柿の葉湯
(食品)

柿は古くから日本で親しまれてきた植物で、昔から「柿の実が赤くなれば医者が青くなる」と
言われるほど栄養価の高い民間薬として珍重され、利用されてきました。

柿は処分する所が無い植物と言われます。
成熟した果実は果物として食され、渋柿は乾燥して干し柿として食されます。柿のへたを煎じて
服用すればしゃっくり止めになります。(生薬名で柿蔕(してい)と言います。)

渋柿は果実が青い内に採取して、それを潰して発酵させた物を染料、塗料として利用します。

柿の葉を採取、乾燥して煎じて服用すればとても美味しいお茶になります。
薬草として用いる柿葉は最もビタミンCが多く含まれている6月〜10月頃に採取し、それを蒸して
から日陰乾燥を行います。柿葉のビタミンCはホウレン草より10倍多く含まれており、柿葉に
含まれるビタミンCは通常のものより熱に強く、効果が下がりにくいようです。


<薬効>

柿葉にはビタミンCの他にポリフェノール(クエルセチン、ケンフェロール)、タンニン等が多く含まれ、
柿葉を飲用すると美容と健康維持に役立つと言われます。

柿葉を藥湯にするとビタミンCが破壊されずに存在するので美容と健康維持が期待できます。

<使用方法>

柿葉50グラムを布袋に入れます。そのままお風呂に入れるか、やかんかお鍋に布袋と水を
入れ約15〜20分程煮出し、煮出し終われば布袋ごと浴槽に入れて下さい。
(入浴中に布袋を揉むと成分がよく出ます。)

浴槽に入れる薬湯の他に部分湯と言う方法があり、部分湯の代表が足湯と
手湯です。

足湯は煮出した薬草を約40℃(やや熱め)に冷まし、風呂桶などに薬湯を入れ、
その中に両足を入れ、冷めたら差し湯をしながら約20分程入り、額に汗が出てくれば
効果が現れてきます。

手湯は足湯と同じく約40℃ほどの薬湯に約20分程手を浸しながらマッサージを施し、
手が温まってくれば効果が現れてきます。

<お値段>

柿の葉湯

100グラム 210円

パック入り 1パック 100円


送料は別途必要です。

写真をクリックして下さい。
  拡大写真になります。

<特定商取引に関する内容>

←こちらをクリック

<ご相談・ご注文>

←こちらをクリック

<薬湯・薬草の入浴剤一覧表>

←こちらをクリック

<トップページ>

←こちらをクリック

Copyright(C)2006 yanagidou All Rights Reserved