ヤマノイモ 
むかご 種子
山芋 ヤマノイモ 種子
ナガイモ 
むかご 種子
ナガイモ 種子
山薬 刻み
山薬 刻み
山薬 粉末
山薬 粉末
山薬 さんやく サンヤク
和名
山薯 山の芋 やまのいも ヤマノイモ
長薯 ながいも ナガイモ
生薬名
山薬 さんやく サンヤク
学名
ヤマノイモ Dioscorea japonica
ナガイモ  Dioscorea batatas Decne
分布
山の芋(やまのいも)と長薯(ながいも)は共にヤマノイモ属ーやまのいも科に属する植物です。
ナガイモは北海道から九州の日本各地と朝鮮半島、中国および台湾の草原、山地、渓谷などにつる性の
多年草の植物です。
ナガイモの別名(一般名)を仏掌芋(つくねいも ツクネイモ)と言います。

ヤマノイモは本州から四国、九州各地の山地や山ずそなどの向陽地に生える日本原産のつる性の
多年草の植物です。
ヤマノイモの別名(一般名)を自然薯(自然生)(じねんじょ ジネンジョ)と言います。

現在は長薯および山の芋は共に田畑で栽培される植物でもあります。

生薬の「山薬」は本来はナガイモを指していましたが、日本薬局方ではナガイモ、ヤマノイモを山薬と
言います。

山薬は古代中国の神農本草経上薬(上品)に記載されており、内容として
一名山芋。味甘温。生山谷。治傷中、補虚羸。除寒熱邪氣、補中益氣力、長肌肉、久服耳目聰明、
輕身不飢延年。
」と書かれています。


時代が下って江戸時代書かれた「古方薬議」によると
味甘寒。邪気を除き、腰痛、洩利を止め、痰涎を化し、虚労、羸痩を主る。」と書かれています。
特徴・形態
ナガイモの特徴として塊茎は肥厚で地中に直下しながら伸び、長さは1メートルに達する物もあります。

茎は帯緑色で伸長し、まばらに分枝して有稜です。

葉は対生又は3輪生し、広卵形又は三角状卵形で長柄があり、葉の長さは3センチから9センチほどに
なります。

葉先は漸尖頭で葉の基部分は広心形で、葉腋に珠芽があります。

花期は8月から9月で葉腋に白色小花をやや多く、まばらに多数穂状花序に咲かせます。

ヤマノイモの特徴として根は多肉根で形は長大な円柱形で根は地面をまっすぐ長く直下しながら
成長します。


茎は細長く伸長し多数枝分かれします。枝分かれした茎は色々な物に巻きついて成長します。
茎の長さは数メートルにも伸びます。


葉は対生ですが稀に互生します。葉には長柄があり、葉の長さは5センチから10センチで葉の形は
長卵形か長楕円状三角形で、葉先は長鋭尖頭で葉の基部分は広心形です。葉は若い茎から互生した
葉を出します。


花期は7月から8月で、花は雌雄異株で葉腋から3個から5個の小型で白色の穂状花序を出します。
花は雌雄異株で雄花序は直立しながら多数の花を咲かせ、雌花序は下垂しながらまばらに数個の花を
咲かせます。


ヤマノイモの果実ですが、果実は平たく、丸い3個の翼を持つさく果で果実は3室に分かれます。
ヤマノイモやナガイモに出来る果実を零余子(むかご)と言い、ムカゴが落下して新しい苗になります。

余談・・・ナガイモは塊茎で、ヤマノイモは多肉根です。塊茎と多肉根の違いですが

塊茎(かいけい)・・・茎が地中に伸びて、地中でデンプンや水分などの養分を蓄えて肥大化する状態を
こう言います。

塊茎と言われる植物・・・・ジャガイモ、アネモネ、シクラメンなど

多肉根(たにくこん)・・・主根と言われる根が水分や養分を沢山蓄えて大きく肥大化した状態を
こう言います。

多肉根と言われる植物・・・・大根、人参、カブなど
成分
ナガイモに含まれる成分は塊茎にデンプン、ブドウ糖、果糖、チロシン、ロイシン、グルタミン酸、
グロブリン、クロロゲン酸、アラントイン、ジオスチン、

バタタシン、ジアスターゼなどが含まれています。

ヤマノイモに含まれる成分は根にデンプン、グルコプロテイド、アルギニン、コリン、ジアスターゼ、
マンニトール、フィチン酸、タンニンなどが含まれています。
使用部位
ヤマノイモの多肉根
ナガイモの塊根
採取時期と管理・保存方法
ナガイモとヤマノイモの採取時期は共に秋から冬に葉が落ちたら地中から根を掘り出して水で土を
除去してから日干し乾燥します。

ヤマノイモは根を掘り出して水で土を除去してから根の皮を剥ぎます。
薬効、服用方法
山薬は日本薬局方によると漢方処方用薬である。保健強壮薬とみなされる処方及びその他の処方に
少数例配合されている。

他に山薬を服用すると滋養強壮、止瀉作用があり、病後の体力回復、体力増進、疲労回復、
虚弱体質改善、夜尿症、遺精、下痢止め、咳止め、頻尿改善などの作用があります。

山薬を煎じる場合は
山薬約5グラムから10グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程
煎じて1日数回服用します。

山薬の粉末を服用する場合
山薬の粉末を1日6グラムから12グラム(1回量小さじ1/2杯から1杯)を目安に水またはぬるま湯で
1日数回服用するか、お湯に混ぜて服用してください。(小さじ半分ぐらいが約2グラムです。)

「粉末が咽喉に引っかかる」、「味が苦手」などの支障がある場合はオブラードに包んで服用しても結構です。
山薬を含む漢方処方
八味地黄丸
六味地黄丸
参考資料
神農本草経上薬(上品)
一名山芋。味甘温。生山谷。治傷中、補虚羸。除寒熱邪氣、補中益氣力、長肌肉、久服耳目聰明、
輕身不飢延年。


「古方薬議」
味甘寒。邪気を除き、腰痛、洩利を止め、痰涎を化し、虚労、羸痩を主る。
その他
特になし
参考文献
北驫ルー原色牧野和漢薬草大図鑑
ご相談・ご質問
←こちらをクリック

インターネット販売は実施しておりません。店頭での販売になります。
生薬、薬草のご相談、ご質問は上記のボタンをクリックしてください。

最近お客様より「相談や注文をしたが返信が無い」と御叱りをいただきます。当店は当日又は翌日には
必ず返信をしております。

もし、2日、3日待ってもご返事がない場合はお手数ですがもう一度お問い合わせください。
必ず返答はいたします。

当店からの返信メールが届かないお客様へ
当店からお客様へ返信したメールがお客様の迷惑メールフォルダにある事例が多々あります。

「返信が来ない。」と思われたらお客様の迷惑メールフォルダを見てください。

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダにございましたらご面倒ですが別のアドレスで当店へ
返信をお願いします。
生薬・薬草一覧表
←こちらをクリック
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2012 yanagidou All Rights Reserved