薬用植物・生薬・薬草・健康茶 紫蘇、しそ、シソについて やなぎ堂薬局
青紫蘇 葉と花
青紫蘇 葉と花
赤紫蘇 葉と花
赤紫蘇 葉と花
赤紫蘇葉 刻み
紫蘇葉 刻み
紫蘇子
紫蘇子
紫蘇子 粉末
紫蘇子 粉末
赤紫蘇葉 粉末
紫蘇葉 粉末
紫蘇葉 しそよう シソヨウ 紫蘇子 しそし シソシ
和名
紫蘇 しそ シソ
生薬名
紫蘇葉 しそよう シソヨウ 紫蘇子 しそし シソシ 扱穂 こきほ コキホ
学名
青紫蘇(あおじそ アオジソ) Perilla frutescens Britton var acuta Kudo forma viridis Makino

赤紫蘇(あかしそ アカシソ) Perilla frutescens Britton var acuta Kudo 
分布
紫蘇はシソ属ーシソ科の植物で中国が原産地で日本には古代に渡来し、現在では薬用と食用に
日本全国で栽培されている1年草の植物です。

紫蘇の名前の由来は色々あります。
@・・・紫蘇に含まれる香り成分と精油成分が食中毒で死にかけた人を蘇らせたので「紫蘇」と
言われるようになった。
A・・・三国志でお馴染みの名医「華佗(かだ)」が食あたりで苦しんでいる人に紫色の薬を与えたら
蘇ったので「紫蘇」と言われるようになった。
など諸説色々あります。

紫蘇葉は浅田宗伯の古方薬議によると
味辛温。気を下し、寒を除き、中を寛め、上気、咳逆を主り、胃を開き、食を下し、魚蟹の毒を下す。
と書かれています。

紫蘇は食あたり予防の刺身のつまや豆腐や素麺の薬味、香味野菜などでお馴染みの食品です。

青紫蘇は八百屋さんでは「大葉」と呼ばれています。

薬用には赤紫蘇が用いられます。

赤紫蘇を梅と一緒に漬け込んで「梅干し」にしたり、茄子を赤紫蘇と一緒に漬け込んで「柴漬け」にしたり、
紫蘇子が配合された七味唐辛子(唐辛子、山椒、陳皮、胡麻、麻子仁、紫蘇など)や塩漬けした赤紫蘇
の葉を乾燥させて細かく刻んだ物をふりかけの「ゆかり」など色々な加工方法で使用しています。

赤紫蘇には「アントシアニン色素」の「シアニジン」が含まれており、「アントシアニン色素」の「シアニジン」が
梅の「クエン酸」に分解されると青い梅が赤い梅に変わります。
ちなみに赤紫蘇も青紫蘇も植物学的には同じ植物ですが、「アントシアニン色素」が含まれているか
含まれていないかの違いです。

紫蘇の実は昔から薬用として使用されていたが、紫蘇の種子から絞った油を電灯として利用をしていた
時期がありました。
しかしナタネ油が普及し始めてからシソ油は使用されなくなりました。
今はシソ油を健康維持の為に食されています。
(一部ですがシソの仲間の「荏胡麻(エゴマ)」の油を「シソ油」として販売しているそうです。)
特徴・形態
青紫蘇の特徴として草丈は30センチから100センチほどで全草から紫蘇独特の香りがあります
茎葉共に緑色で、茎は直立し茎の径は四角形でその茎から多数分枝します。
葉は卵形で葉の先は尖り、鋸歯があります。
花は7月から9月頃に茎の頂点又は上部葉液付近に白色の花をつけます。

赤紫蘇の特徴として草丈は20センチから40センチほどで茎は直立し茎の径は四角形でその茎から
多数分枝します。

葉は長柄で互生しており葉の形は広卵形又は長卵形で葉の色は濃い赤紫色です。
花は7月から9月頃に枝先に総状の花穂を出し、淡い紅紫色の小さな花を多数つけます。
成分
赤紫蘇に含まれる成分として葉にペリラアルデヒド、αーピネン、lーリモネン、ペリラケトン、
エルショルチアケトン、アデニン、アルギニン
ジラピオール、ミリスチシンなどが含まれています。

青紫蘇に含まれる成分としてペリラアルデヒド、lーリモネン、αーピネンなどが含まれています。

紫蘇の種子にはペリラアルデヒド、d−リモネン、βーピネン、オレイン酸、リノレイン酸などが
含まれています。


葉に含まれるチアニンは酸と結合すると赤紫色になる性質があります。
使用部位
紫蘇の葉と種子
採取時期と管理・保存方法
紫蘇の葉の採取時期ですが6月から9月頃に葉を採取して半日ほど日干しをしてから風通しの
良い所で日陰乾燥します。

紫蘇の種子は10月頃に紫蘇の果実から採取して日陰乾燥します。
薬効、服用方法
紫蘇葉は日本薬局方によると漢方処方用薬としては鎮咳去痰薬、かぜ薬とみなされる処方及びその他の
処方に少数例配合されている。

また、配合剤(胃腸薬)に芳香健胃薬として配合することがある。

他に紫蘇葉を服用すると精神不安感、自律神経の乱れを取り除き、紫蘇葉に含まれる精油成分が
胃を刺激して消化を促し、魚や蟹などの食あたりの予防と解毒作用があり、他に風邪症状、
気管支炎を和らげる発汗、解熱、鎮咳作用もあります。

紫蘇子を服用すると風邪症状、気管支炎を和らげる発汗、解熱、鎮咳作用もあります。

紫蘇葉を煎じる場合は
紫蘇葉約5グラムから10グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程煎じて
1日数回服用します。

紫蘇葉と他の薬草(ドクダミ、ヨモギ、麦茶など)と一緒に煎じて服用しても良いです。

紫蘇葉の粉末の場合は
紫蘇葉の粉末を1日量約3グラム〜6グラムを目安に1日数回服用します。

「粉末が咽喉に引っかかる」、「味が苦手」などの支障がある場合はオブラードに包んで服用しても結構です。
生薬との組み合わせ 
紫蘇葉+杏仁+陳皮・・・・紫蘇葉と杏仁と陳皮を組み合わせることにより痰を取り除き、咳を鎮める作用が
あります。
漢方処方・・・・神秘湯

紫蘇葉+香附子+陳皮・・・・紫蘇葉と香附子と陳皮を加える事により紫蘇葉は体表にある気(気欝、病邪)
を発散させ、香附子と陳皮が体内にある気(気欝、病邪)を発散させます。
漢方処方・・・・香蘇散

紫蘇葉+厚朴・・・紫蘇葉と厚朴を組み合わせることにより気分の落ち込みを取り除きます。
漢方処方・・・・半夏厚朴湯

紫蘇子+陳皮+厚朴・・・・紫蘇子と陳皮と厚朴を組み合わせることによりのぼせ、気分の高まりを
取り除き、痰を切れやすくします。
漢方処方・・・・蘇子降気湯
 
紫蘇を含む漢方処方
半夏厚朴湯

神秘湯

香蘇散

蘇子降気湯
参考資料
浅田宗伯 古方薬議
味辛温。気を下し、寒を除き、中を寛め、上気、咳逆を主り、胃を開き、食を下し、魚蟹の毒を下す。
その他
特に無し
参考文献
北驫ルー原色牧野和漢薬草大図鑑
ご相談・ご質問
←こちらをクリック

インターネット販売は実施しておりません。店頭での販売になります。
生薬、薬草のご相談、ご質問は上記のボタンをクリックしてください。

最近お客様より「相談や注文をしたが返信が無い」と御叱りをいただきます。当店は当日又は翌日には
必ず返信をしております。

もし、2日、3日待ってもご返事がない場合はお手数ですがもう一度お問い合わせください。
必ず返答はいたします。


当店からの返信メールが届かないお客様へ
当店からお客様へ返信したメールがお客様の迷惑メールフォルダにある事例が多々あります。

「返信が来ない。」と思われたらお客様の迷惑メールフォルダを見てください。

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダにございましたらご面倒ですが別のアドレスで当店へ返信を
お願いします。
生薬・薬草一覧表
←こちらをクリック
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2011 yanagidou All Rights Reserved