石菖 花
石菖 花
石菖根 刻み
石菖根 
石菖根 せきしょうこん セキショウコン
植物名
石菖 せきしょう セキショウ
生薬名
石菖根 せきしょうこん セキショウコン 石菖蒲 せきしょうぶ セキショウブ
学名
Acorus gramineus
分布
石菖(せきしょう)はショウブ属ーさといも科に属する植物で日本の本州、四国、九州などの日本各地や
中国大陸の温暖な地域の渓流沿い、谷川の中、きれいな水が流れる溝辺に多く生える常緑の多年草草木で、
群れをなして茂る場合が多いです。

中国明朝の時代の学者の李時珍が書いた「本草網目」によると
蒲類の中で一番繁殖の盛んな草で昌盛している。と言う意味で昌盛な草、すなわち菖蒲と名付けられた。
と書かれています。

石菖は菖蒲(ショウブ)とよく似ていますが、石菖と菖蒲の違いとして
@ 菖蒲の葉には中央に葉脈があるが石菖にはありません。
A 石菖は水の流れが速い渓流や水のある石などに根を張って成長しますが、菖蒲は池や湖などの
泥がある場所で根を張って成長します。
B 菖蒲の葉の中央には縦に通った中脈がありますが、石菖の葉にはそれがありません。

石菖の名前の由来ですが石菖は渓流などの岩場に根を張って成長するのが多く観られ、葉や形が菖蒲に
似ているので「石菖」と呼ばれます。

余談・・・温泉で有名な大分県別府市に鉄輪温泉があります。
鉄輪温泉に「鉄輪むし湯」があり、建物の中の石室の床に石菖がびっしり敷き詰められており、
心地よい石菖の香りと温熱効果でとてもリフレッシュ出来ます。
特徴・形態
石菖の特徴として根茎はが横方向に長く伸びます。根茎は硬くて節が多く、根からは芳香性のある香りがします。
石菖の根は強く、水辺や岩場でも強く張り付いています。

葉は横に長く伸びる根茎の先から2裂の袴状に群がって生じ、平たい線形で基部は互いに抱き合っています。
葉の質は丈夫で濃い緑色をしており、葉の長さは約50センチ程、葉の幅は3ミリから1センチほどに成長します。
葉脈ははっきりと判りません。
葉の表面は光沢があって滑らかです。

花ですが4月から5月頃にそう生する葉の中より緑色で葉状をした茎を出し、その先に花茎を立てます。
花茎の頂に淡黄色をした幅5ミリぐらい、長さ10センチぐらいの細長い肉穂花序をつけます。
花序は両性花で花被片が6枚、雄しべが6本で花糸は太くて短いです。
花序より上部には葉状の包があるので一見葉の途中に花穂がついているように見える。

花の後にさく果を結びます。種子に長毛を生やしています。
成分
石菖に含まれる成分は精油成分を多く含んでおり、精油成分ではβーアサロンが多く含まれています。
他にαーアサロン、セスキテルペン、カリオフィレン、セキショーン、αーフムレンなどが含まれています。
使用部位
石菖の根茎(生薬名 石菖根 石菖蒲)
採取時期と管理・保存方法
採取時期は5月頃に根茎を採取して、水洗いをしてから日干し乾燥します。
煮出し方・飲み方
石菖根を煎じる場合は
石菖根約3グラムから5グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から
20分程煎じて1日数回飲用します。

石菖根の粉末の場合は
石菖根の粉末を1回量約1グラム〜2グラムを目安に水またはぬるま湯で1日数回飲用するか、
お湯に混ぜて食してください。(小さじ半分ぐらいが約1グラムです。)

「粉末が咽喉に引っかかる」、「味が苦手」などの支障がある場合はオブラードに包んで食しても結構です。
参考資料
特になし
その他
特に無し
ご相談・ご質問

インターネット販売は実施しておりません。店頭での販売になります。
生薬、薬草のご相談、ご質問はお電話での対応になります。

やなぎ堂薬局 住所
郵便番号 790-0014
愛媛県 松山市 柳井町 1-14-1 やなぎ堂薬局 柳井町店 
電話番号/FAX番号 089-921-9401
薬用植物一覧表
←こちらをクリック
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2012 yanagidou All Rights Reserved