ドクダミ、重薬、十薬 ドクダミ、十薬、重薬

ドクダミ湯
(食品)

ドクダミは「重薬」、「十薬」とも呼ばれています。その名前の由来は江戸時代、
貝原益軒自身の著書「大和本草」の中で「十薬の薬の能ありて、十薬となす。」
「獣医が馬の病気を治すために用いたもの。十種の効能。」と記載されています。
実際多くの効能をもつため、万病に効く薬草として有名です。

ドクダミはドクダミ属の多年草で、花期は6〜7月です。花期の地上部全草を収穫
し、日陰干しして乾燥させます。生の全草に独特の臭気がありますが、この成分は
デカノイルアセトアルデヒドと言い抗菌作用があります。
(ドクダミについての詳しい内容は生薬ー薬草ー重薬を参考にしてください。)

<薬効>

ドクダミの茎葉に含まれるクエルセチン、花穂に含まれるイソクエルシトリンや
カリウム、フラボノイド等の成分が含まれており、美容と健康維持に
役立ちます。

<使用方法>

ドクダミ30グラムを布袋に入れます。やかんかお鍋に布袋と水を入れ約15〜20分
程煮出し、煮出し終われば布袋ごと浴槽に入れて下さい。
(入浴中に布袋を揉むと成分がよく出ます。)

浴槽に入れる薬湯の他に部分湯と言う方法があり、部分湯の代表が足湯と
手湯です。

足湯は煮出した薬草を約40℃(やや熱め)に冷まし、風呂桶などに薬湯を入れ、
その中に両足を入れ、冷めたら差し湯をしながら約20分程入り、額に汗が出てくれば
効果が現れてきます。

手湯は足湯と同じく約40℃ほどの薬湯に約20分程手を浸しながらマッサージを施し、
手が温まってくれば効果が現れてきます。

※私どもが販売しておりますドクダミは愛媛県と高知県の境にある四国カルストにて
採取しております。日本産のドクダミは色と香りと味が韓国、中国産の重薬より良いと
言われます。
又、農薬類は一切使用しておりませんので暖かい気候の時にお客様が長期保管
される場合、虫、カビの害が発生する場合がございますのでご注意をお願いします。

<お値段>
100グラム 320円

パック入り 1パック 100円


送料は別途必要です。
写真をクリックして下さい。
拡大写真になります。
ご注文、ご質問、お問い合わせはこちら
で受け付けております。
Copyright(C)2005 yanagidou All Rights Reserved
.