ビワの実、ビワの葉

ビワの葉湯
(食品)

ビワは、バラ科に属する植物で温暖な気候を好む常緑小高木です。
中国の広東、広西、江蘇、淅江省で生産され、日本では九州、四国、千葉
などで盛んに生産されています。

三千年もの昔、釈迦の時代から枇杷の木は伝承されており、インドの仏典
「大般涅槃経」(だいはつねはんぎょう)の中では、枇杷の木は枝、葉、根、
茎ともに大薬である「大薬王樹」と呼ばれまた、枇杷の葉は「無憂扇」と記載
され、生けるものすべての病を治すと説かれています。

<薬効>

「ビワの葉」の成分はブドウ糖、ショ糖、果糖、マルトース、でんぷん、デキストリス、
酒石酸、クエン酸、リンゴ酸、アミグダリン、タンニン、ウルソース酸、オレアノール酸、
サポニン等が含まれます。

<使用方法>

「ビワの葉」30グラムを布袋に入れます。布袋に入れたビワの葉をそのまま浴槽に
入れるか、やかんかお鍋に布袋と水を入れ約10分程煮出し、煮出し終われば
布袋ごと浴槽に入れて下さい。(入浴中に布袋を揉むと成分がよく出ます。)

浴槽に入れる薬湯の他に部分湯と言う方法があり部分湯の代表が足湯と手湯です。

足湯は煮出した薬草を約40℃(やや熱め)に冷まし、風呂桶などに薬湯を入れ、
その中に両足を入れ、冷めたら差し湯をしながら約20分程入り、額に汗が出てくれば
効果が現れてきます。

手湯は足湯と同じく約40℃ほどの薬湯に約20分程手を浸しながらマッサージを施し、
手が温まってくれば効果が現れてきます。

<お値段>

ビワ葉

100グラム 320円

パック入り 1パック 100円


送料は別途必要です。

写真をクリックして下さい。
拡大写真になります。

ご注文、ご質問、お問い合わせはこちら
で受け付けております。