薬用植物・生薬・薬草・健康茶 接骨木 せっこつぼく セッコツボクについて やなぎ堂薬局
繁縷 ハコベ 
ハコベ 花
繁縷 刻み 
ハコベ 刻み
繁縷 粉末
ハコベ 粉末
繁縷 はんろう ハンロウ はこべ ハコベ
植物名
繁縷 はこべ ハコベ ヒヨドリグサ スズメグサ 朝しらげ あさしらげ アサシラゲ
繁縷 はんろう ハンロウ
学名
Stellaria neglecta
分布
繁縷(はこべ)はナデシコ科ハコベ属に属する植物で、全世界の温暖な地域や日本全土の道端、
野原、
果樹園、田畑などに普通に見られる越年草(二年生草木)です。

繁縷は春から夏にかけて盛んにはびこって、色々な所で見られますが、稀に真冬でも花が見つかる
場合も
あります。

繁縷を昔は「帛箆(ハコベラ)」と呼んでおり、昔から食用、薬用、小鳥の餌として用いてきました。
ハコベの呼び名は地方によって色々あり、その一例として「ハコビ」、「ヘズリ」、「ヒヨコグサ」などが
あります。(私は「ヒヨコグサ」と呼んでいました。)

ハコベは春の七草のの一つに挙げられており、春の七草は「芹(セリ)、薺(ナズナ)、菘(スズナ)、
仏の座(ホトケノザ)、御形(ゴギョウ)、蘿蔔(スズシロ)、繁縷(ハコベラ)」をこう言います。

ちなみに春の七草は「(萩(ハギ)、薄(ススキ)、葛(クズ)、女郎花(オミナエシ)、藤袴(フジバカマ)、
桔梗(キキョウ)、撫子(ナデシコ)」をこう言います。

日本では平安時代に書かれ、現存する日本最古の辞典と言われる「本草和名 918年」に
「波久倍良(はくべら)」と書かれています。

島村藤村の「小諸なる小城のほとり」に
小諸なる古城のほとり 雲白く遊子悲しむ 緑なす繁縷は萌えず 若草も藉(し)くによしなし
と書かれており、

正岡子規も「カナリヤの 餌に束ねたる はこべかな」と詠んでいます。

余談が続きますが、平安末期の僧の「西行(さいぎょう)」がハコベの葉を用いて人造人間を
作った逸話が「撰集抄」に書かれています。

ハコベの花言葉は「愛らしい」「ランデブー」です。
特徴・形態
ハコベの特徴として根は白色で細かい根が沢山あります。
草丈は10センチから30センチ程あり、茎は二又にそう生しており、茎の質は軟らかいが茎の中には
白い堅い筋が1本あります。 茎の色は緑色で片側のみに一列の軟毛があります。
茎は下部が地面を這っているように伏しており、上部は斜めに立っています。

葉の長さは1センチから2センチ程の大きさで、葉の色は緑色で、葉の形は先が尖った卵形で対生
しております。
下部にある葉は柄があるが、上部の葉には柄が無く、葉のふちは全辺で滑らかです。

花は春から夏にかけての長い期間に咲かせます。(花は太陽の光を浴びると花を咲かせる傾向が
あります。稀に冬場でも観察することがあり、1年中花が見られる植物です。)

花には毛があり、茎の先の方に集散花序をなしており、花の形は小さな星型で白色花を咲かせます。
花のがくは5枚で、形は楕円形で長さは4ミリから5ミリほどあり、花弁も5枚あります。
花弁も5枚ありますが深く2裂しているので一見しただけでは10枚花弁があるように見えます。
雌しべの先端の花柱が3裂あり、雄しべは1本から10本あります。

果実は卵形で大きさは4ミリから5ミリで下向きに実ります。果実の中の種子は円形で長さは1ミリから
2ミリ程です。
成分
ハコベに含まれる成分として全草にフラボノイドを含んでおり、他にカルシウム、鉄分、サポニン、
クマリン、トリアコンタノール、セチルセロテート、ヘントリアコンタノールなどが含まれています。

種子には脂肪油を含んでいます。
使用部位
地上部の全草
採取時期と管理・保存方法
ハコベの採取時期は春から夏に全草を刈り取り、日陰干しで乾燥させます。
乾燥した繁縷を粉末にして利用する場合もあります。
煮出し方・飲み方
美容と健康維持のために繁縷をお茶代わりに飲んだり、繁縷の粉末を食したりします。

繁縷は日本産です。

はこべを煎じる場合は
繁縷約10グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程煎じて1日数回
お茶代わりに飲用します。

ハコベと他のお茶類(はと麦茶、ヨモギ、麦茶など)と一緒に煎じて飲用しても良いです。

ハコベの粉末の場合は
ハコベの粉末を1回量約2グラム〜4グラムを水またはぬるま湯で1日数回飲用するか、
お湯に混ぜて食してください。(小さじ半分ぐらいが約1グラムです。)

ハコベの粉末を単独で食しても良いが、牛乳、野菜ジュース、スープなどに混ぜて飲用しても
良いですし、小麦粉と混ぜて料理に使用されても結構です。

「粉末が咽喉に引っかかる」、「味が苦手」などの支障がある場合はオブラードに包んで服用しても
結構です。

繁縷の粉末と塩を混ぜて「ハコベ塩」として食しても良いです。

繁縷は山菜としても利用でき、胡麻和え、味噌汁の具に利用しても結構です。
参考資料
本草和名 918年」に「波久倍良(はくべら)」と書かれています。
その他
繁縷の繁殖力は強く、繁殖には秋に種子を蒔けば翌春には大きく生長します。
注意事項
@本品は天然物で性質上吸湿しやすいものがあります。
そのため保存には十分ご注意ください。保存が悪いとカビ、虫害等の
発生する原因になることがあります。

A開封後は直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管して
ください。

B本品には品質保持の目的で脱酸素剤を入れておりますので、一緒に
煎じたり、食べたりしないようにご注意ください。

C幼児の手の届かない所に保管してください。

D他に容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が
変わる場合があります。)
価格

 繁縷 刻み 日本産  500グラム 1,500円+税
繁縷 (粉末) 日本産 500グラム 3,800円+税

特定商取引に関する内容
←こちらをクリック
ご相談・ご注文
←こちらをクリック
最近お客様より「相談や注文をしたが返信が無い」と御叱りをいただきます。当店は当日又は翌日
には必ず返信をしております。

もし、2日、3日待ってもご返事がない場合はお手数ですが
もう一度お問い合わせください。必ず返答はいたします。


当店からの返信メールが届かないお客様へ
当店からお客様へ返信したメールがお客様の迷惑メールフォルダにある事例が多々あります。

「返信が来ない。」と思われたらお客様の迷惑メールフォルダを見てください。

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダにございましたらご面倒ですが別のアドレスで当店へ返信をお願いします。
やなぎ堂薬局 住所 
郵便番号 790-0014
愛媛県 松山市 柳井町 1-14-1 やなぎ堂薬局 柳井町店 
電話番号/FAX番号 089-921-9401
 
食品植物一覧表
←こちらをクリック
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2009 yanagidou All Rights Reserved