板藍根 刻み
 
板藍根 粉末 
 
板藍根 ばんらんこん バンランコン
植物名
細葉大青 ほそばたいせい ホソバタイセイ 琉球藍 りゅうきゅうあい リュウキュウアイ

板藍根 ばんらんこん バンランコン 大青葉 たいせいよう タイセイヨウ 

大青 たいせい タイセイ 菘藍 しょうらん ショウラン
学名
Isatis tinctoria
分布
細葉大青(ほそばたいせい)はタイセイ属ーあぶらな科に属する植物で原産地は南ヨーロッパと言われ、分布地として
ヨーロッパからロシアやアジアなどの広大な地域に分布する2年草の植物です。


板藍根「として用いられるのは細葉大青の他に中国原産の琉球藍(リュウキュウアイ)も板藍根として使用されます。

昔は細葉大青の葉や琉球藍の葉を藍色の染料として用いられていました。
これらにはインジカンと言われる成分を含み、この成分が発酵するとインドキシルに分解され、さらに空気に触れること
によりインジコといわれる物質になって世界各地で藍色の原料として用いられていました。
特徴・形態
ホソバタイセイの特徴として草丈は40センチから1メートルぐらいに成長し、茎は直立しています。

葉ですが葉は互生し、地面に近い基部の葉は柄があって大きいが、上に行くほど葉は小さくなって茎を覆うようになります。

花ですが花は5月頃に総状花序を茎の頂点にえき生します。花の色は黄色で小さな十字状花を多数つけます。

果実ですが果実の形は扁平な形をした楕円形で果皮の中に1個の種子を含んでいます。
成分
ホソバタイセイに含まれる成分はイサチン、インジカン、グルコブラシシン、βージトステロールなどが含まれています。
使用部位
ホソバタイセイの葉(商品名 大青葉 たいせいよう)

ホソバタイセイの根(商品名 板藍根(ばんらんこん))
採取時期と管理・保存方法
採取時期ですが秋頃に葉と根を採取してから水洗いをして、日干し乾燥をします。
煮出し方・飲み方
美容と健康維持のために板藍根をお茶代わりに飲んだりします。

板藍根を煎じる場合は
板藍根約5グラムから約10グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程煎じて
1日数回お茶代わりに飲用します。

板藍根の粉末を食する場合
板藍根の粉末を1日3グラムから6グラム(小さじ1杯から2杯)を目安にお湯にて飲用します。

板藍根の粉末を単独で食しても良いが、牛乳、野菜ジュース、スープなどに混ぜて飲用しても良いですし、
小麦粉と混ぜて料理に使用されても結構です。
「粉末が咽喉に引っかかる」、「味が苦手」などの支障がある場合はオブラードに包んで食しても結構です。
参考資料
特になし
その他
特になし
注意事項
@本品は天然物で性質上吸湿しやすいものがあります。
そのため保存には十分ご注意ください。保存が悪いとカビ、虫害等の発生する原因になることがあります。

A開封後は直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

B本品には品質保持の目的で脱酸素剤を入れておりますので、一緒に煎じたり、食べたりしないようにご注意ください。

C幼児の手の届かない所に保管してください。

D他に容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わる場合があります。)
価格

板藍根 刻み 500グラム 3,600円+税 
板藍根 粉末 500グラム 4,000円+税 

特定商取引に関する内容
←こちらをクリック
ご相談・ご注文
←こちらをクリック
最近お客様より「相談や注文をしたが返信が無い」と御叱りをいただきます。当店は当日又は翌日には必ず返信をしております。

もし、2日、3日待ってもご返事がない場合はお手数ですがもう一度お問い合わせください。必ず返答はいたします。

当店からの返信メールが届かないお客様へ
当店からお客様へ返信したメールがお客様の迷惑メールフォルダにある事例が多々あります。

「返信が来ない。」と思われたらお客様の迷惑メールフォルダを見てください。

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダにございましたらご面倒ですが別のアドレスで当店へ返信をお願いします。
やなぎ堂薬局 住所
郵便番号 790-0014
愛媛県 松山市 柳井町 1-14-1 やなぎ堂薬局 柳井町店 
電話番号/FAX番号 089-921-9401
食品植物一覧表
←こちらをクリック
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2013 yanagidou All Rights Reserved