胃風湯(イフウトウ)
生薬構成
茯苓ー4.0 当帰ー3.0 芍薬ー3.0 川キュウー3.0 人参ー3.0 白朮ー3.0 桂枝ー2.0 粟ー2.0
胃風湯原文
【太平恵民和剤局方】 (瀉痢門)
治大人小児、風冷乗虚、入客腸胃、水穀不化、排瀉注下、腹脇虚満、腸鳴コウ痛、及腸胃湿毒、下如豆汁、或下オ血、
日夜無度、並宜服之

【勿誤薬室方函口訣】
此方ハ素問、所謂胃風ニハ非ズ。一種傷胃ノ不和ヨリ、泄瀉ニ非ズ。帯下ニ非ズ。水穀化セズシテ稀汁ト血液ト漏下シテ
止マズ、顔色青惨荏苒歳月ヲ延バス者ヲ治ス。蓋シ甘草瀉心湯、断利湯ノ如キハ上焦ニ属シ、此方ハ下焦ノ方ニ属スル也。

【叢桂家方口解】
冷瀉ニヨシ。冷湿腸ニ入テ瀉スルニ用フ。腹鳴ニハ木香ヲ加フ。虚人臍下冷痛スルニ木香ヲ加ヘ良キ事アリ。産後ノ瀉ニモヨシ、
小児弱ク大便不調ニ用ユルコトアリ。八珍湯ニ熟地黄、甘草ヲ去リタル方ナリ、其ノ意ニテ治ヲ施スベシ。

【方読弁解】 (妊娠)
此方ノ行ク処、主治ニ詳也。妊娠此症アル者、通治スベシ。婦人良方日、治妊娠膓不足、風冷乗之、水穀不化、泄瀉注下、
日夜無度、或脾胃受湿、下如豆?汁、或オ血、宣服胃風湯、産後又此症アリ。

【方読弁解】 (産後)
産后風冷ニ感ジ、泄瀉腹痛ヲナスアリ、此方ニ宣シ。医林集要曰、産后泄利腹痛者、未滿月、冷当風邪、毒留分肉之間、
布膓胃之内、攻腹痛溏泄、又有食肉太早強過多、滞積不化、腹痛而成泄瀉者云々。此論ニ因テ治ヲ施ベシ。
胃風湯解説
この漢方処方は「太平恵民和剤局方」、「勿誤薬室方函口訣」、「叢桂家方口解」、「牛山方考」に見られ、炎症が小腸、
大腸、直腸にあり、日常的に胃腸の弱い人がお腹を冷やして泄瀉、腹鳴、腹痛、裏急後重がおき、この症状が慢性化し、
便は軟便又は水様便で血液が混じる事もある場合に適応します。

又、「勿誤薬室方函口訣」には「蓋シ甘草瀉心湯(半夏瀉心湯)、断痢湯ノ如キハ上焦ニ属シ、此方ハ下焦ノ方ニ属スルナリ」
とあり、下痢でも半夏瀉心湯、甘草瀉心湯、は上部消化器官すなわち胃、小腸の炎症、障害が原因の下痢に効果があり、
胃風湯は下部消化器官の大腸の炎症、障害が原因の下痢に効果があります。
(参考・・・中焦に属する漢方処方は胃苓湯が挙げられます。胃苓湯は胃の障害が原因の下痢に効果があります。)

甘草瀉心湯、半夏瀉心湯、断痢湯は中間証からやや虚証に属し、脈、腹部にやや緊張があり、腹部は心下痞硬が診られます。

真武湯、胃風湯は虚証に属し、腹部に寒(裏寒)がある為、脈は沈、浮、遅、弦で腹部は軟である場合多い。
又、真武湯と胃風湯の適応症の区別は、胃風湯は裏急後重がある下痢に適応し、真武湯は裏急後重が無い下痢に適応します。

「叢桂家方口解」には本方に木香を加えれば良いと記載されてます。
胃風湯適応症
@ 普段より顔色悪く、胃腸が弱く、寒冷が原因で慢性化した下痢が起きる場合。

A 下痢の前に腹中雷鳴(腹鳴)があり、腹が軟らかく、痛みを感じる場合が多い。

B 大便は軟便か水様便で、裏急後重が2,3回起きトイレに駆け込む便である。大塚敬節先生は「便の状態は泡の多い水様便の場合が多い」
と報告されています。

C 大便に血液が混じる場合も適応します。


D 炎症部分は小腸、大腸、直腸部に慢性的な炎症が見られる場合に使用します。

E 以上の症状から胃風湯の適応疾患は
  ・潰瘍性大腸炎
  ・急性、慢性の下痢
  ・慢性大腸炎
  ・急性、慢性の胃腸炎
  ・半夏瀉心湯や真武湯で効無き下痢
などに適応されます。
各種生薬の役割
胃風湯の構成は矢数道明先生によると「四君子湯より甘草を去り、四物湯より地黄を去ってこれを合わせ、更に桂枝と粟を加えたものである。」
と記載されてます。

四君子湯に含まれる茯苓、白朮、人参は胃腸機能を向上させ、胃内停水を取り除きます。
四物湯に含まれる当帰、川キュウ、芍薬は貧血予防、止血作用があり、桂枝は各生薬の機能を向上させ、粟は腸管を引き締めます。
参考処方
中間証・・半夏瀉心湯、甘草瀉心湯、生姜瀉心湯など

虚証・・・・胃苓湯、真武湯、人参湯、桂枝人参湯など
胃風湯の服用方法
煎じる胃風湯の服用方法
煎じる胃風湯の服用方法ですが1日分(1袋)をアルミ鍋又はガラス鍋、ヤカンに入れて、そこに水600ccを入れます。
水と煎じ薬が入った容器を弱火で約30分ほど煎じます。
煎じ終われば漢方薬が入った袋を取り出してから滓を漉し、1日3回、出来れば人肌程度の温かい煎じ液を食前(食事の60分前)又は
食間(食事と食事の間、食後約2時間)に服用してください。
(漢方薬によっては冷たくして服用する場合もあります。胃腸の調子が良くない場合は食間服用をおすすめします。)
「味が苦手」、「飲みにくい」場合は蜂蜜などの甘味料を加えても結構です。

一般医薬品や医師より処方された薬を服用されている場合は60分以上間を空けてから服用してください。
Copyright(C)2004−2013 yanagidou All Rights Reserved