薬用植物・生薬・薬草・健康茶 将軍木皮 しょうぐんぼくひ ショウグンボク アカメガシワについて やなぎ堂薬局
菊花 甘菊花 杭菊花
植物名
菊 キク きく
生薬名
甘菊花 カンキッカ かんきっか  
坑菊花 コウキッカ こうきっか 黄菊花 

亳菊花 ハクキッカ はくきっか
学名
Chrysanthemum morifolium
分布
菊はキク科ーキク属に属する植物で日本全国、朝鮮半島から中国大陸などで観察用に栽培されている
植物です。

菊は古代中国人が北方原産の「朝鮮野菊(チョウセンノギク)」と南方原産の島寒菊(シマカンギク)」を
交配させて育てたと言われます。菊は観賞植物として最も古くから栽培されている植物と言えます。

菊花は神農本草経ー上品に記載しており、神農本草経では
一名節華。味苦平、生川澤、治風頭、頭眩腫痛、目欲脱、涙出、皮膚死肌、惡風濕痺、久服利血氣、
輕身耐老延年。
」と書かれており、頭痛や目の病気を治療し寿命を延ばす効果があると書かれています。

日本には奈良時代末期に遣唐使によって中国大陸から伝来したといわれており、平安時代から天皇や
貴族などの宮廷を中心に薬用として用いられるようになり、平安時代後期からは宮廷以外の一般の人々に
観賞用として広く栽培されるようになりました。

天皇家の紋章は菊の花(菊花紋)です。鎌倉時代に後鳥羽上皇が自らの印に菊の花を用いたのが最初で、
明治元年に皇室の紋章になりました。

余談・・・旧暦の9月9日は重陽の節句と言い、古代中国では奇数(1、3、5、7、9など)は陽の数字で、数字の数が
大きいほど陽の気が大きすぎて良くないと言われていました。その9が2個も重なるので9月9日は「重陽」と
言い、大変不吉な日と言われていました。

そこで不老長寿と邪鬼を払う効果があると言われる菊の花を祀って祝ったのが9月9日です。
古代中国の人々は「禍を転じて福となす」との考えで陽数の最大値の9が重なる9月9日の日に
香りの強い茱萸などを身につけて山に登って菊の花を浸した菊酒を飲んだり、長寿を祝ったりしました。
ちなみに重陽の節句に飲まれていた菊酒は菊を原料にした醸造酒と言われ、前漢時代に書かれた
「西京雑記」によると「菊の花が咲いたら、花と一緒に茎や葉を取り、「黍米(ショマイ)=キビ」に混ぜて
醸し、翌年の9月9日に熟して出来た菊酒を飲んだ。
」と書かれています。

平安時代の天皇や貴族も9月9日は重陽の節句に菊酒を飲み、長寿を祈りました。

花札の10点札(種)が「菊に盃」でこれは菊酒を表しています。

ちなみに他の節句ですが
1月7日は人日(じんじつ)の節句ですがこの時期に七草粥を食べることから七草の節句とも言われます。
3月3日は上巴(じょうみ)の節句ですがこの時期にの花が咲くので桃の節句とも言われます。
5月5日は端午の節句ですがこの時期に菖蒲の花が咲くので菖蒲の節句とも言われます。
7月7日は七夕の節句です。この節句は竹、笹を用います。
9月9日は重陽の節句ですがこの時期に菊の花が咲くので菊の節句とも言われます。
これらの節句を「五節句」と言います。

余談・・・菊に不老長寿の力があると言われる所以は古代中国の周の穆王の時代に仕えた童子がおり、
彼は慈童(じどう)と言い、彼は王の寵愛を受けていたがあらぬ罪で流刑になり、流刑に地で菊の葉に
経文を書いたところ葉に露が現れ、これを飲んだら不老不死の仙人になったと言われる話が能で
演じられます。

ことわざで「十日の菊六日の菖蒲」と言うことわざがあり、九月九日の重陽の節句までは重宝されるが、
九月十日になれば必要としない、五月五日の端午の節句までは重宝されるが、五月六日になれば必要と
しない、タイミング外して役に立たないと言う意味です。

他に菊は「菊枕」にして用います。乾燥した菊の花を枕の中に入れて睡眠をとると頭痛防止になると
言われます。
司馬遼太郎先生の「竜馬がゆく」にも竜馬の妻のおりょうが菊枕を作る場面が出てきます。

刺身などの生料理に菊花が添えられていますがこれには意味があり、菊花には殺菌と解毒作用があるので、
刺身などの生料理と一緒に食すれば食中毒予防になります。

江戸時代では菊が秋から冬に花を咲かせるので不老長寿の食べ物、薬として用いられてきました。
現在の食用菊の生産量日本一は山形県です。

菊の花言葉は「高貴」、「高潔」、「私を信じて下さい」です。


余談・・・・家相風水で「陽木」、「陰木」と言われる木があり、「陽木」とは庭に植えると幸福が訪れる木を
指し、キクは家相では「陽木」に該当します。(信じる信じないはあなた次第です。)


余談・・・花札の9月は菊です。10点札(種)が「菊に盃」、5点札(短冊)が「菊に青短」、1点札(カス)が「菊のカス」です。
特徴・形態
菊の特徴として菊には観賞用の菊と食用の菊があります。よく観られる菊は朝鮮野菊(チョウセンノギク)と
島寒菊(シマカンギク)を交配させた菊がよく見られます。

菊は多年草で茎はやや木質で草丈は約50センチから1メートルほどになります。
菊の種類として大輪菊、中輪菊、小輪菊があります。

茎は基部が木質化していて色は帯紫紅色をしています。

葉は柄があって互生しており、葉の形は卵形か卵状皮針形で、葉の長さは約3センチから5センチ程
あります。
葉は羽状に分裂し、裂片にはさらに欠刻や鋸歯があります。

9月から11月の秋に茎の先が枝分れしそれぞれの先に頭状花をつけます。
頭状花の周辺は種々の色の舌状花があり、中央には黄色の管状花からなります。

頭状花は周辺部の舌状花と中央部の黄色の筒状花からなります。この頭状花を乾燥させた物を
「菊花」または「甘菊花」と言います。
成分
菊に含まれる成分はボルネオールを含む精油成分、アデニン、コリン、アピゲニングルコサイド、
フルクトース、グルコース、スクロール、ラムノース、ガラクトース、アラビノースなどが含まれております。
使用部位
頭状花
採取時期と管理・保存方法
菊花の採取時期として9月から11月の秋に頭花を摘み取り、総苞を取り除いた花弁を日干しします。
薬効、服用方法
菊花は日本薬局方によると漢方処方用薬である。頭痛、眩暈、眼の充血を治す処方に配合されている。

菊花には色々な種類があり、甘菊花、坑菊花、亳菊花などがあります。

菊花を煎じる場合は
菊花約5グラムから10グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程煎じて
1日数回服用します。

菊花の粉末の場合は
菊花の粉末を1回量約1グラム〜2グラムを目安に水またはぬるま湯で1日数回服用するか、
お湯に混ぜて服用してください。(小さじ半分ぐらいが約1グラムです。)

「粉末が咽喉に引っかかる」、「味が苦手」などの支障がある場合はオブラードに包んで服用しても
結構です。
菊花を含む漢方処方
釣藤散

杞菊地黄丸
参考資料
神農本草経
一名節華。味苦平、生川澤、治風頭、頭眩腫痛、目欲脱、涙出、皮膚死肌、惡風濕痺、久服利血氣、
輕身耐老延年。
その他
特に無し
参考文献
北驫ルー原色牧野和漢薬草大図鑑
ご相談・ご質問
←こちらをクリック

インターネット販売は実施しておりません。店頭での販売になります。
生薬、薬草のご相談、ご質問は上記のボタンをクリックしてください。

最近お客様より「相談や注文をしたが返信が無い」と御叱りをいただきます。当店は当日又は翌日には必ず返信をしております。

もし、2日、3日待ってもご返事がない場合はお手数ですが
もう一度お問い合わせください。必ず返答はいたします。


当店からの返信メールが届かないお客様へ
当店からお客様へ返信したメールがお客様の迷惑メールフォルダにある事例が多々あります。

「返信が来ない。」と思われたらお客様の迷惑メールフォルダを見てください。

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダにございましたらご面倒ですが別のアドレスで当店へ返信をお願いします。
生薬・薬草一覧表
←こちらをクリック
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2010 yanagidou All Rights Reserved
菊花
菊 頭花
甘菊花 花
甘菊花
杭菊花 花
杭菊花
甘菊花 粉末
甘菊花 粉末