クコ 花
クコ 花
枸杞 果実
クコ 果実
枸杞 果実
(枸杞子)
枸杞 果実 枸杞子
枸杞 葉
(枸杞葉)
枸杞 葉
枸杞 果実 
粉末
枸杞 果実 粉末
枸杞 葉 
粉末
枸杞 葉 粉末
枸杞 果実 葉 
ミックス 粉末
(クコ総合末)
枸杞 果実 葉 混合
クコの実、葉 
ミックス 粒
(クコの素)
枸杞 果実 葉 混合 丸剤
枸杞 クコ  くこ 地骨皮
和名、植物名
枸杞 くこ クコ イヌグコ オニグコ イウメ 仙人杖(センニンジョウ)
商品名
枸杞葉 くこよう クコヨウ 枸杞子 くこし クコシ クコの実
学名
Lycium chinense
分布
枸杞(くこ)はクコ属ーナス科の落葉低植物で九州、四国、本州の日本各地から朝鮮半島、台湾、中国大陸の山地や原野、
川辺、道端、海辺の砂浜などに自生する落葉小低木です。

枸杞は昔から身体に良い食べ物としてお茶代わりに飲まれたり、食されたりしておりました。

クコの葉は「枸杞葉(くこよう)」、クコの果実は「枸杞子(くこし)」、根皮は「地骨皮(じこっぴ)」と言います。

クコのように葉、果実、根皮などの部位によって呼び名が異なる植物は珍しいです。

中国では枸杞を「春の天精草 夏の長生草 秋の枸杞子 冬の地骨皮」と言い、春の枸杞葉を「天精草」、
夏の枸杞花を「長生草」、秋の果実を「枸杞子」、冬の根皮を「地骨皮」と言います。

枸杞は中国最古の書物に書かれています。

日本には平安時代に伝わったと言われ、文徳天皇がクコを栽培する庭園を持っていたと言う逸話があります。

余談・・・高知県に高知県出身の植物学者の牧野富太郎先生の業績を顕彰する施設「牧野植物園」があり、
そこに牧野博士晩年の書斎「ようじょう書屋」を再現したジオラマがあります。
そこに「長命をしようと想えば枸杞を食え」書かれた壁紙があります。
ちなみに牧野先生は1862年に生まれ1957年に94歳の天命を全うされました。
当時としては大変な御長寿でした。

クコの花言葉は「忘れましょう」です。
特徴・形態
クコの特徴として茎は群がって生え、上向きによく枝を出します。枝は細長くて縦筋があり、太さは5ミリから1センチほどで、
長さは1メートルから2メートルになり先は垂れます。

茎はまっすぐに伸びす、所どころに短枝の変化した棘があります。(この棘は日本産しかありません。)
棘の長さは1センチから2センチ程あります。

葉は皮針形か倒卵形で互生又は数枚集まって生じており、葉の大きさは2センチから5センチぐらいで、葉の質は軟らかく、
数枚の葉が集まっています。

花は8月から11月にかけて葉腋から細い柄を出して淡紫色で先に5裂した直径1センチ程の小花をつけ、
この花はナスの花によく似ております。
がくは5裂しおしべは5本、めしべは1本あります。

花が枯れた後に果実を付けます。果実は1センチから2センチ程楕円形の果実で、果実が熟すと紅色になります。
(色と形はミニトマトによく似ています。)

枸杞は非常に繁殖力の強い植物で、温暖な気候の地域でも寒冷な気候の地域でも適当な湿度があれば庭や空き地に
さし木にするとよくつきすぐに育ちます。
成分
枸杞に含まれる成分として果実にベタイン、ツセアキサンチン、ゼアキサンチンを含んでおり、果皮はピザリエンを含んでおります。

葉にはフラボノイドのルチン、βーシトステロールグルコサイド、ビタミンB1、B2、カリウムを含んでいます。

根にはベタインやリノール酸を含んでおります。
使用部位
クコの果実(商品名 枸杞子 くこし クコシ)

茎葉(商品名 枸杞葉 くこよう クコヨウ)

根茎(商品名 地骨皮 じこっぴ ジコッピ)
採取時期と管理・保存方法
クコ葉の採取時期として
枸杞葉の場合は夏の盛りに若葉を採取し日向で乾燥させます。仮に夏場の葉が虫に食われていれば春から秋の間に
採取しても良いです。

クコ葉の採取時期として
枸杞の実は実が赤く熟した秋に採取します。

果実の加工方法として
採取した果実から果柄を取り除いて日陰の風通しのよい場所で乾燥させます。
果実にシワが出来出したら日向で乾燥させます。
煮出し方、飲み方
クコの実やクコの葉はお茶代わりに飲んだり、クコの実やクコの葉の粉末を食したりします。

枸杞子を食する場合は、枸杞子を10粒から20粒ぐらいを食します。

枸杞子を煎じる場合は
枸杞子約5グラムから10グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程煎じて煎じ終われば
枸杞子を取り出してから1日数回お茶代わりに飲用します。

枸杞葉を煎じる場合は
枸杞葉約5グラムから10グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程煎じて煎じ終われば
枸杞葉を取り出してから1日数回お茶代わりに飲用します

クコの実やクコの葉を他のお茶類(麦茶、どくだみ茶、ウーロン茶など)と一緒にミックスして美容目的、健康目的のお茶として
飲用しても良いです。

クコの実やクコの葉などの健康茶を多く作って冷蔵庫に保管しても良いです。

クコの実やクコの葉の粉末の場合は
クコの実やクコの葉の粉末を1回量約1グラム〜2グラムを目安に水またはぬるま湯で1日数回服用するか、
そのまま食してください。
(小さじ半分ぐらいが約1グラムです。)

クコの実やクコの葉の粉末を単独で食しても良いが、牛乳、野菜ジュース、スープなどに混ぜて飲用しても良いですし、
小麦粉と混ぜて料理に使用されても結構です。

「粉末が咽喉に引っかかる」、「味が苦手」などの支障がある場合はオブラードに包んで服用しても結構です。
参考資料
特に無し
その他
春先のクコの若葉を塩ゆでにしてクコ飯にしたり、天ぷらにしたりして食しても良いです。
注意事項
@本品は天然物(植物)で性質上吸湿しやすいものがあります。
そのため保存には十分ご注意ください。保存が悪いとカビ、虫害等の発生する原因になることがあります。

A開封後は直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

B本品には品質保持の目的で脱酸素剤を入れておりますので、一緒に煎じたり、食べたりしないようにご注意ください。

C幼児の手の届かない所に保管してください。

D他に容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わる場合があります。)
価格

枸杞子(クコの果実)
500グラム 3,000円+税
枸杞葉(クコの葉)(日本産)
500グラム 1,000円+税
 枸杞葉(クコの葉)(韓国産)
500グラム 3,000円+税
 枸杞葉(クコの葉)(中国産)
500グラム 2,000円+税
枸杞子(クコの果実)(粉末)
100グラム 800円+税
枸杞葉(クコの葉)(日本産)(粉末) 100グラム 500円+税
枸杞葉(クコの葉)(中国産)(粉末) 500グラム 2,000円+税
黒枸杞(クロクコの果実)  100グラム 6,400円+税 

参考文献
北驫ルー原色牧野和漢薬草大図鑑
特定商取引に関する内容
←こちらをクリック
ご相談・ご注文
←こちらをクリック
最近お客様より「相談や注文をしたが返信が無い」と御叱りをいただきます。当店は当日又は翌日には必ず返信をしております。

もし、2日、3日待ってもご返事がない場合はお手数ですがもう一度お問い合わせください。必ず返答はいたします。

当店からの返信メールが届かないお客様へ
当店からお客様へ返信したメールがお客様の迷惑メールフォルダにある事例が多々あります。

「返信が来ない。」と思われたらお客様の迷惑メールフォルダを見てください。

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダにございましたらご面倒ですが別のアドレスで当店へ返信をお願いします。
やなぎ堂薬局 住所
郵便番号 790-0014
愛媛県 松山市 柳井町 1-14-1 やなぎ堂薬局 柳井町店 
電話番号/FAX番号 089-921-9401
食品植物一覧表
←こちらをクリック
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2013 yanagidou All Rights Reserved