薬用植物・生薬・薬草・健康茶 カ楼仁、カ楼実、カ楼根について やなぎ堂薬局
黄烏瓜 
未成熟果実
黄烏瓜
黄烏瓜 成熟果実
黄烏瓜
 烏瓜 成熟果実
 
カ楼根 カロコン
瓜呂根
カ楼仁 カロニン
瓜呂仁
カ楼仁 カロニン
粉末
カ楼仁 カロニン 粉末
カ楼実 カロジツ
瓜呂実
黄烏瓜 きからすうり  キカラスウリ
和名
黄烏瓜 きからすうり キカラスウリ
生薬名
瓜呂実、括楼実、かろじつ、カロジツ、瓜呂仁、括楼仁、かろにん、カロニン、
瓜呂根、括楼根、かろこん、カロコン
学名
Trichosanthes kirilowii maxim var japonica
分布
黄烏瓜(きからすうり)はカラスウリ属ーうり科の植物で、薬用として用いられるのは黄烏瓜の根、
黄烏瓜の果実、黄烏瓜の種子が用いられます。

黄烏瓜の果実をカ(※)楼実、括楼実(かろじつ)と言います。
黄烏瓜の果実に含まれる種子をカ(※)楼仁、括楼仁(かろにん)と言います。
黄烏瓜の根を生薬名でカ楼根、括楼根(かろこん)と言います。
(※カ=木+舌)
別の漢字で瓜呂実(かろじつ)、瓜呂仁(かろにん)、瓜呂根(かろこん)とも書きます。

括楼根は明治時代に活躍した折衷派の漢方医浅田宗伯が書いた古方薬議によると
古方薬議・・・・「味苦寒、消喝、身熱、煩満、大熱ヲ主リ、小便ノ利ヲ止メ、膿ヲ廃シ、腫毒ヲ消シ、
津液ヲ行ラス。

と書かれています。

括楼実、括楼仁は江戸時代に活躍した古方派の漢方医吉益東洞が書いた薬徴によると
薬徴・・・・「胸痺ヲ主治スル也。傍ラ痰飲ヲ治ス。
と書かれています。

他にも括楼実、括楼仁は明治時代に活躍した折衷派の漢方医浅田宗伯が書いた古方薬議によると
古方薬議・・・・「味苦冷胸痺ヲ主リ、心肺ヲ潤シ、咽喉ヲ利し、胸隔ノ鬱熱ヲ去リ、痰結ヲススグ。
嗽ヲ治スノ要薬ト為ス。

と書かれています。

か楼仁、か楼根は日本薬局方に記載されています。

キカラスウリは北海道から九州、沖縄など日本全国に分布している植物で、主に山麓や川ばたなど
で見ることが出来ます。
特徴・形態
キカラスウリの特徴として茎は細長いつる状で、色々な樹木などにからみついて蔓を伸ばしています。
葉の形は5角形で光沢感があり葉の表面には繊毛が少なく、すこしザラザラ感があります。

根はとても太くて大量のデンプンを蓄えています。
(余談・・・このデンプンから昔あせもの予防、治療に使われていた
天花粉の材料が採取されていました。)

花の特徴として雌雄異株で花期は6月から9月の夏の時期に見られます。
花の特徴として花びらは白色かやや黄色を帯びており、香りはとても良く、開花時期として初夏から
夏の夕方頃に花が咲き出し、翌日の朝頃にしぼみ始めます。
成分
キカラスウリの果実に含まれる種子にはリノール酸、リネイン酸などが含まれています。

キカラスウリの根には多くの澱粉が含まれています。でんぷんの他にシトルリン、アルル、トリコサン酸、
γーアミノ酪酸、βーシトステロールスティグマステロール、コリンなどが含まれています。
使用部位
キカラスウリの果実

キカラスウリの果実に含まれる種子(日本薬局方)

キカラスウリの根茎(日本薬局方)
採取時期と管理・保存方法
カロニンの採取時期は10月から12月の秋から冬にかけて熟した果実から種子を取り出して水洗いを
してから風通しの良い場所で日陰干しを行って乾燥させます。

カロコンの採取時期は10月から12月の秋から冬にかけて根を土の中から掘り出して水洗いをしてから
コルク質を取り除き、それから日干しを行って乾燥させます。

カロジツの採取時期は10月から12月の秋から冬にかけて果実を採取し、水洗いをしてから風通しの
良い場所で日陰干しを行って乾燥させます。
薬効、服用方法
民間的にはキカラスウリの種子を煎じて連用すると解熱、鎮咳、利尿などに効果があると言われ、
風邪が原因の解熱、咳止めに用いたりします。

カ楼仁を煎じる場合は
か楼仁3グラムから5グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程煎じて1日
数回服用します。

民間的にはキカラスウリの根を煎じて連用すると解熱、催乳、鎮咳、利尿などに効果があると言われ、
風邪などの解熱、咳止めに用いたり、母乳が出にくい場合に用いたりします。

カ楼根を煎じる場合は
か楼根3グラムから5グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程煎じて1日
数回服用します。

キカラスウリの粉末の服用方法は
キカラスウリの粉末を1日2グラムから4グラム(小さじ1杯から2杯)を目安に水またはぬるま湯で
1日数回服用するか、お湯に混ぜて服用してください。(小さじ半分ぐらいが約1グラムです。)

「粉末が咽喉に引っかかる」、「味が苦手」などの支障がある場合はオブラードに包んで服用しても
結構です。
瓜呂仁、瓜呂根を含む漢方処方
柴陥湯・・・瓜呂仁が含まれています。
か楼薤白白酒湯・・・瓜呂仁が含まれています。

柴胡桂枝乾姜湯・・・瓜呂根が含まれています。
柴胡清肝湯・・・瓜呂根が含まれています。
柴胡去半夏加カ楼湯・・・瓜呂根が含まれています。
参考資料
瓜呂仁について
古方薬議
「味苦冷、胸痺を主り、心肺を潤し、咽喉を利し、胸隔の欝熱を去り、痰結をすすぐ。嗽を治すの
要素と為す。」

薬徴
「主治胸痺也。旁治痰飲。」

瓜呂根について
神農本草経ー中品
「カ(※)樓。一名地樓。味苦寒。生川谷。治消渇。身熱煩滿。大熱。補虚安中。續絶傷。」

古方薬議
「味苦寒、消渇煩満、大熱を主り、小便の利を止め、膿を排し、腫毒を消し、津液を行らす。
心中結痛する者は、是に非ずんば除くこと能わず。」

薬徴続編
「主治湯」
その他
黄烏瓜(きからすうり)の類似種に烏瓜(からすうり)があります。

烏瓜(カラスウリ)の根を生薬名で「王瓜根(おうかこん オウカコン)」と言い、烏瓜の種子を生薬名で
「王瓜仁(おうかにん オウカニン)」と言います。

キカラスウリとカラスウリの違いは
@ キカラスウリの葉には光沢感があるがカラスウリの葉には光沢感が無い。

A キカラスウリの花は太陽が照り始めても咲いている場合が多いが、カラスウリは明け方には花が
しぼみ始めると言われます。

B キカラスウリの果実が熟せば黄色くなるが、カラスウリの果実は熟せば赤くなります。
注意事項
十八反によれば附子とカ楼根、カ楼実、カ楼仁の併用は禁忌とされています。
参考文献
北驫ルー原色牧野和漢薬草大図鑑
ご相談・ご質問
←こちらをクリック

インターネット販売は実施しておりません。店頭での販売になります。
生薬、薬草のご相談、ご質問は上記のボタンをクリックしてください。

最近お客様より「相談や注文をしたが返信が無い」と御叱りをいただきます。
当店は当日又は翌日には必ず返信をしております。

もし、2日、3日待ってもご返事がない場合はお手数ですがもう一度お問い合わせください。
必ず返答はいたします。


当店からの返信メールが届かないお客様へ
当店からお客様へ返信したメールがお客様の迷惑メールフォルダにある事例が多々あります。

「返信が来ない。」と思われたらお客様の迷惑メールフォルダを見てください。

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダにございましたらご面倒ですが別のアドレスで
当店へ返信をお願いします。
生薬・薬草一覧表
←こちらをクリック
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2006 yanagidou All Rights Reserved