山査子 果実
山査子 果実
山査子 刻み
山査子 刻み
山査肉 小口切
山査肉 小口切
山査子 粉末
山査子 粉末
山査子 さんざし サンザシ 山査肉 さんざにく サンザニク
和名、植物名
山査子 さんざし サンザシ
商品名
山査子 さんざし サンザシ 山査肉 さんざにく サンザニク
学名
Crataegus cuneate
分布
山査子(さんざし)はサンザシ属ーばら科に属する植物で、原産地は中国中南部の地域が原産地で、日本には江戸時代中期の
1734年に身体に良い植物として渡来し、小石川植物園に植えられました。

元々山査子は寒冷地に自生していますが、暑さに強い種類も多く、栽培は比較的簡単で、現在は庭木、観賞用植物として
栽培されている落葉低木です。

サンザシの仲間は北半球の温帯に約200種が分布する落葉木で、ごく少数ですが常緑性のものがあります。

日本には北海道にオオバサンザシが自生しており、北海道と長野県にクロミサンザシが自生しています。

日本では白い花を咲かせる品種と赤または黄茶色の実を実のなせる品種とピンク色の八重咲きのセイヨウサンザシが
一般的な山査子です。

ピンク色の八重咲きのセイヨウサンザシは他の山査子のように果実を付けません。

山査子は中国ではお酒に漬けて「山査子酒」として服用したり、果実をお砂糖やハチミツに漬けて食したりします。
中華料理では食後に山査子の果実の砂糖漬けをよく食したりします。
山査子の果実は魚料理や肉料理の消化促進のために食事中や食後に食すると良いと言われます。

他に魚肉を煮る時に山査子の果実を入れて煮ると魚の骨が柔らかくなると言われます。

ヨーロッパでは山査子を「セイヨウサンザシ」と言い、ヨーロッパではセイヨウサンザシの葉をハーブとして利用します。

ヨーロッパでは山査子を「メイフラワー」と言い、5月に花を咲かせるのでこう言われます。

ちなみにアメリカでは「ハウソーン」と言われます。


他にサンザシは古代ギリシャの頃に神聖なる木として崇拝されてきました。

古代ギリシャでは結婚式には欠かせない植物で、サンザシの小枝を集めて花嫁が被っている冠に飾ったりしていました。
(キリストが磔になった時に被っていた荊冠が山査子で出来た荊冠と言われます。山査子で出来た荊冠をキリストに無理やり
被せた時に飛び散ったキリストの血を山査子が清めたとも言われます。

その影響でキリスト教ではサンザシの枝に難を逃れる不思議な力があると信じられ、枝を家の玄関などに挿していれば落雷を
免れる事が出来、屋内に飾れば厄除けになると信じられていました。
(中国では槐の木に雷除け、日本では「桑原、桑原」と唱えれば雷除けの力があると言われました。)

他にヨーロッパではメイデーの夜明けにサンザシから採った朝露には美容の効果があるとも言われ、昔は少女たちがこの日に
競ってサンザシの朝露を採取したと言われています。

余談・・・「♪この道はいつか来た道♪」で始まる北原白秋作詞の「この道」の歌詞に山査子が出てきます。
特徴・形態
サンザシの特徴として樹高は1メートルから2メートルほどの低木で茎は枝分かれが多く、枝分かれした小枝には小枝
が変化した刺が見られます。

葉の特徴ですが葉の色は濃緑色で葉の裏には薄い毛があります。
葉には柄があり、葉の形は葉の上部に三浅裂と鋸歯のある楕円形で互生しており、葉は葉先に向かって幅広くなっております。

花期は5月から6月頃で直径2センチほどの白色の五弁花を枝先に散房花序につけます。
雄しべは約20個と多くあります。

果実(偽果)は10月頃に赤色又は黄色の熟した球形の果実を実らせます。果実は1センチから2センチほどの大きさで、果実の
中心部に5ミリぐらいのくぼみがあり、くぼみの周辺部にがくの基部と思われる名残があります。
果実は林檎のような形をしており、外面に毛があります。他に外面には細かい網目状にシワもあります。
果実には1個だけ種子を含んでおります。

果実には酸味があって甘味が少なく渋みが多いので、食用にする場合は色々な加工をします。
成分
サンザシに含まれる成分はフラボノイドのケルセチン、クエルセチンやタンニンのクロロゲン酸やトリテルペンのウルソール酸、
オレアノール酸、ビタミンC、ビタミンB2などが含まれています。特にビタミンCは多く含まれています。
使用部位
山査子の果実
採取時期と管理・保存方法
山査子の採取時期は10月頃に成熟する前の果実を採取して日干し乾燥します。

山査肉(さんざにく、サンザニク)は採取した山査子から中の核を取り除いてから日干し乾燥します。
煮出し方、飲み方
山査子、山査肉はお茶代わりに飲んだり、山査子、山査肉の粉末を食したりします。

山査子、山査肉を煮出す場合は
山査子、山査肉約5グラムから10グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程煮出して、
煮出し終わればお茶類は取り除き、1日数回に分けて飲用します。
(味が苦手な方は蜂蜜や甘味料などで甘味をつけても結構です。)

山査子、山査肉と他のお茶類(ドクダミ、ヨモギ、ハトムギ、麦茶など)と一緒に煮出して飲用しても良いです。

山査子、山査肉のお茶をたくさん作られて、冷蔵庫に保管されても良いです。

山査子、山査肉の粉末の場合は
山査子、山査肉の粉末を1日3グラムから6グラムを目安に水またはぬるま湯で1日数回飲用するか、
お湯に混ぜて飲用してください。(小さじ半分ぐらいが約1グラムです。)

「粉末が咽喉に引っかかる」、「味が苦手」などの支障がある場合はオブラードに包んで服用しても結構です。
その他
特になし
注意事項
@本品は天然物(植物)で性質上吸湿しやすいものがあります。
そのため保存には十分ご注意ください。保存が悪いとカビ、虫害等の発生する原因になることがあります。

A開封後は直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

B本品には品質保持の目的で脱酸素剤を入れておりますので、一緒に煎じたり、食べたりしないようにご注意ください。

C幼児の手の届かない所に保管してください。

D他に容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わる場合があります。)
価格

山査子 500グラム 1,500円+税
山査子(粉末)  500グラム 2,000円+税
山査肉  500グラム 1,500円+税
山査肉(粉末)  500グラム 5,000円+税

「500グラムは多いかな?」と思われる場合はご相談下さい。

特定商取引に関する内容
←こちらをクリック
ご相談・ご注文
←こちらをクリック
最近お客様より「相談や注文をしたが返信が無い」と御叱りをいただきます。当店は当日又は翌日には必ず返信をしております。

もし、2日、3日待ってもご返事がない場合はお手数ですがもう一度お問い合わせください。必ず返答はいたします。

当店からの返信メールが届かないお客様へ
当店からお客様へ返信したメールがお客様の迷惑メールフォルダにある事例が多々あります。

「返信が来ない。」と思われたらお客様の迷惑メールフォルダを見てください。

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダにございましたらご面倒ですが別のアドレスで当店へ返信をお願いします。
やなぎ堂薬局 住所
郵便番号 790-0014
愛媛県 松山市 柳井町 1-14-1 やなぎ堂薬局 柳井町店 
電話番号/FAX番号 089-921-9401
食品植物一覧表
←こちらをクリック
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2012 yanagidou All Rights Reserved