花梨 花
花梨 カリン 花
花梨 果実
花梨 カリン 果実
ボケ 花
ボケ 花
ボケ 果実
ボケ 果実
カリン 木瓜 
刻み
木瓜 モッカ 刻み
カリン 木瓜 
粉末
木瓜 粉末
皺皮木瓜 刻み
皺皮木瓜 刻み
花梨 かりん カリン ぼけ ボケ 木瓜 もっか モッカ
和名
花梨 花櫚 かりん カリン 安蘭樹 あんらんじゅ アンランジュ
生薬名
和木瓜 わもっか ワモッカ 木瓜実 もっかじつ モッカジツ メイサ 光皮木瓜
学名
Chaenomeles  sinensis
分布
花梨(かりん)はカリン属ーバラ科の植物で原産国は中国で日本全国および中国、朝鮮半島、アメリカ、
フランスなどで栽培されている落葉高木です。


日本に渡来した時期は不明ですが古くより伝わったことは確かです。

戦国時代に活躍した織田信長はボケの花をデザインにした「織田家紋(織田木瓜)」を家紋としていました。

花梨は暑さ寒さに強く、家の庭などでよく見られます。

花梨の仲間に「ボケ(木瓜)」、「クサボケ、シドミ(草木瓜)」と言う植物があり、草木瓜は日本原産です。

余談・・・・人によってボケやクサボケを「木瓜」、「和木瓜」と言いますが、日本薬局方外生薬規格では
カリンを木瓜と規定しており、当店では「カリン=木瓜(モッカ)」、「ボケ=皺皮木瓜(シュウヒモッカ)」、
「クサボケ=和木瓜(ワモッカ)」と書かせていただきます。


香川県にまんのう町と言う町があり、まんのう町の町の木は「かりん」で、町の特産品のカリンをアピール
した「かりん温泉」、「かりん会館」などがあります。


余談・・・お坊さんが読経の時に打ち鳴らす木魚ですが、花梨や桑で作った木魚は最高級木魚と言われます。
特徴・形態
花梨の特徴として樹高は5メートルから8メートルほどで樹皮は緑褐色で鱗状に剥げ落ち、剥がれ落ちた
跡が雲紋状の跡として残ります。

かりんの樹木は材質が堅くて粘りがあるので家具類、工芸品類に加工される事もあります。

葉は柄があって互生しており、葉の長さは8センチ程あり、葉の形は倒卵形又は長倒卵形です。
葉縁から葉柄にかけて腺を伴う鋸歯があります。
葉の下面ですが若葉の頃に綿毛がありますが後に無毛になります。落葉樹として珍しいのは葉の材質が
堅い事です。


花梨の花期は4月から5月頃で淡紅色で楕円形のの花を枝先に単生します。
花は直径3センチ程、花弁は5枚です。

果実は秋から初冬に落葉した枝に長さ10センチほどの倒卵形で黄色に熟した芳香を放つ果実を
多数実らせます。

最初の未熟な果実の時には褐色の毛におおわれていますが成熟すると光沢がある果実になります。

この果実は表面に光沢があり芳香は良いが食べてみると渋くて酸味があって堅くてとても
食べられる物ではありません。

上記でも書きましたが日本薬局方外生薬規格では「花梨(カリン)=木瓜(モッカ)、榠櫨(メイサ)」、
「木瓜(ボケ)=皺皮木瓜(シュウヒモッカ)」、「草木瓜(クサボケ)=和木瓜(ワモッカ)」と言います。

成分
花梨の果実に含まれる成分はリンゴ酸、クエン酸、酒石酸などの有機酸とショ糖、サポニン、タンニン、
アミグダリン、ビタミンCなどが含まれています。

ボケの果実には花梨と同じくリンゴ酸、クエン酸、酒石酸などの有機酸を含んでいます。
使用部位
花梨、木瓜、草木瓜の梨果
採取時期と管理・保存方法
秋から初冬頃に黄色く熟した果実を採取して、果実を4分の1の大きさに縦割りカットしてから日干し
乾燥させます。
薬効、服用方法
木瓜を煎じる場合は
木瓜約3グラムから5グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程煎じて
1日数回服用します。

木瓜の粉末の場合は
木瓜の粉末を1日2グラムから4グラムを目安に水またはぬるま湯で1日数回服用するか、お湯に混ぜて
服用してください。(小さじ半分ぐらいが約1グラムです。)

「粉末が咽喉に引っかかる」、「味が苦手」などの支障がある場合はオブラードに包んで服用しても
結構です。


皺皮木瓜を煎じる場合は
木瓜約3グラムから5グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程煎じて
1日数回服用します。
カリンの薬用酒 
カリンを薬用酒として服用すると咳止め、滋養強壮、疲労回復などに効果があります。

カリンの薬用酒の作り方ですが
カリン・・・200グラム
氷砂糖・・・200グラム又はグラニュー糖200グラム
ホワイトリカー・・・1.8リットル
(他に色々な薬草を混ぜてミックス薬用酒を作っても良いです。)

これらの品を容器に入れて約3か月ほど直射日光の当たらない場所で熟成させます。

熟成させる時に出来るだけ空気に触れないようにしっかり密封して下さい。密閉できる容器を
使用して下さい。空気に触れると味が変わる恐れがあります。

30日に1回は中身を2回から3回程振って均等に成分が出るようにしてください。
人によっては味の好みが異なりますので、30日に1回は味見をしてお好みの味であれば薬草を
引き上げても結構です。

3か月ほど熟成させたら木綿の布かコーヒー用の濾過紙で濾過しながら薬草を取り出し、杯1杯を
目安に服用します。

飲みにくい場合は蜂蜜や水飴、砂糖で味を調えても結構です。
 
木瓜、皺皮木瓜、和木瓜を含む漢方処方
鶏鳴散加茯苓(木瓜を配合)
参考資料
特に無し
その他
特に無し
参考文献
北驫ルー原色牧野和漢薬草大図鑑
ご相談・ご質問
←こちらをクリック

インターネット販売は実施しておりません。店頭での販売になります。
生薬、薬草のご相談、ご質問は上記のボタンをクリックしてください。

最近お客様より「相談や注文をしたが返信が無い」と御叱りをいただきます。当店は当日又は翌日には
必ず返信をしております。

もし、2日、3日待ってもご返事がない場合はお手数ですがもう一度お問い合わせください。
必ず返答はいたします。

当店からの返信メールが届かないお客様へ
当店からお客様へ返信したメールがお客様の迷惑メールフォルダにある事例が多々あります。

「返信が来ない。」と思われたらお客様の迷惑メールフォルダを見てください。

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダにございましたらご面倒ですが別のアドレスで当店へ
返信をお願いします。
生薬・薬草一覧表
←こちらをクリック
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2011 yanagidou All Rights Reserved