桑 葉
桑の葉
桑 果実
桑 果実
桑 葉 刻み
桑 葉 刻み
桑 葉 粉末
桑 葉 粉末
桑 枝
桑 枝
桑 果実 桑椹
桑 果実 桑椹
桑 くわ クワ
和名、植物名
桑 くわ クワ
商品名
桑葉 そうよう ソウヨウ 桑椹 そうじん ソウジン 桑枝 そうし ソウシ
学名
Morus bombycis Koidz
分布
桑はクワ属ークワ科に属する植物で、中国原産の落葉高木で北海道から九州の日本各地と朝鮮半島から中国大陸の山地に
分布する落葉高木植物ですが、昔から絹糸になるマユを作る蚕の餌として栽培されてきました。

桑の葉は古代中国では「神仙茶」と呼ばれ、長年飲まれてきました。

中国では東方海上の島国に扶桑と呼ばれる巨木(神木)があると言われていました。
日本を別名で「扶桑国」と言い、昔は日本に桑の巨木があってのかも知れません。

古代日本(卑弥呼の時代)について書かれた「魏志倭人伝」に桑を蚕に与えて糸を紡いでいたとの記事が見られ、
弥生時代や卑弥呼の時代には桑を利用していた事がわかります。

奈良時代に編まれた万葉集に桑を詠んだ歌があり、
足乳根乃 母之其業 桑尚 願者衣尓 著常云物乎
足乳根(たらちね)の 母がその養(な)ふ 桑(くは)すら  願へば衣に 着すといふものを」・・・・詠み人不明

筑波祢乃 尓比具波麻欲能 伎奴波安礼杼 伎美我美家思志 安夜尓伎保思母
筑波嶺(つくばね)の 新桑(にひくは)繭(まよ)の 衣(きぬ)はあれど 君が御衣(みけし)し
あやに着欲(きほ)しも
」・・・・詠み人不明

時代が下って鎌倉時代に栄西禅師が茶書の「喫茶養生記」と言う書物を書いております。

余談・・・昔から雷が鳴ると「桑原、桑原」と雷を避ける呪文のように言いますが、これは学問の神様の「菅原道真」が
怨霊になって雷を落とした「清涼殿落雷事件」を避けるために「ここは菅原道真の所領であった京都の桑原ですよ。
ですから雷を落とさないでください。」と願いを込めて「桑原、桑原」と言うようになりました。

唱歌「赤とんぼ」に
「山の畑の、桑の実を小籠に摘んだは、まぼろしか」とあり、昔は成熟した桑の実を子供たちがお菓子として食していました。

余談・・・お坊さんが読経の時に打ち鳴らす木魚ですが、桑や花梨(カリン)で作った木魚は最高級木魚と言われ、
他に茶箪笥や茶道具も桑の木で作った道具は最高級品と言われます。

余談・・・・桑の花言葉は「私はあなたを助けません。」
特徴・形態
桑の特徴として桑が成長すると幹は節くれだちで高さ10メートル、幹の直径は60センチ程になるが、桑畑では大きく
ならないように剪定されて低木に育てられています。
桑の材は堅くて光沢があり、箪笥や柱として利用できます。

余談・・・・桑の木で作ったお茶わんやお箸を使用すると中風予防、不老長寿が得られると言われ、御長寿のお祝いの品に
贈られます。

桑の葉は互生し、大型の卵円形で葉の先は急に狭まって尖り、基部は多少ハート形で、3裂する葉が混じっています。
葉縁には荒い不整の鋸歯があり、葉の表面はざらつきます。

4月から5月の春先に新しい枝の基部に淡黄色の小花が密集した楕円形の花序をつけます。
桑は雌雄異株ですがまれに同株もあり、花には花弁が無く、がくが4枚あり、雄花には雄しべが4本、雌花には雌しべが
1本あります。
そう果は多肉質の宿存がくに包まれています。

果実は雌花が咲き終わった後に果実を付けます。果実は多肉質で密に集まって花穂上につきます。
果実には棘状の突起部があり、最初はイチゴのような色をしているが熟れると紫黒色になります。
この果実は美味しく食する事が出来ます。
成分
桑の葉に含まれる成分としてDNJ(1−デオキシノジリマイシン)が含まれており、DNJは桑にしか含まれない成分です。
使用部位
桑の根皮のコルク層を取り除き乾燥させた物

桑の葉(商品名・・・桑葉 そうよう ソウヨウ)

桑の枝(商品名・・・桑枝 そうし ソウシ)

桑の果実(商品名・・・桑椹 そうじん ソウジン)、(商品名・・・桑椹子 そうじんし ソウジンシ)
採取時期と管理・保存方法
桑の採取時期として

桑の根・・・桑の根を掘り出して水洗いをして生のうちに外側の皮とコルク層を取り除いて日干しします。

桑の葉・・・7月から8月の夏季に厚みのある葉を摘み取ってから日陰干しします。

桑の枝・・・秋から冬に枝を切り取ってから日干しします。

桑の実・・・・食する場合は黒紫色になった頃に食し、果実酒にする場合は赤い状態のときに採取し、水洗いをしてから焼酎に
漬け込みます。
煮出し方、飲み方
桑の葉や桑の枝はお茶代わりに飲んだり、桑の葉の粉末や桑の実を食したりします。

桑の葉や桑の枝を煎じる場合は
クマザサの葉約5グラムから10グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程煎じて、
煎じ終われば桑の葉や桑の枝は取り除き、1日数回お茶代わりに飲用します。

桑の葉や桑の枝を他のお茶類(麦茶、どくだみ茶、ウーロン茶など)と一緒にミックスして美容目的、健康目的のお茶として
飲用しても良いです。

桑の葉や桑の枝などの健康茶を多く作って冷蔵庫に保管しても良いです。

桑の葉の粉末の場合は
桑の葉の粉末を1回量約1グラム〜2グラムを目安に水またはぬるま湯で1日数回服用するか、そのまま食してください。
(小さじ半分ぐらいが約1グラムです。)

桑の葉の粉末を単独で食しても良いが、牛乳、野菜ジュース、スープなどに混ぜて飲用しても良いですし、
小麦粉と混ぜて料理に使用されても結構です。

「粉末が咽喉に引っかかる」、「味が苦手」などの支障がある場合はオブラードに包んで服用しても結構です。


桑の実を煎じる場合は
桑の実約5グラムから10グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程煎じて、
煎じ終われば桑の実は取り除き、1日数回に分けてお茶代わりに飲用します。

桑の実を他のお茶類(麦茶、どくだみ茶、ウーロン茶など)と一緒にミックスして美容目的、健康目的のお茶として
飲用しても良いです。


桑の実はそのまま食しても良いです。お酒に漬けても良いです。
参考資料

農業全書ー菓木之類(1697年 宮崎安貞)
桑ハ、四木の一つにて、取分貴き物なり。凡て人世の重き物ハ、衣食に過る事なし。
しかれバ五穀に次て必うゆべき物なり。古ハ、人家ごとに、やしき廻りに桑をうへて、応じ応じに、糸綿を取て、
衣服の儲としたりと見えたり。殊に一度うへをきてハ、女功<をんなのてま>ばかりにて、農事<つくり>の妨げともさのミならず。
草木こそ多き中に、青葉より糸綿の出る事、実に奇妙の霊木なり。近来木綿を広く作りて、其しるし速かにして、
下賤<いやしきもの>のために、便りよきを専らとして、名所の外ハ桑のしたて、疎かになりたると見えたり。
されど木綿も又、土地所によりて、をしなべて作る物にあらず。山中雨霧のふかき所、其外作りて利なき所多し。
此等の所にてハ桑に宜しき土地をゑらび、やしき廻り、牛馬のふせぎなど、無益の雑木をのぞき専らうゆべき物なり。
是に先二色あり。一色ハ木立のびやかにふとりて、葉丸く広く厚し。葉の切め少ありて、実多くならず。是を唐の書にハ、
魯桑と云て、桑の上としるし置り。今一色。しん木枝まで細く堅く見えて、葉の切めふかく、菊の葉のごとし。
椹多くなりて、木のかたちふくやかならず。是を荊桑と云なり。
魯桑ハ蚕にかいて糸綿多く、荊桑ハ葉うすく堅きゆへ、其利劣れり。糸ハつよし。魯桑ハ木やハらかなれば、久しくこたへず。
荊桑ハ、幹木より枝葉まで堅きゆへ、久しくさかへてつよき物なり。然るゆへに、荊桑をだい木にして、魯桑の穂を接たるがよしと、
唐の書にハしるし置り。尤さもあるべき事なれども、桑ハ生じ安くさかへやすき物にて、接木、さし木、取木などするにもも及バず。
よきたねを年々まき、苗を多く生立をき、古木のかハりにうへつぐべし。

苗を仕立る事。椹黒く熟したる時取て、其まゝもミつぶし、水にてゆり乾かしをき、苗地をいかにも細かにこなし、
糞をいかほども多くうちさらし置て、畦作り菜をうゆるごとくし、横に筋をかき、たねを蚕の糞其外糞土、灰をも合せて、
うすくむらなくまき、土をいかにもうすくおほひ、うるほひなき時ならバ、少踏付置べし。早せバ、水をそゝき、草あらバぬきさり、
厚く生<はへ>たる所をバ、間引すて、其後も糞水を度々かけ生立をき、もし寒気つよき所ならバ、牛馬糞又ハ糠を以ておほひ置、
あけて正二月移しうゆべし。

又桑の実を取て、其まゝなハにすり付て、がんぎのはゞに合せて、縄を切てうへ、土をおほひ、しかとふミ付をくもよく生る物なり。
少くさりたる縄よし。

移しうゆる地の事。畠にうゆるハ、間を四五尺もをきて、一本づゝ、若ハ二三本一所にうへたるも、つミ取しるし早し。
通りを直に、畠のかつかう次第に筋と筋との間、麦畦二つ三つも、土地と其人の勝手にまかせてうゆべし。
其外畦、きし、川の辺り、水に近き所よくさかゆる物なり。殊に水をそゝくに便りもよし。
さて有付て後ハ、廻りをうちかじり草を削り、根の廻りに埋ミをき、緑豆<ぶんどう>、小豆などを蒔、二年の間ハ、葉をとらず、
其まゝをきて、三年めとり、つミ取べし。但、土地の肥やせによるべし。
よく肥てさかへうるハしきハ、明る年よりもつミ取べし。

又椹をうゆる法。黒く熟したるを取て乾かしをき、両方の端を切去て、中バかりをたねとすれば、木と成てよくさかへ大る物なり。
柴の灰とたねをしめしもミ合せ明る日水にてゆり、粃など浮ぶ物を去、さらし乾かしてうゆれバ生安し。

又あれたる畠を耕しこなし、糞をうちさらし置たるに、黍たねと椹を等分に合せてまき、沙にてうすく種子おほひをし、
生て後折々中うちし、草かじめして、桑苗の生たるをバ、二三寸に一本あて生立をき、黍実りて、穂を刈取、其後からをかり干し、
火を付、風上より焼置ハ、春になりてハ桑生じさかへて、其年はや、蚕に飼ふほど有物なり。

又云、屋敷廻り其外、平地の和らかなる所ハ、魯桑も荊桑も皆よし。若高き岡、又ハ山畠など、性のつよき堅き地、
風当の所などハ荊桑をうゆべし。

又南西の方の畦に、麻を蒔、東北の方の畦に、桑の子ときびたねを合せ蒔べし。早して地乾きたらバ日おほひをし、棚を作り、
水をもそゝくべし。是も黍と共に刈たをし、順風に焼べし。其後糞灰を用ひ手入をしをけバ、春になりてさかゆるを、
移しうゆるもよし。子をうへ付にして、其まゝ生立るも本よりよし。
接木、取木、さし木、何れもよし。中にも、下枝の根に近きををしをかけ、糞を以て、培ひとり木にして、根よく出たるを見て、
切はなし移しうゆる事、しるし速かなり。

又地桑を作る法あり。高き木ハ、葉をつむに便りよからず。其上、高き木ばかりにてハ、事たらぬ時もあり、
又勝れて蚕の利潤多く、土地の余計ある所などハ、専ら是を作るべし。畠の中に芳野うるしうゆるごとく、四五尺間を置て、
桑苗一かぶに二三本づゝ、穴を堀糞を入てうへをき、ふとりたる時、土際一尺ばかりをきて、鋸にて引切、きり口を削り、
松脂か?をぬり火にてやき付をき、来春、芽立少出る時、ふといさかゆべきを二三本或四五本をきて、其余ハ皆かき去べし。
小枝多ければ葉うすく細くして、蚕に飼て糸少なし。
桑ハ生じ安き物にて、十一月より、寒中の外は、何れの月うへてもよく活るものなり。苗を仕立る所も又移しうゆる所も、麻か、
いちび、粟黍にても日の当る方にうへて、其かげをとるべし。

又葉をつみ蚕飼んとする前つかた、清水<よきミず>をうちて、つミとるべし。雨の後ハくるしからず。
(欄外)桑の葉に水けあれバかいこのどく也と云。

三月三日晴れば、桑よくさかゆるものなり。此日若雨ふれバ、桑の葉、価ひ高く綿も高し。

又桑久しくさかへて後ハ、となりの根とからミ合て、根上しもし、栄えかぬる物なり。其時ハ中うちをあらくし、悪き根の上に
あがりてあるをバ切去べし。

又畠に地桑を専らうゆる数ハ、凡一段に六七百科うゆる積もりと唐の書にハしるせり。尤土地の肥磽にハよるべし。
とかく大かたの地にてハ、中に物を作りて、其間々端々、畦きしに見合せうへたるハ、桑許うへたるにおとらず、
さかへ葉も肥る物なり。

又桑苗を仕立るに、去年のたねも少々生るといへども、当年の椹を取て、極熱前に蒔たるハ、残らずよく生る物なり。
椹をとりをきて、器物に入をくか、其外いきるゝ様にハおさめをくべからず。
ことの外熱気のつよき物にて、いきぎれ損ね、又鼠のよく食する物なり。其心得をすべし。

又柘榴の木を多くうへをきて、若葉を蚕に飼へバ桑と同じく、糸を生ず。此糸ハ琴の糸にして、其音清く響きて、
つねの糸よりハ甚勝れり。されども糸アすくなし。是を蚕に飼んとならバ、前年葉を残らず切はらひ去べし。
其まま置バ、春の若葉も毒ありて蚕に忌なり。柘榴を子うへとり木にする事も、桑と大かた同事なり。
此二木取分用材なり。細き時ハ、馬の鞭にし杖にもよし。十五年廿年に及べバきやうそく、腰かけ、
又ハ弓にも作る。又わかき直なる四五尺バかりもあるを、たハめて、弓のごとく縄にてはりをき、
後々大木となりて、馬の鞍にうちてハ、上もなき物なり。されども平地に生たるハよからず。
山中岩間より生て久しき曲がりを、重宝とハするなり。桑槐楡楮<かうそ>五木是なり。
此内にて取分桑を貴しとするとしるせり。又四木ハ桑漆楮茶是なり。凡桑ハ大木をよしとす。
わか木の枝を刈て用ゆるハ、たやすきやうなれども、葉すくなし。殊に蚕の小き時ハ、柔なる葉よけれども、
少ふとりて後ハ、老木の厚き葉を飼ざれば、虫ふとらず糸多く生ぜず。蚕小きうちバかり、若木の葉を用ゆる
事となり。又山辺の木にハ、葉にさまざまの病を生ずる事多し。唯大河ばたの桑尤よし。かいこも疾なく
よくそだち、種子よく出るとなり。かいこのたねハ高直なる物となり。抑桑を多く仕立る事ハ、西国ならば
丹後但馬辺にて、委しく其制法をならひ、木多くなりたらバ、名所より男女を雇ひよせて、委しく其術を尽すべし。
蚕を飼ふ事さまざま手入れの次第ある事也。又東国の方ならバ、武蔵上野などにて、万の仕立、
其法を詳に聞ならひ、よく得心して後、広く仕立る事、肝要なり。前に記すごとく、近来中国辺に、楮の利多き
事を国々に聞伝へ、委しく其術をまなバず、能其地味を弁へずして、妄にひろく楮を種て、多くの人民を苦しめ、
莫太の財を費せし所おほしとかや。是皆大事を作すに、能其始を謀らざるゆへ、其終に失多き事かぎりなし。
都てかゝる類ひハ、尤其始を謀るに、心を用ゆべきものなり。

その他
特に無し
注意事項
@本品は天然物(植物)で性質上吸湿しやすいものがあります。
そのため保存には十分ご注意ください。保存が悪いとカビ、虫害等の発生する原因になることがあります。

A開封後は直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

B本品には品質保持の目的で脱酸素剤を入れておりますので、一緒に煎じたり、食べたりしないようにご注意ください。

C幼児の手の届かない所に保管してください。

D他に容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わる場合があります。)
価格

桑の葉、桑葉(日本産)(刻み) 500グラム 2,000円+税
桑の葉、桑葉(中国産)(刻み) 500グラム 1,000円+税
桑の葉、桑葉(粉末)(日本産) 500グラム 3,000円+税
桑の葉、桑葉(粉末)(中国産)  500グラム 2,500円+税
桑の枝、桑枝(日本産)(刻み) 500グラム 1,500円+税
桑の実、桑椹、桑椹子 500グラム 6,000円+税
桑の実、桑椹子(エキス)(100グラム)  100グラム 4,000円+税 
桑の実、桑椹子(エキス)(500グラム)  500グラム 15,000円+税

特定商取引に関する内容
←こちらをクリック
ご相談・ご注文
←こちらをクリック
最近お客様より「相談や注文をしたが返信が無い」と御叱りをいただきます。当店は当日又は翌日には必ず返信をしております。

もし、2日、3日待ってもご返事がない場合はお手数ですがもう一度お問い合わせください。必ず返答はいたします。

当店からの返信メールが届かないお客様へ
当店からお客様へ返信したメールがお客様の迷惑メールフォルダにある事例が多々あります。

「返信が来ない。」と思われたらお客様の迷惑メールフォルダを見てください。

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダにございましたらご面倒ですが別のアドレスで当店へ返信をお願いします。
やなぎ堂薬局 住所
郵便番号 790-0014
愛媛県 松山市 柳井町 1-14-1 やなぎ堂薬局 柳井町店 
電話番号/FAX番号 089-921-9401
食品植物一覧表
←こちらをクリック
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2010 yanagidou All Rights Reserved