桃の葉湯
(食品)

江戸時代から夏の土用には桃の葉湯に入る習慣がありました。あせもや湿疹など
肌のトラブルを防ぐ為一番暑いこの季節に桃の葉湯に入ることは言い伝えだけでは
なく効果的といえるでしょう。

桃はバラ科の植物で原産地は中国の高原地帯と言われています。
日本には弥生時代に伝わったと考えられ、「日本書記」や「古事記」にも出てきて
います。
古代中国では桃は長寿の効があると考えられ、「魔よけの力を持つ」と言われて
います。
日本では邪気を祓うとされているため3月のひな祭りに飾られます。

桃についての詳しい内容は生薬ー薬草ー桃にアクセスをお願いします。

<薬効>

桃の葉にはタンニン、配糖体、マグネシウム、カリウム等が含まれており、
美容と健康維持に効果があります。

<使用方法>

桃の葉50グラムを布袋に入れます。やかんかお鍋に布袋と水を入れ約15〜20分
程煮出し、煮出し終われば布袋ごと浴槽に入れて下さい。
(入浴中に布袋を揉むと成分がよく出ます。)

浴槽に入れる薬湯の他に部分湯と言う方法があり、部分湯の代表が足湯と
手湯です。

足湯は煮出した薬草を約40℃(やや熱め)に冷まし、風呂桶などに薬湯を入れ、
その中に両足を入れ、冷めたら差し湯をしながら約20分程入り、額に汗が出てくれば
効果が現れてきます。

手湯は足湯と同じく約40℃ほどの薬湯に約20分程手を浸しながらマッサージを施し、
手が温まってくれば効果が現れてきます。


<お値段>

100グラム 200円+税

パック入り 1パック 100円


送料は別途必要です。
写真をクリックして下さい。
拡大写真になります。
ご注文、ご質問、お問い合わせはこちら
で受け付けております。
Copyright(C)2005 yanagidou All Rights Reserved