オオツヅラフジ 
オオツヅラフジ 花
オオツヅラフジ 
オオツヅラフジ 葉
アオツヅラフジ 
果実
アオツヅラフジ 果実
和防己 ○切り
和防己 ○切り
防己 ぼうい ボウイ 大葛藤 おおつづらふじ オオツヅラフジ
和名
大葛藤 おおつづらふじ オオツヅラフジ

青葛藤 あおつづらふじ アオツヅラフジ
生薬名
和防己 わぼうい ワボウイ 防己 ぼうい ボウイ 青風藤 せいふうとう セイフウトウ
学名
Sinomenium acutum
分布
大葛藤はツヅラフジ属ーつづらふじ科に属する植物で、分布地として本州の関東から西の九州、沖縄や
中国、台湾の温かい山地や谷沿いなどに生えるつる性落葉低木です。

防己には「木防已」、「漢防己」、中国産の「唐防己」があり、現在は「木防已」と「漢防己」を「防己」と呼び、
「唐防己」は一般には流通しておりません。日本産防己を「和防己」と言います。

防己は中国最古の薬物学(本草学)書と言われる神農本草経に記載されています。
神農本草経ー中品によれば
一名解離。味辛平。生川谷。治風寒温瘧熱気。諸癇。除邪。利大小便。と書かれています。

日本では江戸時代に活躍した漢方医の吉益東洞が書いた薬徴や江戸時代から明治時代に活躍した
漢方医の浅田宗伯が書いた古方薬議に書かれています。

薬徴
水を治することを主る也。

古方薬議
味辛平。邪を除き、大小便を利し、そう理を通じ、癰腫、悪結を散じ、脚気を洩し、血中の湿熱を瀉す。
風水気を療するの要薬なり。


同じく古代中国で活躍した張仲景が著作した医学書の「傷寒論」には防己を配合した漢方処方は無く、
「金匱要略」の「水気病」に防己黄耆湯と防己茯苓湯が記載されており、痰飲咳嗽病に「木防己湯」が
記載されています。

昔はツヅラフジの地下部を防己、地上部を木防已と分けていた時期や、オオツヅラフジを「防己」又は
「漢防己」、アオツヅラフジを「木防已」と言った時代がありましたが、近年はオオツヅラフジを「防己」、
「木防已」と両方のどちらかで言います。

オオツヅラフジ、アオツヅラフジ共にアルカロイドを含みますが、オオツヅラフジはシノメニンを含み、
アオツヅラフジはトリロビンを含んでいます。
アオツヅラフジに含まれるトリロビンは人によって重篤な副作用が診られる場合があるので、
慎重な使用を求められます。(当店は(大葛藤 オオツヅラフジ)を使用しています。)

アオツヅラフジは別名で「カミエビ」、「チンチンカズラ」、「ピンピンカズラ」とも言われます。

昔はツヅラフジの丈夫な蔓を材料にして葛籠(ツヅラ)やつづら笠を編んだりしていました。

大葛藤(オオツヅラフジ)と青葛藤(アオツヅラフジ)の違いですが、アオツヅラフジよりオオツヅラフジ
のほうが葉も大きく、茎も太いので、大きい意味のオオツヅラフジと名づけられました。
特徴・形態
オオツヅラフジの特徴としてオオツヅラフジは温かい山地や谷沿いの林中に生じる落葉のつる性
木本で、蔓(茎)は木などに巻きついて長く伸びる性質があります。
茎は長さ10メートル以上に伸びます。

蔓は左旋性で根のきわから細長い走出枝を出して地上を匍匐します。
蔓(茎)は木質で硬く、茎の表面は滑らかで茎の色は緑色ですが、枯れて乾燥すると暗色に変化したり、
細い縦筋が現れたりします。

オオツヅラフジとアオツヅラフジの蔓の区別方法ですが、蔓の断面を見れば一目瞭然です。
オオツヅラフジの茎の断面は暗褐色と灰褐色の放射線状の線があります。
アオツヅラフジの茎の断面は灰白色です。
ちなみにアケビの蔓の断面は灰黄白色です。

葉は長い柄があって互生し、葉の長さは6センチから15センチほどで葉の形は円形又は卵円形で
基部は心臓形です。
葉身は掌状の多角形や5〜7浅裂する場合もあります。
葉は殆ど無毛であるが若葉の頃の葉の裏側には毛があることがあります。

花は6月〜7月頃の初夏に蔓の先や葉腋から長い花柄を出して円すい花穂を作り、淡緑色の細花を
多数つけます。
オオツヅラフジは雌雄異株です。

果実はほぼ球形の核果で、熟すと黒くなります。
成分
オオツヅラフジに含まれる成分として根や茎にアルカロイドのシノメニン、ジシノメニン、マグノフロリン、
シナクチン、ツヅラニン、アクチュミン、マグノフロリン、イソシノメニン、ツヅラニン、ステファリンなどが
含まれています。
使用部位
オオツヅラフジの蔓、茎、根
(生薬名 和防己 青風藤)
採取時期と管理・保存方法
オオツヅラフジの採取時期として必要な時にオオツヅラフジの蔓、茎、根を採取して水洗いをしてから
日干し乾燥させます。
薬効、服用方法
防己は日本薬局方によると主として漢方処方用薬であり、鎮痛薬、利尿薬とみなされる処方に少数例
配合される。また、神経痛、むくみなどに煎用するか又は配合剤として用いられることがある。

他に防己を服用すると浮腫や関節水腫、関節痛、神経痛、リウマチ、脚気などに効果があります。

防己を煎じる場合は
防己約5グラムから10グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程
煎じて1日数回服用します。

防己の粉末を服用する場合
防己の粉末を1日1グラムから2グラム(小さじ1/2杯から1杯)を目安に水またはぬるま湯で
1日数回服用するか、お湯に混ぜて服用してください。(小さじ半分ぐらいが約1グラムです。)

「粉末が咽喉に引っかかる」、「味が苦手」などの支障がある場合はオブラードに包んで服用しても
結構です。
生薬の組み合わせ 
防己+ヨクイニン・・・防己とヨクイニンを組み合わせることにより消炎、鎮痛作用が強まり関節水腫、
関節痛、リウマチなどの症状の緩和などが期待できます。

防己+白朮・・・・防己と白朮を組み合わせることにより体内にある余分な水分を体外に排出したり、
関節にある水分を排出させる作用があります。
(漢方処方 防己黄耆湯)

防己+黄耆・・・・防己と黄耆を組み合わせることにより体内にある余分な水分を体外に排出したり、
利尿を促進させる作用があります。
(漢方処方 防己黄耆湯)

防己+麻黄・・・・防己と麻黄を組み合わせることにより利尿作用、鎮痛作用が高まり、利尿を促進したり
痛みを緩和させます。

防己+附子・・・・防己と附子を組み合わせることにより身体を温めて体内の余分な水分を排泄し、
痛みを緩和させます。
 
防己を含む漢方処方
防己黄耆湯

木防己湯

防己茯苓湯

已椒亭黄丸
参考資料
神農本草経ー中品
一名解離。味辛平。生川谷。治風寒温瘧熱気。諸癇。除邪。利大小便。

薬徴
水を治することを主る也。

古方薬議
味辛平。邪を除き、大小便を利し、そう理を通じ、癰腫、悪結を散じ、脚気を洩し、血中の湿熱を瀉す。
風水気を療するの要薬なり。
その他
防己の大量服用は胃腸障害が診られる場合があるので少量から服用する事をお勧めします。
参考文献
北驫ルー原色牧野和漢薬草大図鑑
ご相談・ご質問
←こちらをクリック

インターネット販売は実施しておりません。店頭での販売になります。
生薬、薬草のご相談、ご質問は上記のボタンをクリックしてください。

最近お客様より「相談や注文をしたが返信が無い」と御叱りをいただきます。当店は当日又は翌日には
必ず返信をしております。

もし、2日、3日待ってもご返事がない場合はお手数ですがもう一度お問い合わせください。
必ず返答はいたします。

当店からの返信メールが届かないお客様へ
当店からお客様へ返信したメールがお客様の迷惑メールフォルダにある事例が多々あります。

「返信が来ない。」と思われたらお客様の迷惑メールフォルダを見てください。

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダにございましたらご面倒ですが別のアドレスで当店へ
返信をお願いします。
生薬・薬草一覧表
←こちらをクリック
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2011 yanagidou All Rights Reserved