胃苓湯(イレイトウ)
生薬構成
猪苓ー2.5 蒼朮ー2.5  陳皮ー2.5  白朮ー2.5  厚朴ー2.5 茯苓ー2.5 沢瀉ー2.5
芍薬ー2.5 桂枝ー2.0 大棗ー1.5
  生姜ー1.5 甘草ー1.0   (万病回春には芍薬が含まれる)
胃苓湯原文
【古今医鑑】 (泄瀉門)
中暑、傷湿、停飲、夾食脾胃和せず、腹痛洩瀉渇を作し、小便利せず、水穀化せず、陰陽分たざるを治す。                       


【勿誤薬室方函口訣】
此方ハ平胃散、五苓散ノ合方ナレバ、傷食ニ水飲ヲ帶ル者ニ用テ宣シ。其他、水穀不化シテ下利、或ハ脾胃不和シテ水気ヲ発スル者ニ用ユベシ。
回春ニ所謂陰湯不分トハ、太陰ニ位シテ陰陽ノ間ニ在症ヲ云ナリ。
胃苓湯解説
この漢方処方は「古今医鑑」、「勿誤薬室方函口訣」、「万病回春」に見られ、この処方は「五苓散」と「平胃散」の合方に芍薬を加えたもので
本来は【五苓散合平胃散加芍薬】と考えられる。

五苓散証の場合は、平素から「裏」に停水がある人が口渇、小便不利、腹痛、嘔吐などの症状を訴える場合に用います。

平胃散証の場合は、平素から食毒、水毒が胃内に停滞し、消化不良を起こし、炎症、腹痛、下痢を訴える場合に用います。

五苓散、平胃散共に共通するのは裏に停水がある場合に効果があり、本方は平素から水毒体質の人がお腹をこわした為に下痢が起きた場合に
用います。

平胃散を主として考える場合は胃に食と水が停滞し、暑気あたり、食あたり、暴飲暴食が原因で下痢を起こした症状に用います。

五苓散を主として考える場合は、口渇、尿量減少は五苓散服用の絶対条件です。傷寒論には「発汗已、脈浮数煩渇者、五苓散主之。
(汗をかき終わり、浮脈で脈数多く、非常に咽喉が渇く症状には五苓散がいいです。)とあり、他の症状では胃に水分が停滞し、暑気あたり、
胃腸炎が原因で嘔吐と下痢を起こした症状にも用います。

【勿誤薬室方函口訣】に下痢のことを「下利」と記載しています。大塚敬節先生の書物に、「昔の書物では「下痢」を「下利」と書き、
ただ単に「利」、「痢」と書く場合もあります。」と書かれています。

同じく大塚敬節先生の書物に「小腸性の下痢は便の水分、排便量も多いのが特徴で、適応となり寒方処方は半夏瀉心湯、真武湯などを用います。
大腸性の下痢は裏急後重があり、粘液、膿、血液が混じることがあり、この症状の場合は大黄、芍薬配合の漢方処方を用いなさい。」
と記載されています。
胃苓湯適応症
@ 「平素から水毒症である」、「下痢を伴う」、「胃腸が余り丈夫で無い」以上これらの症状は五苓散証、平胃散証の両方に共通する症状である。

A 五苓散証は「口渇」、「水逆」、「尿量減少」、「嘔吐」、「下痢」、「頭痛」、「発熱」、「浮腫」、「腹痛」等の症状がある場合に適応します。

B 平胃散証は「胃腸が余り丈夫で無い」、「食べ過ぎ、飲みすぎ、しょくあたりで下痢をする」、「普段から胃腸が弱い」等の症状がある場合に
適応します。

C 証はやや実証から中間証である。

D 以上の症状から胃苓湯の適応症は
  ・食あたり
  ・暑気あたり
  ・急性、慢性胃腸炎、胃下垂
  ・腎炎、ネフローゼ
  ・下痢
  ・腹冷え
などに適応されます。
各種生薬の役割
胃苓湯を構成しているのは五苓散と平胃散と芍薬です。
五苓散に含まれる生薬の大部分は利水剤と呼ばれる生薬で猪苓は胃内停水を取り、利尿を促し、口渇をとります。沢瀉は口渇を取り、利尿を促します。
白朮は利尿を促し、健胃作用があります。茯苓は胃内停水を取り、健胃、鎮静作用があります。
桂枝は発汗、解熱、健胃作用があります。

平胃散に含まれる蒼朮は下痢を止め、利尿を促し、陳皮、厚朴、生姜は健胃作用があり、大棗は強壮、利尿作用があり、甘草は鎮痛、炎症を抑えます。

最後に芍薬は鎮痛、腹部の緩和作用があります。
参考処方
実証・・・・猪苓湯

中間証・・猪苓湯、茯苓沢瀉湯、半夏瀉心湯、柴胡桂枝湯、五苓散、白虎加人参湯、小半夏加茯苓湯、平胃散など

虚証・・・・猪苓湯、八味丸料、茯苓飲、真武湯など
胃苓湯の服用方法
煎じる胃苓湯の服用方法
煎じる胃苓湯の服用方法ですが1日分(1袋)をアルミ鍋又はガラス鍋、ヤカンに入れて、そこに水600ccを入れます。
水と煎じ薬が入った容器を弱火で約30分ほど煎じます。
煎じ終われば漢方薬が入った袋を取り出してから滓を漉し、1日3回、出来れば人肌程度の温かい煎じ液を食前(食事の60分前)又は
食間(食事と食事の間、食後約2時間)に服用してください。
(漢方薬によっては冷たくして服用する場合もあります。胃腸の調子が良くない場合は食間服用をおすすめします。)
「味が苦手」、「飲みにくい」場合は蜂蜜などの甘味料を加えても結構です。

一般医薬品や医師より処方された薬を服用されている場合は60分以上間を空けてから服用してください。

粉末の胃苓湯の服用方法
粉末の胃苓湯の服用方法ですが1日分(3包)を1回1包づつ食前(食事の60分前)又は食間(食事と食事の間、食後約2時間)に
水又はぬるま湯にて服用してください。
(出来ましたら熱湯に粉末を入れて漢方薬を溶かして、人肌程度の温度になった漢方薬配合の液体の服用をおすすめします。)
「粉末が咽喉に引っかかる」、「味が苦手」などの支障がある場合はオブラードに包んで服用しても結構です。
やなぎ堂薬局 住所
郵便番号 790-0014
愛媛県 松山市 柳井町 1-14-1 やなぎ堂薬局 柳井町店 
電話番号/FAX番号 089-921-9401
トップページ
←こちらをクリック
Copyright(C)2006-2013 yanagidou All Rights Reserved