、粘液質などが
主な成分です。
使用部位
薬用部分として熟した果実を乾燥させた成熟果実を使用します。(果実 日本薬局方)
採取時期と管理・保存方法
大棗の採取時期は9月から10月の秋口にナツメの実が赤く熟してきます。
その頃にナツメの実を採取して、蒸してから風通しの良い場所で日干しを行って乾燥させます。
薬効、服用方法
大棗は日本薬局方によると漢方処方用薬である。かぜ薬、鎮痛鎮痙薬、健胃消化薬、止瀉整腸薬、
精神神経用薬とみなされる処方及びその他の処方に高頻度で配合されている。

他に大棗には強壮、利尿、鎮静、健胃、鎮痛薬として神経の興奮を鎮めたり、ヒステリーを抑えたり、
子供の夜鳴き、神経過敏による胃痛、胃痙攣、しつこい咳を鎮めたりします。

大棗は一般的に漢方処方に大抵は含まれており、大棗を入れることにより他に生薬が胃腸に及ぼす影響を
和らげたり、他の生薬が持っている苦味、辛味などの味覚を矯正して飲み易くします。

大棗の服用方法は
大棗約5グラム(1個から2個)を水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程煎じて服用します。

大棗の粉末の場合
大棗の粉末を1日2グラムから4グラム(小さじ1杯から2杯)を目安に水またはぬるま湯で1日数回服用するか、
お湯に混ぜて服用してください。(小さじ半分ぐらいが約1グラムです。)

「粉末が咽喉に引っかかる」、「味が苦手」などの支障がある場合はオブラードに包んで服用しても結構です。
生薬の組み合わせ 
大棗+生姜⇒大棗と生姜を組み合わせることにより食欲増進、消化促進を促して他の生薬との調和と薬効を高め、
胃内停水が原因の咳嗽、痰の症状を鎮めます。

又、大棗と生姜を組み合わせる事により生姜が原因の胃腸への負担を軽減します。
(例⇒ 柴胡桂枝湯、小柴胡湯、大柴胡湯、葛根湯、柴朴湯、柴苓湯、帰脾湯、補中益気湯、桂枝湯、桂枝加芍薬湯、
呉茱萸湯、小建中湯、婢加述湯越婢湯、四君子湯、六君子湯、防己黄耆湯、参蘇飲、炙甘草湯、清肺湯、平胃散など)

大棗+白朮⇒大棗と白朮を組み合わせることにより胃内停水が原因の下痢、嘔吐などの症状を改善します。
(例⇒柴苓湯、胃苓湯、帰脾湯、五積散、補中益気湯、越婢加述湯、四君子湯、六君子湯、防己黄耆湯など)


大棗+茯苓⇒大棗と茯苓を組み合わせることにより胃内停水が原因の下痢、嘔吐などの症状を改善します。
(例⇒柴苓湯、胃苓湯、帰脾湯、補中益気湯、越婢加述湯、四君子湯、六君子湯、五積散、参蘇飲、清肺湯など)


大棗+小麦⇒大棗にも小麦にも神経の鎮静作用があるが大棗は神経の高ぶりを抑え、小麦は脳神経の高ぶりを抑えます。
大棗と小麦を組み合わせることにより自律神経、脳神経の高ぶりを抑えます。
(例⇒甘麦大棗湯)


大棗+甘草⇒大棗と甘草に共通する作用が鎮静、鎮痛、健胃作用です。
大棗と甘草を組み合わせることによりより効果のある鎮静、鎮痛、健胃作用が期待できます。
(例⇒甘麦大棗湯、柴胡桂枝湯、参蘇飲、小柴胡湯、大柴胡湯、葛根湯、柴朴湯、柴苓湯、帰脾湯、補中益気湯、
桂枝湯、 桂枝加芍薬湯、呉茱萸湯、小建中湯、大建中湯、越婢加述湯越婢湯、四君子湯、六君子湯、黄連湯、
麦門冬湯、半夏瀉心湯、苓桂甘棗湯、良枳湯、当帰四逆加呉茱萸生姜湯、黄ゴン(※)湯など
(※ゴン=くさかんむり+今))
 
大棗を含む漢方処方
甘麦大棗湯
胃苓湯
柴胡桂枝湯
小柴胡湯
大柴胡湯
葛根湯
五積散
参蘇飲
平胃散
清肺湯
炙甘草湯
柴朴湯
柴苓湯
帰脾湯
補中益気湯

桂枝湯
桂枝加芍薬湯
呉茱萸湯
小建中湯
大建中湯
越婢加述湯
越婢湯
四君子湯
六君子湯
黄連湯
麦門冬湯
防己黄耆湯
半夏瀉心湯
苓桂甘棗湯
良枳湯
当帰四逆加呉茱萸生姜湯
黄ゴン(※)湯 (※ゴン=くさかんむり+今)
参考資料
神農本草経ー上品
大棗。味甘平。生平澤。治心腹邪氣。安中養脾。助十二經。平胃氣。通九竅。補少氣少津。身中不足。大驚。四肢重。
和百藥。久服輕身長年。葉覆麻黄能出汗。


薬徴
主治攣引強急也。旁治咳嗽。奔豚。煩燥。身疼。脇痛。腹中痛。

古方薬議
味甘平。中ヲ安ンジ、脾ヲ養イ、胃気ヲ平カニシ、百薬ヲ和シ、心下懸ヲ療シ、嗽ヲ止ム。
その他
特になし
参考文献
北驫ルー原色牧野和漢薬草大図鑑
ご相談・ご質問
←こちらをクリック

インターネット販売は実施しておりません。店頭での販売になります。
生薬、薬草のご相談、ご質問は上記のボタンをクリックしてください。

最近お客様より「相談や注文をしたが返信が無い」と御叱りをいただきます。当店は当日又は翌日には必ず返信をしております。

もし、2日、3日待ってもご返事がない場合はお手数ですがもう一度お問い合わせください。必ず返答はいたします。

当店からの返信メールが届かないお客様へ
当店からお客様へ返信したメールがお客様の迷惑メールフォルダにある事例が多々あります。

「返信が来ない。」と思われたらお客様の迷惑メールフォルダを見てください。

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダにございましたらご面倒ですが別のアドレスで当店へ返信をお願いします。
生薬・薬草一覧表
←こちらをクリック
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2006 yanagidou All Rights Reserved
ナツメ 花
 ナツメ 果実
ナツメ 果実
 大棗 果実 生
 
大棗 果実 刻み
大棗 粉末
大棗 粉末