霍香 かっこう カッコウ
和名
川緑 かわみどり カワミドリ 加波美止利 パチョリ パチュリ 天竺薄荷
生薬名
霍香 かっこう カッコウ 

広霍香 廣霍香 こうかっこう コウカッコウ(パチョリ) 

土霍香 どかくこう ドカクコウ 川霍香(カワミドリ)

排草香 はいそうこう ハイソウコウ
学名
Agastache rugosa(カワミドリ)

Pogostemon cablin(パチョリ)
分布
川緑(かわみどり)はカワミドリ属ーしそ科の植物で、日本各地や台湾、朝鮮半島、中国大陸まどの東アジアの温暖な草原、
山地などに生える多年草の植物です。

カワミドリは根、茎、葉などの全草から強い香りがします。カワミドリの部位で香りが強いのは根で、清涼感があって爽やかな
香りがあります。香りは薄荷によく似た香りです。

生薬名の「霍香」の由来ですが、李時珍が書いた「本草網目」によると、カワミドリの葉がマメの葉の「霍」に似ているので
こう名付けた。と書かれています。

日本名の「加波美止利(カワミドリ)」は深江輔仁が書いた「本草和名」に出てきます。
「川緑」の由来は不明です。
他に日本ではカワミドリの全草を使用した商品を「土霍香」と言い、葉だけ使用した商品を「排草香」と言います。

パチョリ(別名 パチュリ)はミズトラノオ属ーしそ科の植物で、原産地はインドまたはフィリピンですがマレーシア、ベトナム
などの東南アジアやインド南部、中国南部などの熱帯地方の湿った土地で栽培されている多年草の植物です。

パチョリは川緑と同じく全草から強い芳香を放ち、古くからお香の原料、香水の原料、衣類の香り付け、入浴剤、薬用に
用いられてきました。

カワミドリと同じくパチョリの全草を使用した商品を「広霍香」と言います。


余談・・・良い香りがする植物や香水や香料になる植物は「シソ科」の植物が多いです。
有名なシソ科の植物は「紫蘇」、「薄荷」、「ラベンダー」、「ローズマリー」、「タイム」、「バジル」、「セージ」、「オレガノ」、
「マジョラム」、「レモンバーム」などがシソ科に属する植物です。
一般的にシソ科の植物はハーブに分類されます。

ハーブ以外にシソ科の植物でよく利用される植物は「キランソウ」、「カキドオシ」、「ヒキオコシ」、「メハジキ」、「シロネ」、
「エゴマ」、「ウツボグサ」、「タンジン」、「ケイガイ」、「コガネバナ」などもよく利用されるシソ科の植物です。
特徴・形態
カワミドリの特徴ですがカワミドリは全草から独特の香りします。
草丈が40センチから100センチぐらいで茎は四角柱状で直立して成長し、茎の上部で枝分かれします。

葉は対生し葉の形は心臓形、卵心形か広卵形で、葉の長さは5センチから10センチぐらい、葉には柄があり鋭尖頭で
縁に鋭きょ歯があります。
葉の質は薄く、葉の裏側には白色で細毛があります。

花は8月から10月ごろに茎や枝の先に小型の紅紫色の唇形をした総状花序を咲かせます。
花は紅紫色の唇形花をたくさんつけます。花のがくは筒状で五裂し、一つ一つの花は唇形の花冠で、
花の長さは約1センチほどで雄しべが4あり、この雄しべが花冠より外に長く突き出ています。

果実ですが分果で、扁三稜状の倒卵形の形をしております。

パチョリの特徴ですがカワミドリと同様に全草から独特の香りします。
パチョリは熱帯地方の植物なので暑くて土が湿った環境を好みますが、直射日光には弱いです。
草丈は50センチからから100センチぐらいで茎は四角柱状で直立して成長し、茎の下部で枝分かれします。

葉は対生し葉の形は広楕円形または広卵形で、葉の長さは10センチぐらいで葉の縁には鋭きょ歯があります。
葉の質は薄く、葉の裏側には白色で細毛があります。

花は10月頃に枝の先に小型の淡い紫色の2唇形をした花序を咲かせます。
自然界に自生しているパチョリは花を咲かせるが、香料、香水用に栽培しているパチョリは挿し木をするので花は咲かない。
成分
カワミドリに含まれる成分は精油成分のメチルチャビコール、エストラゴール、アニスアルデヒド、セスキテルペン、
アルカロイドなどを含んでいます。


パチョリに含まれている成分は精油成分のパチョリアルコール、オイゲノール、けい皮アルデヒド、メチルチャビコールなどが
含まれています。


パチョリから抽出した精油成分はパチョリ油としてアロマセラピーなどで使用されます。
使用部位
カワミドリの全草 (生薬名 霍香 かっこう カッコウ 土霍香)

パチョリの全草 (生薬名 霍香 かっこう カッコウ 広霍香)
採取時期と管理・保存方法
カワミドリの採取時期は花が咲いている時期に全草を採取して日陰乾燥します。

パチョリは葉に勢いがあるときに採取します。(年に数回採取します。)

パチョリの葉から抽出した精油は新鮮で乾燥した葉から抽出したものほど価値が高いと言われます。
薬効、服用方法
霍香を服用すると健胃、解熱、風邪薬として使用され、健胃、食欲不振、消化不良、嘔吐、下痢、風邪、頭痛などに
効果があります。

霍香を煎じる場合は
霍香約5グラムから15グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程煎じて、煎じて煎じ終われば
薬草は取り除き、1日数回に分けて服用します。
(少し苦味がありますので苦手な方は蜂蜜や甘味料などで甘味をつけても結構です。)

霍香と他の薬草(艾葉、ゲンノショウコ、重薬など)と一緒に煎じて服用しても良いです。


霍香の粉末の場合は
霍香の粉末を1回2グラムから4グラムを目安に水またはぬるま湯で1日数回服用するか、お湯に混ぜて服用してください。
(小さじ半分ぐらいが約1グラムです。)

「粉末が咽喉に引っかかる」、「味が苦手」などの支障がある場合はオブラードに包んで服用しても結構です。
霍香の入浴剤 
霍香を入浴剤として利用すれば身体に清涼感を与え気分をリラックスさせる効果があります。

霍香には上記で書いた多種多様な精油成分が含まれおり、霍香湯は清涼感で精神をリフレッシュし、アロマセラピーと同様に
肌を清潔に保ち、入浴後をサッパリさせます。

霍香の入浴剤の作り方は
霍香約30グラムを布袋に入れます。(布袋は巾着袋でも、使い古した靴下でも、ストッキングでも構いません。)

布袋に入れた霍香を約1リットルぐらいの水と一緒にお鍋かやかんに入れ約15〜20分程煮出し、煮出し終われば布袋ごと
浴槽に入れて下さい。(入浴中に布袋を揉むと成分がよく出ます。)

薬草の入浴剤の注意点
@・・・お風呂から出る時には必ず薬草のエキスをシャワーで洗い流して下さい。
薬草のエキスが身体に付着したままにしておくと人によって症状がひどくなる場合があります。

A・・・当日使った薬草の湯は翌日には使用しないでください。当日使った入浴剤は必ず入浴後に処分してください。

B・・・お風呂の残り湯を洗濯機で使用する場合は衣類に薬草の色が付着する場合がありますので注意してください。
 
生薬との組み合わせ
霍香+紫蘇葉・・・霍香と紫蘇葉を組み合わせると抗菌作用と芳香作用により気の乱れを調整したり、食欲不振、消化不良
などの弱った胃腸機能を改善します。
(漢方処方 カッ香正気散)


霍香+陳皮・・・霍香と紫蘇葉を組み合わせると芳香作用により食欲不振、消化不良などの弱った胃腸機能を改善します。
(漢方処方 カッ香正気散、不換金正気散、香砂六君子湯、香砂平胃散)
霍香を含む漢方処方
霍香正気散(かっこうしょうきさん カッコウショウキサン)

不換金正気散(ふかんきんしょうきさん フカンキンショウキサン)

香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう コウシャリックンシトウ)

香砂平胃散(こうしゃへいいさん コウシャヘイイサン)

丁香柿蒂湯(ちょうこうしていとう チョウコウシテイトウ)

銭氏白朮散(せんしびゃくじゅつさん センシビャクジュツサン)
参考資料
特に無し
その他
特に無し
参考文献
北驫ルー原色牧野和漢薬草大図鑑
ご相談・ご質問
←こちらをクリック

インターネット販売は実施しておりません。店頭での販売になります。

商品代金はお問い合わせください。

生薬、薬草のご相談、ご質問は上記のボタンをクリックしてください。

最近お客様より「相談や注文をしたが返信が無い」と御叱りをいただきます。当店は当日又は翌日には
必ず返信をしております。

もし、2日、3日待ってもご返事がない場合はお手数ですがもう一度お問い合わせください。
必ず返答はいたします。

当店からの返信メールが届かないお客様へ
当店からお客様へ返信したメールがお客様の迷惑メールフォルダにある事例が多々あります。

「返信が来ない。」と思われたらお客様の迷惑メールフォルダを見てください。

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダにございましたらご面倒ですが別のアドレスで当店へ返信を
お願いします。
生薬・薬草一覧表
←こちらをクリック
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2012 yanagidou All Rights Reserved
カワミドリ 花
カワミドリ 花
霍香 刻み
霍香 刻み