ハトムギ

ハトムギ はとむぎ 鳩麦

ジュズダマ

ジュズダマ  じゅずだま 川殻

ハトムギ

ハトムギ 煎じ用
ハトムギ 日本産
ハトムギ 日本産

焙じハトムギ

焙じハトムギ 煎じ用
川殻 ジュズ
ダマ
川殻 ジュズダマ

ハトムギ粉末

ハトムギ 粉末

焙じハトムギ
粉末

焙じハトムギ 粉末
ハトムギ
植物名
鳩麦 はとむぎ ハトムギ 四国麦 しこくむぎ シコクムギ
学名
Coix lacryma-jobi L. var. ma-yuen Stapf
分布
ハトムギはジュズダマ属ーイネ科の植物で、主にインドシナや中国南部の暖かい地方が原産です。
日本に渡来した
時代は不明だが古くから日本の温暖地域で栽培されている1年草の植物です。
特徴・形態
はとむぎの特徴として1年草で茎は数本群がって生え、草丈は1メートルから1.5メートルになり、
茎は直立しており、葉は細長い広線形で幅は2.5センチ程あります。

花期は8月から10月で雌花、雄花を数個つける。やがて果実が熟すと雌花を囲むさやに硬い円形の果実を
つける。それをハトムギと言います。

成分
ハトムギに含まれる成分として種子にデンプン、蛋白、脂肪、グルタミン酸、ロイシン、チロシン、バリン、コイシン、
ミリスチン酸、リノル酸、コイキセノライドなどを含んでいます。
使用部位
鳩麦の種子
採取時期と管理・保存方法
ハトムギの採取時期は9月から11月の秋頃にハトムギを刈り取り、そこから果実を採取して
日干しを行って乾燥させます。
煮出し方・飲み方
美容と健康維持のためにハトムギをお茶代わりに飲んだり、ハトムギの粉末を食したりします。

ハトムギを煎じる場合は
ハトムギ10グラムから30グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程煎じて
1日数回お茶代わりに飲用します。

ハトムギの粉末の場合は
ハトムギの粉末を1日2グラムから4グラムを目安に食するか、水またはぬるま湯で1日数回飲用するか、
お湯に混ぜて飲用してください。
(小さじ半分ぐらいが約1グラムです。)

ハトムギと他の植物(緑茶、麦茶、ウーロン茶など)と一緒に煎じて飲用しても良いです。

ハトムギの粉末を単独で飲用しても良いが、牛乳、野菜ジュース、スープなどに混ぜて飲用しても
良いですし、小麦粉と混ぜて料理に使用されても結構です。
「粉末が咽喉に引っかかる」、「味が苦手」などの支障がある場合はオブラードに包んで飲用しても結構です。
参考資料
特になし
その他
ハトムギの名前の由来は鳩が好んで食べたから鳩麦と言われます。
他に四国麦、四石麦(しこくむぎ)とも呼ばれます。

ハトムギと呼ばれだしたのは明治時代からでそれ以前は四国麦、四石麦(しこくむぎ)、
朝鮮麦(チョウセンムギ)、唐麦(トウムギ)、ヨク(※)苡と言われていました。(※=くさかんむり+意)

ハトムギが記載している書物は江戸中期に活躍した博物学者の貝原益軒が書いた「大和本草」に
書かれております。

ハトムギは形の上ではジュズダマによく似ておりますがジュズダマとハトムギは全く異なります。
ハトムギとジュズダマのの違いは
@ハトムギの果実にはタテジマがあるがジュズダマにはそれが無い。

A形は大変よく似ているが色はハトムギが茶色であるがジュズダマはやや灰白色帯びた物とやや黒色の物がある。

Bハトムギは指で強く押すと砕けるが、ジュズダマは砕けにくいのが特徴です。

Cジュズダマに含まれるデンプンはウルチ性であるがハトムギに含まれるデンプンはもち性である。

使用上の注意
@本品は天然物で性質上吸湿しやすいものがあります。
そのため保存には十分ご注意ください。保存が悪いとカビ、虫害等の発生する原因になることがあります。

A開封後は直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

B本品には品質保持の目的で脱酸素剤を入れておりますので、一緒に煎じたり、食べたりしないように
ご注意ください。

C幼児の手の届かない所に保管してください。

D他に容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わる場合があります。)
価格
ハトムギ 500グラム 400円+税
焙じハトムギ 500グラム 500円+税
ハトムギ(粉末) 500グラム 900円+税
焙じハトムギ(粉末) 500グラム 1,500円+税

特定商取引に関する内容
←こちらをクリック
ご相談・ご注文
←こちらをクリック

最近お客様より「相談や注文をしたが返信が無い」と御叱りをいただきます。
当店は当日又は翌日には必ず返信をしております。

もし、2日、3日待ってもご返事がない場合はお手数ですが
もう一度お問い合わせください。必ず返答はいたします。

当店からの返信メールが届かないお客様へ
当店からお客様へ返信したメールがお客様の迷惑メールフォルダにある事例が多々あります。

「返信が来ない。」と思われたらお客様の迷惑メールフォルダを見てください。

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダにございましたらご面倒ですが別のアドレスで当店へ返信をお願いします。
やなぎ堂薬局 住所
郵便番号 790-0014
愛媛県 松山市 柳井町 1-14-1 やなぎ堂薬局 柳井町店 
電話番号/FAX番号 089-921-9401
食品植物一覧表
←こちらをクリック
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2006 yanagidou All Rights Reserved