栃葉人参 花 
 
 栃葉人参 果実
 
 竹節人参
日本産 生
 
 竹節人参 
日本産 刻み
 
 竹節人参 
日本産 粉末
 
栃葉人参 トチバニンジン 竹節人参 チクセツニンジン
和名
栃葉人参 とちばにんじん トチバニンジン
生薬名
竹節人参 ちくせつにんじん チクセツニンジン
学名
Panax japonicus
分布
栃葉人参(とちばにんじん)はオタネニンジン属ーうこぎ科に属する植物で、北海道から九州の山地にある樹木の下や日陰又は湿気の多い場所に
生える多年草の植物で、日本にしか見られない日本特産の植物です。

植物名の栃葉人参の名前の由来ですが葉が栃の葉(トチノハ)に似ているのでこう言われます。
生薬名の竹節人参の名前の由来は根茎が竹のように節があるのでこう言われます。

トチバニンジンは古くから日本に自生しておりましたが、栃葉人参を薬用として利用を始めた人が中国の明国出身の何欽吉(かきんきつ)と
言われます。

何欽吉は明国末期の戦乱から逃れて日本の薩摩藩(現在の鹿児島県)大隅半島に移住した人物で、大隅半島での山中で朝鮮人参に
よく似た植物を発見し、この植物を「和人参」と名付けられ、地元に人々の治療に用いられました。

徳川幕府は人参の販売を専売制にするために、各人参ごとに「座(ざ)」を設けました。
人参ですが

@・・・朝鮮半島から対馬藩を経由して販売する人参座を「朝鮮人参座」と言われました。

A・・・中国大陸から長崎を経由して販売する人参座を「唐人参座」と言われました。

B・・・栃葉人参や日本国内で栽培された朝鮮人参を販売する人参座を「和人参座」と言われました。

後、江戸時代の漢方医の吉益東洞も竹節人参を好んで用いたと彼の書物に書かれています。

余談・・・・奈良の正倉院宝物に「竹節人参」がありますが、正倉院宝物殿にある品は「朝鮮人参」で「竹節人参」ではありません。
後世の人が間違って「竹節人参」と書いたと思われます。

チクセツニンジンは市販されている養毛剤、育毛剤に配合されています。
特徴・形態
栃葉人参の特徴ですが外観はオタネニンジン(朝鮮人参 チョウセンニンジン)とよく似ております。

草丈は50センチから60センチぐらいで茎は直立して成長し、茎は単一で茎には毛がありません。


葉は茎の上部に3枚から5枚ほどの無毛で厚みのない複数の葉を付けます。
葉の形は拳状複葉で葉の形は倒皮針形又は倒卵形で不整細きょ歯縁があり、葉の長さは1センチから2センチぐらいです。

小葉は5枚から7枚ほどです。

根茎は単一で根茎の色は白色で大きく肥大し横に這うように成長します。
結節が1年毎に1個づつ増え、沢山連なった結節が竹の節のように見えるので「竹節人参」と言われます。
(御種人参は根が肥大しますが、竹節人参は根茎が肥大します。)
根茎のある細い根(ヒゲ根)は薬用としては用いません。(オタネ人参はヒゲ人参として使用します。)

栃葉人参の花期は6月から7月頃でこの頃になると長い花茎を出して、その先端に多数の淡い黄緑色の花を球状の形をした散形花序を付けます。
花は約3ミリぐらいで、花びらは5枚、雄しべは5本、雌しべは1本あります。

果実は球形で赤く熟します。(オタネニンジンの果実は偏球形です。)
成分
栃葉人参に含まれる成分はオレアノール酸のチクセツサポニンIb、IV,IVa、Vやダンマラン系のチクセツサポニンI、Ia、V
などが含まれています。


チクセツサポニンには抗炎症、抗ストレス腫瘍、解熱、去痰などの作用があります。

竹節人参に含まれるサポニンは朝鮮人参に含まれるサポニンより健胃、解熱、去痰作用が強いと言われます。
使用部位
栃葉人参の根茎(生薬名 竹節人参(ちくせつにんじん チクセツニンジン)
採取時期と管理・保存方法
竹節人参の採取時期ですが9月から11月に根茎を掘り出してから水洗いをします。水洗いをしてからヒゲ根を取り除き、
湯通しをして乾燥するか又はそのままで日干し乾燥します。
薬効、服用方法
竹節人参を服用すると解熱、去痰、健胃作用があり消化不良、胃潰瘍、食欲不振、気管支炎などに効果があります。

竹節人参と朝鮮人参の違いですが
朝鮮人参には新陳代謝促進、滋養強壮、強精、強心、健胃、食欲不振改善、病後の体力回復などの効果があります。
竹節人参は滋養強壮、強心などの効果は余り期待できませんが、健胃、食欲不振改善、胃潰瘍解消などの症状緩和には
朝鮮人参より優れています。

竹節人参を煎じる場合は
竹節人参約3グラムから6グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程煎じて
1日数回服用します。

竹節人参と他の薬草(重薬、艾葉、ゲンノショウコなど)と一緒に煎じて服用しても良いです。

竹節人参の粉末の場合は
竹節人参の粉末を1日量約3グラム〜6グラムを目安に1日数回服用します。

「粉末が咽喉に引っかかる」、「味が苦手」などの支障がある場合はオブラードに包んで服用しても結構です。
竹節人参の薬用酒 
竹節人参を薬用酒として服用すると健胃整腸、去痰、鎮咳などに効果があります。

竹節人参の薬用酒の作り方ですが
竹節人参・・・200グラム
氷砂糖・・・200グラム又はグラニュー糖200グラム
ホワイトリカー・・・1.8リットル
(他に色々な薬草を混ぜてミックス薬用酒を作っても良いです。)

これらの品を容器に入れて約3か月ほど直射日光の当たらない場所で熟成させます。

熟成させる時に出来るだけ空気に触れないようにしっかり密封して下さい。密閉できる容器を使用して下さい。空気に触れると味が変わる恐れがあります。

30日に1回は中身を2回から3回程振って均等に成分が出るようにしてください。
人によっては味の好みが異なりますので、30日に1回は味見をしてお好みの味であれば薬草を引き上げても結構です。

3か月ほど熟成させたら木綿の布かコーヒー用の濾過紙で濾過しながら薬草を取り出し、杯1杯を目安に服用します。

飲みにくい場合は蜂蜜や水飴、砂糖で味を調えても結構です。
 
竹節人参を含む漢方処方
特に無し
参考資料
特に無し
その他
特に無し
参考文献
北驫ルー原色牧野和漢薬草大図鑑
ご相談・ご質問
←こちらをクリック

インターネット販売は実施しておりません。店頭での販売になります。
生薬、薬草のご相談、ご質問は上記のボタンをクリックしてください。

最近お客様より「相談や注文をしたが返信が無い」と御叱りをいただきます。当店は当日又は翌日には必ず返信をしております。

もし、2日、3日待ってもご返事がない場合はお手数ですがもう一度お問い合わせください。必ず返答はいたします。

当店からの返信メールが届かないお客様へ
当店からお客様へ返信したメールがお客様の迷惑メールフォルダにある事例が多々あります。

「返信が来ない。」と思われたらお客様の迷惑メールフォルダを見てください。

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダにございましたらご面倒ですが別のアドレスで当店へ返信をお願いします。
生薬・薬草一覧表
←こちらをクリック
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2012 yanagidou All Rights Reserved